Friday, December 15, 2017

ブラジル

クリスマスパーティーでぬいぐるみ展示をしませんか?と
カメラマンで友人の篠田英美さんから連絡をもらった。

ブラジル料理の教室をやっている先生が主催するパーティーとのことで、
今年で31回目?とか。

ブラジルではクリスマスにキリストが生まれたときに
動物が囲んでいる みたいな光景をぬいぐるみで飾ったりするのだという。

それは面白そうだね という事でまずキリストを作った。 
キリスト生まれたときすでに大人でいいのかとかそういう話はまあ、無視しまして。ね。

賛否あったけど、なんか人気ありました。
欲しいっていう方もいたんだけど、なんとなく
手放せなくて家にいるので今年のクリスマスはうちで祝ってみるか。。



久し振りに家の奥で眠り続けていたちょっと不思議なかわいいやつらを詰め込んで
運び中。

段ボール4つ分。。
ガムテープがなかったので蓋が空いたまま運んでいたため、
途中駅のホームで段ボール箱をひっくり返してしまい
ぬいぐるみが飛び出してきた。
上記のキリストさまも出てきたものだから、その瞬間横にいた女性がヒィーっと後ずさりした。

猫かと思って驚いた、、 と言うので
キリストなんですというと、あはは と笑ってくれたので
よかった。

パーティーの会場は
ギャラリースペースもあるところで、到着するとすでに篠田さんの写真が展示されていて、
ぼくは什器など使ってぬいぐるみを置かせてもらった。


マリアとキリスト、そして司祭 ぽいやつ。見守るペンギンズ

後ろには篠田さんの写真が。

あとで気付いたんだけど、偶然にもマリアの横の写真はマリアみたいなやつだった。



撮りきれなかったけど、すごい料理の数


ブラジル料理ってあんまり知らなかったけど、
主食は豆だそうです。

味付けはさっぱりしていて、どれも美味しかったな。

たくさんの人が来ていたからいろいろな話をして、
ぬいぐるみもたくさん写真撮ってもらったりして久し振りに外に出てうれしかった
だろうな と思う。
外から覗くとぬいぐるみがチラリと見えていました。

こいつ、愛着があったんだけど、とても可愛がってくれそうな方だったので
手放すことに。元気かい。
ずっと部屋にいたからいなくなると寂しいものだ。


来年はまた久し振りにぬいぐるみ、絵の展示どこかできたらいいんだけどな
などと考えながらパーティーをあとにしました。

たのしかったな。