Thursday, February 11, 2016

ロックの歌詞 ストーンズ


聞いている曲のほとんどの歌詞は
分からないものが多いので、たまに気になると和訳したものを
読んだりしてへえとか思ったりしているんですが、
勉強の意味もあって、時間のあるときに
時々意訳して載せてみようと思っていますが、
誰かに向けてというより ごくごく個人的な趣味と実用で書いているので
まあ適当に流してください。


No Expectations   /The  Rolling Stones

オリジナルの歌詞はこちら
http://www.azlyrics.com/lyrics/rollingstones/noexpectations.html



**************************

駅まで連れていってくれよ
列車に乗せてほしいんだ
またここへ来ることはもうないみたいだ

かつて金に溢れたおれが
いまじゃどん底にいる
だけど、それでも
未だかつてこんな風に感じたことはなかった。

純粋なおまえの心は固く閉ざされ
薄汚い欲のかたまりになっちまった

おまえはおれを置いて去ってゆく
おれの安らぎさえもおまえは奪って行ってしまうんだな 

あの頃のおれたちは
まるで石にはじけて飛び散る水しぶきみたいに輝きあって
それはおれたちが生み出す音楽のように美しいものだった

そうそんな時もあったはずなのに
今はもうそれも無くなった

そう
だからおれを飛行場に連れて行ってくれないか
飛行機に乗せてくれ
ここに居ることはないって もう分かったよ















No Expectations   /The  Rolling Stones


*********************************


ブライアンジョーンズが弾いたとされる
この曲のスライドギターがほんとに美しく、歌詞に出て来る
まさしく 水しぶき のような瑞々しい音色が何度聞いても新鮮でとても好きな曲。

ブライアンが弾いているからという事で
歌詞もストーンズのメンバーに見放された彼を歌っているように
聞こえるとかいう話もあるようです。たしかに。。

男女の歌としてとらえる事もできるけど
仲間から取り残されてしまった男(ブライアン)の嘆きみたいに考えたほうが
より切ないのかな などと考えました。