Monday, April 16, 2018

曙町セレナーデ

しばらくすぎてしまったけど、
今月の頭にあった高橋徹也さんとの待望の合同ライブ(ってすごく変な言い方だけど)
「曙町セレナーデ」
いつか実現したらいいなというぼくの思いが叶ってしまった幸せな日でした。

ひとりになって始めた音楽で高橋さんとご一緒できたことは
本当に嬉しかったし、誘っていただいた高橋さんと
その場に来ていただいて
優しく受け止めてくださったみなさん、ほんとありがとうございました。



当日は
45分づつのセットでぼくからスタート
7曲演奏しました。
5曲をワイゼンボーン、2曲をクラシックギターで。

1コカイン 2けいさつかんがお父さん 3バカな女に捧ぐブルーズ 4ほしあんず(クラシックギター) 5豪徳寺の薄気味悪い猫(クラシックギター) 6新しい世界 7DEAD CAT

曲名だけみると随分やさぐれて、立川ぽい印象が拭えませんが、
なぜか・・たまたまです。

演奏は気持ちよく演奏できて楽しかった。


高橋さんのライブについては書くのもおこごましいのであれですが、
さすがの一言 でした。。

本編が終わってからはセッションタイム。
事前に3曲の候補をいただいていて
できれば、全部やりたかったのだけど、
自分ができることを踏まえて2曲にしぼらせていただきました。

通常のエレキギターを使って、
普段あまり聞くことのないディレイを使った音像と、チョーキングを
絡めてみたいなと思っていたんだけど、
いつもよく見られているお客さんがどう感じたのかな 
新鮮に響いていればよかったけど。

それから、ぼくが弾いたスライドギターに合わせて
高橋さんが即興で書いてくれた詩の朗読曲
深夜のサービスエリア

スタジオで一度簡単に確認がてら合わせてみて、本番を迎えましたが、
高橋さんがどう出るかなとか意識しつつ、
見事に曲らしくまとまり楽しかったです。

帰りぎわに反省会やりましょうね ハードに 笑  という意味深な言葉を残して
おかえりになられた徹也さんでした。

それから、販売物について少し。
この日(4/7)は手紙の販売を行いました。
その名も4/7の手紙。

いくつかの文章と、音源のダウンロードコードカードなど
封入して限定数で作ってみたんだけど、
すべて購入いただくことができて、、ありがとう
ほんとうにありがとうございました。
(音源のダウンロードコードはそろそろ期限を終了させようかと思っています。
まだ使われていられない方はお早めにお願いします。)

初めての試みであったんだけど、
なんかね、ライブという場なので、
その日だけのものっていうものを作って販売したかったので
購入してくださった方たちの記念になっていればよかったなって思っています。

最近はなかな長めの文章を書く時間も取れなくなってきていて
だからこういう機会にまた書きたい。






さいごに当日の写真をすこし 何枚かは高橋さんのブログから拝借しました。

会場のシンボパンは
ぬいぐるみがよく似合ってました。 しんぼさんありがとういつも。









またいつか






お知らせ


次回のライブはパンタスティック2018というイベント
https://www.fashion-press.net/news/38655

で4・27(金)大宮コクーンシティー内スペースにて
プレミアムフライデー ライブというものを行います。

現在このイベント広島で開催中でして、いくつか販売物を
納品しています。
もしもお近くにお住まいのかたいらっしゃいましたら
広島パルコまで訪れてみてください。
パンのカードや、キッチンクロス、トートバッグなどご用意しています。


29(日)は同じ会場のどこかでワークショップも開催します。こちらは
パンのイベントのためプラ板を使ったパンブローチのワークショップです。
共に詳細がまだ把握できていませんので改めてお知らせします。

ライブについては無料でご覧いただけると思います。

*****

6月に絵とぬいぐるみの個展を予定しています
6・23〜30 場所は都内です。

こちらも後日の詳細お知らせとなりますが、、来てね!