Wednesday, October 10, 2012

うな展の報告です!!

先日行われましたうな展クロージングパーティの報告です。
台風が近づき、心配していた天気も
この日は快晴。








解剖用に生きたうなぎが3匹 まだ生きてて元気


ちゃんと生きてるうなぎは初めてみたけど
こいつを
開くのか、、とちょっとかわいそうな気にもなるくらいかわいらしい顔。


もうすっかり涼しくなってきたなあと
思っていたところ、この日は暑過ぎるくらいで 夏、さいごだね。。
などと一息ついたあとに
開場の準備。
顔合わせを


チームうなぎたち
みんな気さくで、かつプロフェッショナル。素晴らしい面々です。



作品も出してくれて、今回は受付もやってくれた
まりもちゃんとかおりちゃん ありがとう そして会場を提供していただいた
芝辻夫妻にも感謝。



まずは玉子さんの 読み聞かせ からスタート。

独特の間でもって引き込みます。
うなぎのひみつを語ってくれました。



続いては
うなぎ研究者たちによる講義。
ひとり15分ずつ、3部構成で
話してくれました。
かなりおもしろかった。

うなぎの生態については 横内さん



 熱帯ウナギの話を萩原さん

 
 めちゃでかいウナギをとらえた話など どーん


そして講義のしめくくりは海部から保全についての話
うなぎのことだけじゃなくていろんなことについて考えさせられる話を
聞かせてくれました。










講義が終わると次はライブ!
シーナさんのマリンバが心地よく会場に響きわたる。さいこう!


今回はぼくも絵を描くことでシーナさんと共演させてもらいました。
彼女がしゃべる言葉や詩をかいたりしていきます。にょろにょろ








シーナさん会場のお客さんに楽器を
まわして歩き回りました。 もうウナギ先生といったかんじで腰に手をあて
指導のポーズ。











ライブ後はうな展に作品提供くださった作家の皆さんに作品紹介をしていただきました。




書道家であり、ベーシストでもある麻衣ちゃんの作品
彼女は岐阜にいるため今回出席できなかったのですが、前回のタコ展同様
すばらしい作品を提供してくれました。麻衣ちゃんありがとう!
彼女は「ART of ROCk Music」と題してぼくと二人で
毎月27日にロックの偉人を描くという企画で遊んだりもしています。
http://okubohidetaka.blogspot.jp/search/label/%E3%80%8EART%20of%20ROCk%20Music%E3%80%8F






こちらはまりもちゃんの作品
最近お気に入りというペナントを意識したという作品
カラフルでぱわふる





こちらはかおりちゃんのウナギペン 普段は小枝ペンですが今回の為に
 ウナギ仕様で作成してくれました。 色味もすてきでした




こちらは以前 うま展 でお会いした小暮さん姉妹の作品
妹、さきこさんは漫画家でうなぎ漫画をかいてくれました。
なかなか扱いづらい題材だったと思うのですが、かわいい漫画!! 



お姉さんのチエコさんは絵を2枚だしてくれました。
お客さんがいらした場所で写真が撮れなく
ちょっとわかりづらくて申し訳ないのですが、
曲線のうなぎを直線で表現するという試みだったそうです。
聞いて、見て、 なるほど!でした 





今回もちびっこの絵を提供いただきました。 


みんなかわいいしヘンでさいこう



作家のみなさんの紹介最後はかつみくんのうなぎアニメーション。
あいかわらずのかつみくん作品で
場内とてももりあがってました。今回はうなぎ兄弟の話

いつもほんとうにおもしろいです。。  




ぼくはといえば、うなぎぬいぐるみと、
このふたりのうなぎたちを描いたものを絵本のようなかんじで
壁にはりだしたりしました。
絵本は少し販売したのですけど
きちんと作ったものをいつか販売したいな とたくらんでいます。




さて! その頃外では、炭に火を。





そしてこの日最後のうなぎの解剖です。 
担当は須藤さんと脇谷さん
(脇谷さんは上写真などに写っている緑のシャツのがたいのいい方、解剖時はCCDカメラ の操作などをされていました。)



このようにカメラを使ってプロジェクターに写して解説してくれるので
とても面白かった。 来てくれたみなさんもそうだけど、
ウナギ研究者のみんなが、あれ見せろ これ見せろ と
研究室なかんじがおもしろかった 



プロジェクターに映し出されるうなぎを見つめるみなさん



当初、たべるまえに解剖は見ため的にちょっと厳しいかも、、
なんて話もあったのですが、
食べる以上そこも見ておかなければ
ということで
最後の演目としました。



そして最後のイベント

うなぎ食べる

です。

すっかり暗くなってきても50人前くらいのうなぎを
焼きまくってくれました ふの字 のこちらは たかくん


うなぎ、、、

うまい。


朝、は
ほんとに可愛いらしくて、こいつを
食べちゃうのか、、っと思ったりもしましたが。。
ありがとう うなぎ


かつみくんもおいしくいただいた様子 





クロージングパーティー 無事終了して最後は
会場内でうちあげ みなさん ほんとうにありがとうございました!!
















今回駆けつけてくれた うなぎの精鋭たち はまさしく全国から
集まっていただいた強者どもでした。 
というのも、うな展翌日に
ニュースでも話題になった 世界で初めてうなぎの天然卵を
採取した塚本教授のお祝いパーティーがあり彼らはその愛弟子であり、
といったことも重なって駆けつけてもらう事ができて本当にラッキーでした。


科学者や研究者というと
なんとなく気難しくてあたまいい人

みたいなイメージを持ってしまいがちだけど
彼らと話していると本当に少年のよう。
アーティストのように常に新しいことを求めて
という話を海部はしていましたが、
いやいや
まだ誰もやっていないことや知らないことを
追い求めて探求しつづける彼ら研究者たちはすでに
ほんとうの意味でアーティストだし
冒険者なんだなと改めて感じました。

おれも見習わればいけない。








と簡単ですが うな展 振り返ってみました。
今回の写真はほぼ 読み聞かせをしてくれた 玉子さんの写真でしたが
いただいた写真がどれもよくて、全部のせたいくらい
みんなすごくいい顔していたのできっと今回の うな展 は成功したのだろう
と思っています。


海部とはこの一連の企画についてはもっと大きな展開をしていきたいな とも話していて
それにはもっともっと必要なこともたくさんあるとは
思うのだけど、まだ誰もやっていないようなこんな企画を少しでも
進めていけたらいいなと思っています。
遊びに来てくれる方も、参加してくれる方も、みなさんまた是非よろしくお願いします。

打ち上げでは次どうする? っていう話がさっそくあがっていて
スカル展 っていう話 がでてました。 マグロのでかいあたまを焼いて食う 
とか、、、 来年はこれかな。

野望としてはキャンプインして夜、しーんとした森なんかの音がないところで
いろいろな講義など聞けたらさいこうだろうな なんて思ったりしてます。

そのあとは星を見ながら音楽聞いてお酒のんで 、、  




タコ展ではたこ焼きやいてくれた ふの字 のふたり
今月めでたく入籍 おめでとう!!





 そしてみなさん ほんとうにありがとう!!! 
                                撮影 なおちん









また来年