Thursday, December 21, 2017

エルナージ音楽会vol.6

関西遠征3日目

前日のワークショップのあとに今回も宿泊施設の事でお世話になる
しゃえりーちゃんに案内してもらって神戸の夜を少し散策し、
ルミナリエという 光のきれいなものを見た。


たしか東京駅とかでもやるんだっけな。 
駅の広告で見たり、話には聞いていたけど、実物を初めて見ました。
すごい人出だったけど、きれい。
毎年模様とか色、変わるんだそうですよ。
欲をいえば周りがもっと協力していればいいのだろうけど、
まあいろんな事情があるのかな
イメージとは裏腹に募金箱も各所に設置されていました。




ひかりの近くには屋台が並んでいて東京では、見たことがない
たまごせんべい なる食べ物を食べた。

あ、あと缶ビール350mlが600円だったのでぼくはちょっと屋台の前でひきつりました。。
酎ハイですら500円だという。さすがに買いに来てる人はあまりいない。



で、たまごせんべい 関西では普通らしいんだけど、、知ってますか?
こんなの。



たこせんべい だか えびせんべい の上にソースが塗られ
揚げ玉と目玉焼き、その上にマヨネーズがかかっている。 

目玉焼きの黄身は生。 
だから黄身をかじるとせんべいを伝って手にドロリと流れ落ちてくるので
気をつけないといけない。
  
ビールを飲みながら食べると美味しくて、またあったら食べてみたいけど
お祭りでしか売ってないものなのだろうか 。。 
いわゆるほんとジャンクフード というか関西ではソウルフードなのかな


まあいいか 


その夜の事、深夜1時。
宿泊施設の広場で初めて会った人から絡み酒というものを 久しぶりに味わった。
ぼくも少しは飲んでいたけど、ほぼシラフだったので
酔っぱらいというものを冷静に見ていると面白かった。
人って酔うとこういう感じなんだなあと。
もちろん嫌な気分にされる絡みは困るけども。

絡み酒の彼女は「わたし、いつもはほんと、こんなじゃないんです」 と
時々口にしながらどうでもいい事を言ってる。

他に絡まれた(ぼくよりももっとひどく)何人かの人達も長く知ってるけど
そんな彼女を見たのは初めてだ と口を揃えて言う。

本人も これがほんとのいつもの自分ではない と
自覚しては、いるようなんだけど、
いつも敬語の人にタメ口をきいてみたり
普段は使わないという関西弁を使っておどけてみたり 
かと思うと涙ぐんだり、笑ったりする。



そしてまた「いつもはほんとは違うんですよ」 という。

普段と違うもうひとりの自分っていうのが存在してる。みたい
飲み過ぎとはいえ人ってそんなに変われるものなんだろか・・

昔、友だちの彼女が酒乱だった。
ぼくは友だちの彼女という立場の人と初めて喧嘩をした。
  
その子はいつもお酒を飲むとめちゃくちゃな行動に出て
言いたい事を言って暴れて他人に迷惑をかける。
普段はすごく礼儀正しい子なんだけど。 
それはいわゆるほんとの絡み酒。

どうしてここまで人を
嫌な気分にさせるんだろう って事を彼女は言い続けていた。 
ぼくも口を挟んで欲しくない所に入って来たのでついカッとなってしまって
怒鳴ってしまった。
居合わせたぼくの昔からの友だちは
 ひで(ぼくのこと)のこんなのあんまり見たことないなと言った。そのくらいに。

だけど、この日会った彼女はそういうのとはまた違って
人懐こい(たしょうめんどくさいけど)楽しい人になっているようだった。


思うにその時の彼女はそれなりに自身の感情に素直な人になっていて面白かった。

まあ飲み過ぎなんだろうけど。。ははは 
 
もしも、みんながもっと普段無意識に隠しているような感情を表にしたり、
あとは敬語っていう存在がもう少し遠くなったとしたら世の中、どうなるんだろ
みんなもっと楽しくなるんじゃないかな
だから彼女はそのままいればいいのに
とか、、

というのも、ライブの時のように人前に出て何かを表現しようとしている
自分の時は、出来るだけ感情に率直にいられるようにいよう などと
考えていたせいもあったからなのかな そんな事を思った。

しかし
酔っぱらいか。。 おれも気をつけないとな。。 

3時半頃に寝た。


朝起きて、広場に行くと例の絡み酒の彼女はすでに起きていて
寝る前にずっと飲んでいたカルピスのおかげで二日酔いではないという
加えて記憶は全てある との事。
そして元気に出かけていった、、
大丈夫かな、、まだ酔ってる風だけどね あなた、、


ぼくはその後、しぇりーちゃんに近所の海や山を案内してもらってから
この日のライブ会場になっている 三国のエルナージへ向かった。

山の途中で見つけた木の心臓。



三国はかつてよく行った十三の隣駅。

お店に着いて今回呼んでくれたにっSUNこと西田くんと11月ライブ以来の再会。

今回彼が大阪に呼んでくれたので
ライブもワークショップも出来た。ほんとに感謝しなければいけない人。

このお店に来たのも久しぶりで店主のあん君、出演者の、りきくんとは久しぶりの再会
初対面の美帆さんともご挨拶をした。


ライブはとても楽しく自然に出来た と思う。
 (写真は西田くんが撮ってくれていたもの使わせてもらいました ありがとう)




ソロは相変わらず演奏半分、話半分 みたいな感じで
自分が出来ることだけを、無理せずやるだけなので、
どの程度満足してもらえるのかなと思う事も多いんだけど、
みんなが笑ってくれたり、やさしい野次が飛んできて、やり取り出来ると
嬉しくて、よく分かんないけど、嫌な時間ではないんだろうな と思う事にして
ライブ中は過ごしています。

なぜかこの日は妙に、たまたま場の空気と気があったというか
あたたく受け入れてもらえて
終わってから 話おもろかったわ と。
それを素直に喜んでいいのかよく分からないけど、
でも何人かの人にもよかった って直接言ってもらえて幸せでした。

あえて言うまでもないですが、ぼく、楽器はうまくなりたいけど
話は上手ではないですよちっとも。

ただここに書いてるようなどうでもいいような事を
ボソボソ話してるだけですので。。




6曲演奏しました。
 
1コカイン
2後ろ足がタイヤの犬
3刺青の入った灯油売りの男
4さよならだけは言わないで
5搭乗ゲートで君を待つ
6最後にみた夢


演奏してるところ。 (よっちゃんさんありがとう)



イベントの終わりがぼくのライブで終わると
すっきりしないはずなので、
無理を言って最後は西田くんにライブを締めてもらいました。
彼はほんとにタバコジュースというバンド、ぼくやとしまさの事を心から
好いてくれていて、
彼が歌う歌の中や、MCにもそういうところが随所に感じられて
嬉しかったです。
彼のような純粋な人間に愛されるというのはほんとに光栄なことだ。


りきくんと美帆さんとも、最後には一緒にセッションできて
いいイベントの時間過ごせました。

そのあとは
お客さんも残っていっしょに打ち上げ! 

楽しく飲めればよかったんだけど
いや飲んだんだと思うんだけど・・

ライブ以降の記憶がだいたいない。
滅多にないんだけど、そんなこと。


都合のいい事に
よかったですよ 楽しかったです という帰りのお客さんのお言葉以外は
だいたい覚えてない。 


ご迷惑をかけていなかったでしょうか、、
 いつもとちがうぼくが出て来て、みなさんに絡んでいなかったでしょうか、、 
なぜかちょっと外れた関西弁を話したりしていなかったでしょうか、、

もしそうであったとしてもそれを感情に素直でと捉えてくれる方がいたでしょうか、、

とにかく、
話にきくとどうやら駅までお客さんを見送りについて行ったっていうんだけど
それも全く覚えていない。
やってしまった。絡んでないよね。。

ベッドで眠る前に西田くんとふたりで
コンビニに行き、ビールを買おうと思ったけど
もう飲めないのでぼくはカルピス
西田君は雪見だいふくを買いエルナージに戻り
彼に分けてもらった雪見を食べて、そして寝た 
ところだけは記憶している。なんとなくいい時間だった

翌朝、目が覚めてしばらくすると
数年ぶりのひどい二日酔い、吐き気 カルピスは全然効かなかった。

時計を見ると飛行機までの時間もあまりない。
準備しなくちゃ 吐きそうだけど。。 



店を出てから西田君と歩いた。
ぼくのひどい腹痛で、トイレにこもる間、
電車も何本か見送り、付き合ってもらった彼には
ほんとに迷惑をかけてしまった。
ごめんなさい。
だけど、この日のライブもまた一生忘れないライブになりました。

だから2月にまたワークショップで来るし、
もう一回エルナージで演奏したいとお願いしてみました。
出演者は西田君にお願いしたので
どうなるか分からないけど、今度は音源も作って行こうと思っています。 

またあの場所で演奏したい、とてもいい空気でした。

今回の遠征で感じたり考えたりした事
自分にとって、大事な事が多々あって、それはしっかり心に残っていて
なるべく一度お世話になったところと、それっきりにならないように
いれたらなって事も思ったりしてます。
だから今年は何度も関西に行く事になりました。
だれか来てくれる限りそれは続けたいなって思ってます。

あの場にいた方々、ほんとにありがとうございました。
そして西田くんまた会おう。こんどは二日酔いにならない ようにしたい。
しぇりーちゃんも毎度お世話になりっぱなし。 ありがとう。


 帰りの神戸空港、クリスマス仕様になっていてかわいかった。


スカイマークって♡があるんだな なんて思っていたら乗った席からも見えた。




ときどき来ると
やっぱり空港ってなんかいいね って思う。
みんなどこかから来てまたどこかに行ってしまうからなのかな
空みたいにふわふわしていて
悪い空気がない。ようにいつも感じる。

もちろん働く人にはいろいろあるんだろうけど。



到着のロゴ?なんていうんだろう こういうの 
なんかよかったな 握手しててね。





****************

今年最後は毎年恒例となった
tobaccojuiceとしまさ企画、吉祥寺モモカレーの忘年会ライブです。
12/29

ぼくはスライドギターのソロと別に、としまさと数曲やる予定。
予定合わせていらしてくれたら嬉しいです。
 https://gokurakubounenkai.jimdo.com/


ご予約はaoimonakacat@gmail.comでも大丈夫っす。

また絵描きながら演奏するつもり。






【おしらせ】
カレンダーとバッグが残り少なくなってきました。
通販のお申し込みについてはこちらでご確認ください。
http://okubohidetaka.blogspot.jp/2017/12/2018.html

モモカレーにも少し持っていけたらとは
思っています。