Sunday, February 18, 2018

グレープフルーツムーンのひとりライブのこと

何から書けばいいのかわからないほど、
楽しかった行事がいくつかあったんだけど、ここのところ
ぜんぜん更新できないままになっていて、
気づけば、すでに2月も半分終わって、きょうはバレンタインだ。

このブログ、いつも90%は家の机のパソコンに向かって
ぱたぱた打ちながら更新してるんだけど、きょうは外にいて
空いた時間を使ってぱたぱたをやっています。

遠征で移動中の時間なんかに、違う環境で文章を打ったりすると
なぜか、まるで違うことをしているような気分になります。

最近はインスタグラムでちょっとした話を書いていますが、
意外と毎日やろうとすると はて、何を書こう ってことにもなるんだけど、
環境を変えたりすると思ったり、感じたりすることがいろいろ変わるので、
そう言う意味では有効です とても。

きょうはこの間のライブのこと、先に書こうと思います。

えっと、2・9(金)に三軒茶屋のグレープフルーツムーンというライブハウスで
ひとり演奏しました。



 
この会場でやることになったきっかけは
去年の秋くらいだったか、ぼくがすごく好きな あべふゆみちゃんが
そこで月イチでライブをやっている という話を聞いて見に行ったことから。
打ち上げに混ぜてもらった際にお店のスタッフの方を紹介していただいて
ぼくのまともな音源をお聞かせできる環境もないままライブを決めてもらいました。

ライブが終わった結果から言うと、どうなのかな
いろいろな感想を聞かせてもらうことが出来たけど、まあよかったのかなって思う。

これまで時間の制約もほぼなく好きにやらせてもらっていたので
時間を気にしながらの慣れないライブ進行は話もあっちにとんだりこっちに飛んだりで
分かりづらかったみたい。
共通に聞けた言葉は曲がよかった という事でした。

話よかった という事がこれまでは多かったので
そのほうがね、喜ばしくはあるんだけど、次回またがんばります、、 

今回のライブでは最近作ったZINEの宣伝も兼ねて
朗読のような体制で文章を読んでから楽器演奏をしたりもしてみました。
これはライブ中に話したんだけど、前回早稲田でおこなわれたイベントの影響です。
(早稲田でのイベント後記についてはまた改めて。)




やってみたものの、けっこうむちゃくちゃな展開(になった)に驚かれまして
自分でも驚きました。
人間なんでもやってみるものですね。 は は は 

画像は写真家の篠田英美さんからいただきました。
ありがとう!

演奏曲は以下

・コカイン
・きみの落としたダイヤモンド
・刺青の入った灯油売りの男
・ほしあんず (文章の朗読と共に。クラシックギターで。)
・さよならだけは言わないで
・最後にみた夢 




次回は2月25日 大阪三国にあるスペイン料理屋 エルナージにてです。







それと東京は3・2(金)に再度グレープフルーツムーンで演奏します。
こちらはイベント転換時のバックミュージックですので、通常のライブとはちょっと
違うのですが、もしお越しになれるようでしたら
aoimonakacat@gmail.comまでご連絡下さい。
入場の仕組みのご案内があります。

3・4(日)こちらは下北ムムリックマーフィーにて。
古い友人であり音楽仲間の麻生に誘ってもらったイベントです。
詳しくはまた書きますが、
時間、場所などこちらでご確認ください。

https://aoimonaka.portfoliobox.net/event