Thursday, April 28, 2016

ローリングストーンズの無情の世界


youtubeでいろんなかっこいい曲がタダで聞けてしまうという
ありがたい時代ですが、
ピッチが遅かったり、早かったりするものも
当然のように上がっていたりするんですね。 
これは罰みたいなものであげてる人がいるってことなのかな。

何も知らないでそれを聞いているような人がいるかもしれないんだなと思うと
かわいそうな気もするけど
そこから生まれる新たな誤解っていうのが
次の文化になったりしますね時には。

と、この曲を検索していたときにテンポの早いのがあったので
そんな風に思っていたんだけど、
この間しゃべっていたOさんが
youtubeで知って良かったからamazonでアルバム買ったら

youtubeのほうが良かったなんて事もあったよ ははは 

って言っていた。

最初に聞いた音の悪さがその曲には合っていたという事でした。
かつてタワーレコードで視聴機で聞いて買ってみたら
家より視聴機のヘッドフォンで聞いたときのほうがよかった とか
そういう事たまにありましたそういえば。


ぼくは最近はCDやレコードよりは
画集などの本を買うことが多いけど、やはり最初はネットの画像から
っていう事が多い。
ネット画像のほうが良かった っていう事はいまのところまだないけど
そういうこともそのうちあるのかも





ストーンズの無情の世界 っていう曲の歌詞を探ってみました。

これもサビはロック界の有名な歌詞のひとつなので
おおよそ内容は分かっていたつもりだったのですが

ド頭のコーラス箇所で
こんな事を大げさに歌ってたのか 
ばかじゃないか? と(ミックさまごめんなさい)
思ってしまった。 は は は

構成上そうなったとしか思えないくらい
違和感があるんだけど、
これは上に書いたように

意味を知らずに聞いていたのが現実を知ってこうしていま違和感となっているんですね

最初からそういうもんだと思っていれば
別にどうって事もないのかもしれないけど。

youtubeでずっと聞いてたような今時の子が
大人になって、
あの懐かしい曲、レコードで持っておこうなんて思って
買ってみたら
テンポが違って良くないな 

なんて思うような事があったらそれはほんとに不幸だなと思う・


前置きとは関係ないけど 無情の世界です・
うーんと正直いうとあんまり上手にできなかったなあ っと思っています

歌詞
http://www.azlyrics.com/lyrics/rollingstones/youcantalwaysgetwhatyouwant.html


https://youtu.be/OagFIQMs1tw

***************************************



 you can't always get what you want / rolling stones


パーティー会場で今日、彼女を見かけたよ

コネを探しに来ているんだろ
片手にはワイングラスを持ち

チャラチャラした男を従えてるのさ

いつも欲しいものが手に入るとは限らない
いつも欲しいものが手に入るとは限らない
でもいつかやってみたらモノにできるかも しれないな


不正行為ばかりが目に付く近頃
デモに行って声をあげたのさ
「不満だらけだ なんとかしろよ
さもないとこの怒り ヒューズがぶっ飛ぶくらいにぶちまけることになるんだぜ」

いつも望めば叶う訳じゃない 

いつも望めば叶う訳じゃない 
でもたまには行動に起こしてみるのもいいだろう
良い方に変わっているかもしれないぜ

処方薬をもらいに
チェルシーのドラッグストアに行って
列に並んで待っているとジミーってやつがいて

そしたらそいつ、相当やばそうな感じだったんで
ソーダ水でも飲もうぜってことにしたんだ
おれの好きな奴 チェリーレッドのソーダ水 
そこで
ジミーに1曲歌ってやったんだけど
そいつは一言 「つまんない」って
だからおれは言ってやったんだ

いつも望めば叶う訳じゃない 
いつも望めば叶う訳じゃない  でもいつか、いつか 
手にしているかもしれないぜ

パーティー会場で今日、彼女を見かけたよ
片手に持ったグラスの中には搾り取られた男の血
男を手玉にとるのは慣れたもの
彼女の血塗られた手を見れば分かること 

いつも欲しいものが手に入るわけじゃない
でもチャンスが来たらやってみるんだ
手にしているかもしれないぜ