Thursday, December 11, 2014

ねこのご飯 ブログ

先日の猫の会でしゃべってみて、次の猫の会のことを考えながら
猫ご飯日誌のことを考えていました。

ご飯日誌というのは
手作りを始めた頃に猫が食べなかったり
吐いたり、アレルギーがでたり 何がよかった、悪かった のか などを
忘れないようにするためと、具合が悪くなったときに
何を食べたのか分かっておくため につけていたものです。

3〜4ヶ月は毎日メモしていましたが、
だいたい何がいいのか悪いのかが理解出来てからはメモをやめてしまいました。

そして
手作りをはじめてもうすぐ1年、
先日ねこうんこの色がちょっと気になったり、朝黄色の液体を吐いたあとが
あったりしたし、ちょっと油断をするとよくない頃なのかも
とやっぱりメモは続けようと再び開始しました。

そこで
ぼくの場合は鶏ムネ肉をメインに野菜ペーストなどをたべさせて
過ごしていますが、野菜ペーストは1週間ごとに作りおきしていますので
このブログの中で
週に1回の更新で猫ご飯についての記録をのせてみようと
思います。


ぼくもまだまだ経験浅く勉強中の身のため、
手作り実践についてはよくご自身で調べてみてください。
合う合わないとかは猫それぞれです。

前置きが長くなりましたが
こんなかんじです。写真はとっていないので次回から
載せてみようと思います。



++++++++++++++++++++++++++

12月2週目 

1猫につき1週間 鶏ムネ肉490g 野菜140g 米など70g  

野菜ペースト 

白菜
水菜
大根
ブロッコリー
エビの殻
かつおぶし少々
味噌少々
水 (適量)

を一緒にゆでた後
ミキサーにかけたもの。

その他 
イカ、カキ、バナナ、豚肉

備考

+グラム数などは計るのがめんどくさいため
まとめて買ったときにグラムで袋分けしたのち
冷凍しておきます。

+肉については当日の朝 1日分をゆでて与えています。


+野菜は週に1回ペーストにしたものを作り冷凍保存などしながら使います・


イカ 大きくあげすぎて吐いたので細かくしてから再度あげたのち、食べた。
   イカはゆでた後に与えます。
   タウリンが豊富です。 
   猫はタウリンを体内で作れないため必須栄養素とのことですが、
   この1年はそこまでシビアにやっていませんでした。

エビの殻
   鍋で食べたエビの身からはがした殻、これを
   とっておいて野菜と一緒にゆでます。
   殻だけの場合、うちは吐く猫がいるので
   細かくして与えます。 そのままでも平気ならすごいよく食べますし
   捨てるともったいないです。
   
   あぶってふりかけにしてもおいしいです (人間用にも) 
   
鍋のこと
   ネギなどをゆでた水分を飲ますだけでもダメ! とある本もありましたので
   ご注意ください。
   うちの猫、これまで食べませんでしたが 慣れたのか三角コーナーに捨てた
    鶏ダシ味のネギ、こっそり食べてました。
   (その後吐いてました)   
  
  +++++++++++++++++++++++++++
ご質問などあればツイッターかEメールへおねがいします。
https://twitter.com/okubohidetaka


次回更新は来週水曜あたり、ツイッターなどでもお知らせします。




手作りは猫の病気をきっかけに
須崎動物病院の須崎医師が書かれた本などを参考に始めました。
非常に参考になると思います。