Thursday, January 22, 2015

猫ごはん6(猫の事)

猫の手作りご飯に関連する更新
6回目です。



基本的に手作り食の事を中心に書いていくのですが、
もう少しざっくり「猫の事」 ということで進めていく事にしました。

ごはんにあげている物も大して変わらないという事もあるし
他に気づいたことなどあったりして
書いといたほうがいいかなっていうのもあります。
そういった訳で今週もねこ。


 コロナ



 
 なっちゃん




《猫野菜ペースト》

今週は白菜、キャベツ、ごぼう、ジャガイモを主に、甘エビ刺身の殻、ひじきと味噌を少々。先週とほぼ変わらず ですね。

ただ少し変わったことが。
今週から鶏肉を3日分まとめてゆでる事にしました。
今までは一日分を毎朝ゆでていたんだけど、

「ふとなんでこんな面倒な事してるんだっけ?」

と思い出したんだけど、コロナのほうが
手作り当初慣れずに食べなかったり吐いてしまうことが多くて
茹でたてだと食べる事が分かったんです。
始めた頃はそれこそ朝昼晩と3回ゆでて食わせていました。

それがだんだん慣れてきて毎朝一日分となり1年が過ぎた訳ですが
今週から3日分としました。
3日分にしたのはそのくらいが期限なのかなと思ったからです。
痛まなければ1週間分でも。

1週間分一気に作れると週に1回作り置きしておいて冷蔵庫に入れておいてあげるだけ
という状態になりますから随分楽ですね。
あと
コロナが野菜が葉ものとかで大きいと時々吐くことがあるために
ペーストにしていますが、
大丈夫な猫であれば、ざく切りで鶏肉や魚なんかと茹でるだけで
ペーストにする必要はないのでもっと楽ですね。


最初の頃は圧力なべに魚も肉も野菜も放り込んで
っていうのもやっていました。
これだと形もくずれるけど
ペーストよりは固形でもある。
炊きあがっていろいろ混ぜると見た目は完全に猫缶みたくなります。

これもコロナが吐き続けて止めてしまったんだけど
あれ?もしかしたらもう大丈夫かな 
そしたらこれがいちばん楽かもしれません。



話は戻って鶏モモ肉を3日分ゆでると
脂がすごい、スープに溶け出て冷ますと脂って固まってきますよね。
さすがにその脂を見てこんなの毎日食べてたら肉食の猫とは言えど
血液の循環悪くなるだろ、、、大丈夫かこれ。。??

と思い野菜をゆでる時のために脂分はよけて取っておき
今回はその脂の出たスープを使って野菜を茹でてみました。
ジャガイモの甘みもあって
味見してみると普通においしいポタージュスープになってました、、

左が鶏モモ3日分 右がペースト3日分(残りは冷凍へ) 



猫はすっごいいきおいで美味しそうに
よく食べました。ちょっと味付けして人間用にも簡単で良さそうです。


で、この脂の量、気になるのでやっぱりムネ肉とモモ肉を半々にしつつ
野菜もこれまでより増やすことにしました。
猫と人は体の構造が違うのは分かるんだけど血液の循環とか血管の事とか
そういうのは多分同じ気がします。



今週は長崎マグロの血合いを見つけたので
それをいつものごはんに追加する予定のため
猫は今週ぜいたくです。

マグロの血合いは昔バイトしていた
板前さんから教わったんだけど
1日血抜きして唐揚げなんかにするとすっごい美味しいです
あ、これは人用ですよ

::
先日実家に帰って母親と話している時に
猫のごはんを作ってる話になったのですが、
母の兄、ぼくのおじさんですね 
前に書いたことあるんだけどおじさんは
昔ジャズドラムをやっていてラジオに出たりけっこう活躍していた(らしい)
秋吉敏子さんとレコーディングしたのが自慢です。

冗談かと思ってたらほんとにカセットテープを
どこからか持ってきて再生してくれたことがあるんだけど
ほんとにやってたんだ、、
びっくりしました。
発売した物だったんだかどうか忘れちゃったけど。。

そんなわけで昔はよくロックなんかじゃなくて
ジャズやれよ って言われていました。

で、そのおじさんは20年くらい前に犬のブリーダーをやってて
育てた犬がチャンピオンになった事があるんです 笑 

冗談みたいですよね、、
事情があってブリーダーは止めてしまったんだけど
母が「お兄さんもそういえば昔、犬のごはん手作りしてたんだよ」 と言うので
また驚いた。

ブリーダーをやるよりもっと前の
40年くらい前の話なのかな レバーとか茹でてあげてたそうで
そう考えるとペット手作り食の先端を行ってたのかも


ちなみに今はウクレレ教室で生徒50人くらい
抱えてやってるらしいです ほんとか? っていう。。

まあなんというかおじさんのほうがすべてにおいて
勝ってるんだけど、にしても血縁て笑っちゃいますね


で、その時に実家から何冊か本を借りてきたんだけど
その中で断食のすすめ 的な本がありまして、読んでみると断食は健康に
いいことばかり。
確かに猫も具合悪くなると食べずにじっとしてたりします
あんまり食欲なくても多頭飼いの場合は無理して食べてるような
時もあったので食べさせないというのもひとつの方法なんだな と思いました。


ちなみにうちの父はその本に沿って半日断食というのを実践しているようです。

半日断食っていうのは簡単に言うと
朝と昼は水分のみ、夜だけ食べる っていうもの。
何を食べる、飲む
とかいろいろあるんですけど、ざっくり言うとそういうことらしいです。

昼も食べないで大丈夫?? と思っていたんだけど
昔よりスタミナがあるし元気だ 体が軽い そうです、、、

本によると頭も冴えるそうで
ぼくも軽くまねごとしてみようかな って思ってます。

ご興味あったらぜひ。
最初の猫がガンになってからすっかり東洋医学に傾いてしまったのも
あって信用性が高く、本として単純に面白いです。

甲田光雄 著 「奇跡が起こる半日断食」 っていう本です。


あー 長くなりましたね

あと最後に、今回絶対書こうと思ってたこと一つ。

猫に手作りごはんを始めると
人間の食卓も自分のごはん置き場だと思うようになります。
(教育が悪いのかな)
以前は躊躇しながら捕ろうとしていた人間の食べ物を最近では狙いすまして
獲物を捕るようにヒュッとくわえて逃げて
行くようになりました。
テーブルにもがんがんあがってきます。

はっきり言って落ち着いて自分のごはんが食べれなくなりました。
ちょっと大げさにいうと毎食、猫との戦いです

それが面倒だと思う方は手作り食は止めておいたほうが
いいかと思います。ほんとに。


また来週どこかで更新します