Saturday, February 7, 2015

猫のこと8

猫の手作り食などについてです。


先週にペーストをやめて
一口大の野菜と肉をあげてみました。
作ったのは3日分でしたが、2日目から
コロナの食べる速度が遅くなって来た。
ついに3日目には皿に盛った肉と野菜をじっと見つめ
肉だけくわえてぴゅーっと走っていってしまった。


なんと、、

一口大に切った野菜もあげれば食べるんだけど、
匂いなのか大きさなのか、どうにも気に入らないようで
元のペーストに戻し、
野菜の乱切りで与える という方法はあえなく
中止となりました。


ペーストにして満足したコロナ ぺろり。 

ちょっと怒ってる?よね



形のあった野菜とついでに肉も一緒にをミキサーしてしまいました。
見た目はレバーペーストみたいでうまそうです。

あ、そういえば餌皿はガラスや陶器がよいそうです。
猫の舌はざらついていますから
プラスチックなんかの皿は削って取り込んでしまっているだそうです。




最近友だちから連絡をもらうと
猫もそうだけど自分の体も気をつけてね と言われたりします。

確かに猫に手づくり食を与える人はまだ
多くないと思うので猫の健康のために特別な事をしていると
思われてもおかしくはないですね。慣れると普通なんですが。

ただ自分の世代が
厄年だそうでして、周りでも不調や病気など多くなってくる年齢でも
あります。

そんな訳で猫ではなく自分の話で申し訳ないですが
半日断食の話です。
前に少し触れましたが実家にあった本を読んで面白そうだったので
実践してみる事にしました。
健康の為ももちろんありますが、主に仕事や制作のため。
神経が敏感になって集中力が高まるスタミナももつようになるとか。
手がつるのも治るといいけど・

断食というと怖そうですが、半日断食は
朝ご飯を抜くというもので、プチ断食とか呼ばれたりして
毎日とはいわずも実践してる方、多いみたいです。

体にいいならやってみよ と思って
実践しつつ詳しく本を読んでみると、
ただ朝を抜くというよりは夜ごはんの後
18時間は何も食べない
その時間空けることに意味がある。
という事でした。

ぼくは21時くらいに夜ごはんを食べ終わる事が多いので
次にごはんを食べれる時間は午後15時。。 

えーー?? 12時に食べてた。 

しかし15時なんかに昼ごはんじゃ夜ごはんに腹が減らないよ と思いつつ
読み進めると2時間の誤差は範疇とのことなので
お昼ごはんを13時とすることにしました。


13時のお昼ごはん 20時の夜ごはん この2回で
半日断食をしている といえるようです。
一応肉類は夜だけにしておいて
お昼は野菜と米が中心です。ほんとは玄米なんかがいいそうです。



18時間空きを始めて4日くらい経ちましたが
最初腹へってううー っと思っていた感覚がだいぶ慣れてきました。


なぜこの18時間なのか?まあ詳しい話は興味あれば本とか読んでみてください。


しかし無理なスケジュールで数日過ごしてしまった事や、
水分をとるなどきちんと理解しないでやったせいか
のどの風邪をひいてしまいました。
どうにか1日で治ったのですけど、あぶない。。


それで猫に戻りますが、コロナに手作りをあげ始めた頃
今まで一度も無かった毛が抜ける っていうことが
起こりました。体もかなり細くなり
涙もよく流すようになってしばらくは吐くことも多かったです。


本を読むとそういう事があるとは書いてあったので
理解しつつもかなり心配をしていましたが、
いま思えば毒素を排出している症状だったのだ と考えられます。
人も食を大幅に変えるとよくそういったことが起こるそうです。
なっちゃんは若いせいか何も変わらないです ははは、、



ところでごくたまに肉をきらしてしまった時に
非常食用にしているカリカリをあげるんですが、コロナは狂ったように
飛びついて焦りすぎて口に入る前にこぼしまくる程喜びます。

そういうのを見るたびにこの人にとっての幸せってなんなんだろうか? 
とも考えます。
そしてカリカリの狂気パワーを探る日々なのです。