Monday, June 18, 2018

テレビとラジオをつけず、インターネットも見ないと
自分とまわりの環境しかわからないので、(あたりまえだけど)
関西で今朝おおきな地震があったと知って驚いた。

ツイッターで友人の何人かは無事である様子を発信していたので
よかったけど、関西でお世話になっているみなさん無事でしょうか。

 

Friday, June 15, 2018

ちかづいてきた

いよいよ個展が始まるまであと1週間というところまでやってきました。

展示の仕方など、頼りになるテラ(Tくん)に相談したりしているけど
当日設置してみないことには と まだまだ気が抜けません。

50号というすこし大きめの絵を描いてみて
大きな絵を描く楽しさを思い出しました。

バンドのジャケットの絵を描き始めた頃は
なぜか大きい絵ばかり描いていたからなんだか不思議な気もするけど、
筆の運びとかなんとかそういうことを意識しはじめると(決してそんな大層なものではないんだけど)大きい絵の難しさを感じたりする。

逆に小さい絵に戻るとあまり細かいことが気にならなくなったり。

絵を描いていたら
もうすこし大きい国に行きたいなと思うようになった。




Tuesday, June 12, 2018

紹介記事のこと


美術の窓、月間GALLERYという美術雑誌でそれぞれ
あおいもなかを取り上げてもらいました。

と言ってもそんな大層な話ではなく

美術の窓 は毎年春に新人特集みたいなことをするらしく
そこでいくつかの銀座のギャラリーからひとりづつ今年の推薦新人作家 という人を
募るのだそうです。

ぼくの個展が決まって数日後、たまたま画廊を訪れた際に

「新人特集っていうのがあって、あなたを推薦しようと思うのですが、
いかがかしら」 とオーナーの竹内さんに
言ってもらい、「はい!それは喜んで!」と。。 

しかし新人と言っても、、ぼく若くないんですけど、、

いやしかし、美術の世界はすばらしいところでして、
今回45才まで新人で扱ってくれるのだとか。


80才から突然すごい絵を描き始めるおじいさんとかいますし、、
音楽の楽器演奏と違って、ある程度 絵というのは誰にでも表現できるものですよね。
ぼくもまともに描き始めたのは40とかからですし、新人がんばろう。

しかし、tobaccojuiceのときもそうだった。
期待の新人として大きく取り上げてもらったな・・(遠い目)
ずっと期待の新人 そろそろやめたいよな うむ、、 
今度こそは! 


盛り上げておいてなんですが、その号の美術の窓 
いろいろな分野から美術の新人がとにかくものすごい数とりあげられています。
なので、ここにおおげさに書くようなことでもないんだけど、、

ただね、推薦してくださった竹内さんには
本当に感謝しています。誰かに褒められたり、認めてもらえるというのは
いつどんな時でも嬉しく勇気みたいなものをもらえるから。

こんなに素敵な推薦文をいただきました。
_________________

あおいの絵には、観るものに物語を想起させる魅力がある。 色鉛筆や絵の具、ジェッソなどの画材を多用して描かれる世界には優しくやわらかな風が吹いている。 まず物語が生まれ、絵が添えられて世界が広がる。 ミュージシャンでもある彼の感性の実りに期待したい。
美術の窓より抜粋
__________________


それからもうひとつ
月間ギャラリーという雑誌。
こちらについてはいつ出ているのかちょっと分かりませんが
個展の紹介をしてくださる ということで
電話で簡単なインタビューを受けさせてもらいました。


どんな風に描き始めるのか とか
自分が絵で表現したいことは何か。 
意識してはいるつもりでも、改めて誰かに聞かれて話すと
そうだったんだな とか
誰かはこんな風に感じてくれるんだ と再確認できたり。
それは作品制作していく中でも そうだな、よし! 
と自身が噛み締められる とても貴重な瞬間でもありました。

美術の世界は全くわからないのでなんとも言えませんが、
きちんとした専門誌に、載せてもらえるというのは
どんなに小さくてもとても大きな励みになりました。

率直にいえば、もっと評価されたい だからまたがんばろうと思う。

個展は今月23(土)〜30(土)まで銀座煉瓦画廊にてです。

詳しくは












あおいもなか個展「Love Letter」

個展のことを書かないといけないと思ったまま
日々すぎてしまい、このままでは終わってしまいそうな気がしたので、
きょうこそ!
というわけで

久しぶりに個展を行います。のお知らせです。


あおいもなか(おおくぼひでたか)個展 「Love Letter」

6/23(土)〜6/30(土) 銀座煉瓦画廊
(オープニングイベント時以外の入場料等は発生いたしません。)



◯開場時間について 
 
初日の23日は設営の都合、17時に開場します。
翌日からはすべて11時からの開場となります。

◯閉館時間について 

19時までとなりますが、24(日)、30(土)は17時までとなりますので
ご注意ください。

◯イベント 
「あおいもなかの世界」と題して
オープニングライブイベントを24(日)夜19時より行います。
詳しくはこちらのリンクからご覧いただけます。
楽器演奏と絵を描いたりします。




個展が決まってからチラシを作ったりしなければ!
と準備をしている中で、自分のコメントのようなものを書いてみました。

しかしながら作るハガキサイズのものには文字情報量が多すぎてしまい
あえなく却下 となったまま今にいたっていますが個展のいきさつも
わかるかなと思いますので掘り起こしてきました。

うーむ 日付をみると4月でしたので妙な気分ではありますが、、
気持ちは変わらずですので、読んでみてください。



あおいもなか展

「Love Letter」

昨年の暮れに ブラジル料理を楽しむクリスマスパーティーで
ぬいぐるみを展示しませんか?というお誘いをいただく幸運に恵まれた。

長い事ダンボールの中に詰め込まれていたぼくが作った数多くの
どうぶつぬいぐるみたちは久しぶりの外の世界、そして
たくさんの来場者の視線を浴びるその環境を、心から楽しんでいるように見えた。

しかしパーティーが終わる頃になれば、彼らはまたすっかり元の顔つきに戻り
束の間の喜びを抱え、
再びぼくの手によってダンボールの中に押し込められることとなった。

その時にふと、ああ、今年はこの人たちを展示できる機会を
もう少し設けなければいけない。

できるなら個展をやりたいなと強く思った。

それから数ヶ月がすぎたある日にライブハウスでスティールギターを弾くぼくに
銀座の画廊で展示をやりませんか?と声をかけてくれる人がいた。
それはほんとうに突然の降って湧いたような話だった。

少しこわい話かもしれないけれど、それはぼくの思いと
長い間閉じ込められた段ボールから久しぶりに
外の世界を味わってしまった彼らの怨念みたいなものが
合わさって出来上がったなんだかよくわからない「妙な物体」
が引き寄せた幸運のタイミングであったのではないかと思っている。

過去に描いてきた、作ってきた作品はもちろんですが、
今現在の自分の作品をできるだけ多く残したい。
これまでに自分が過ごして来た忘れがたい時間を描けるだけ描きたい
今、本当にそれだけを思って筆を取り、毎日を過ごしている。

そして来たる6月に描き上がった作品、ぬいぐるみ、その他たくさんのぼくの興味のかたまりと共に展示したい。
展示のタイトルをLove letterとしたのは
ぼくのそういった正直な気持ちをできるだけそのまま伝えたいという
ごくごく小さな思いからです。

できるだけたくさんの方に
一度、会場まで足を運んでいただけたらと願って止みません
銀座煉瓦画廊にて心よりお待ちしております。

この妙な物体が消えてしまう前に。
2018年4月 あおいもなか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あおいもなか(おおくぼひでたか)個展 「Love Letter」
6/23(土)〜6/30(土) 銀座煉瓦画廊
(オープニングイベント時以外の入場料等は発生いたしません。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



文章の中で出てくる
声をかけてくれる人 というのが今回オープニングライブイベントでも
参加くださるtotoさん(suika)という女性詩人。https://twitter.com/totonote

かつてぼくがtobaccojuiceというバンドで音楽活動をしている時期に
何度かご一緒させていただくことがあってお世話になっていたんだけど、
今回本当にたまたま、数年振りに出会って、彼女の企画により
個展開催の機会に恵まれました。

totoさんと、もうひとり岡本さんというこれまた凄腕ギタリストの方がいて
ふたりの音楽空間はほんとにすばらしいです。
24(日)のオープニングイベント、
ぜひたくさんの方に来ていただけたら嬉しいなと思います。


今回は
絵、ぬいぐるみをそれぞれ40点ほど計80点 その他にも期間中は
グッズの販売や、ペットの絵描きます なども予定しています。
在廊予定についてはtwitter等でお知らせいたしますが、
期間中なるべくいるようにしたいと思っていますので、お会いできたときは
よかったら声をかけてください。

ぼくも時々展示を見に行ってご本人がいると
あ いた と思いつつ 声をかけるのが畏れ多くて
逃げるということ、よくあるんですが、
逆の立場になると、声をかけていただけるととても嬉しいです。
なのでどうかぜひお気軽に。



  照りつける太陽の元、歩くその先でおれを迎えるのは 死刑台  Down in the willow garden 











ひとりごと

最後のあがきで1枚大きめの絵を描いて個展に向けて描くのは終わりにしようと思っている。
しかし絵がうまくなりたいなっていうのと同時に
朝キャンバスの前に立つと、あーこれ勝手に描き上がってないかなっていうのとで
ばかみたいな気持ちになる。

大きな絵を描くときは気づくと呼吸が止まっているので
きをつけないといけない。
あと、やっぱり体力がないとダメだな と実感する。

しばらくさぼっていたランニングをそろそろ始めなければいけない。

個展のこともきちんと書いてお知らせしなきゃ (とずっと言っているんだけど、絵をかきはじめると ほんとにもうなにもできなくなってしまうのです。)


6・23(土)からです 銀座煉瓦画廊にて あおいもなか個展 「love letter」


Friday, June 8, 2018

絵をかいている

こんな調子で長期間、まいにちずっと絵を描いているようなことってあまりない
個展がおわってしまったら というか
始まってしまったら次にどこで展示できるんだろう と思うと
ずっと始まらないで欲しいようなきもする。そしたらずっと描いていられる。

しかし絵かいたから見てみてー!と言って都心にひとさまを呼ぶってなんか
すごい行為だな と思う。

こどもか?? なんなんだいったい。。

6・23(土)からです 銀座煉瓦画廊にて あおいもなか個展 「love letter」

Thursday, June 7, 2018

「あおいもなかの世界」


個展のオープニングライブイベントのお知らせです


6月24日(日) 「あおいもなかの世界」 出演 あおいもなか(tobaccojuice) toto(suika) 岡本学志 
料金2000円(ウェルカムドリンクあり) open 18:30 start 19:00

銀座煉瓦画廊


ずいぶん前から準備して来たつもりでしたが、きづけば
残り2週間くらいと近づいてきました あおいもなか個展 love letter
内容やいきさつについていろいろ書こうと思っていますが
先にイベントのお知らせです。
6・24(日)の19時から個展のオープニングライブイベントを
totoさん、岡本さんというミュージシャンをお迎えして開催いたします。
(すてきなタイトルはtotoさんが提案してくれました ありがとうございます)

なぜこのお二人なのかということはまた改めて、、
この日はぼくはいつものワイゼンボーンのソロライブ演奏をします。
そしてtotoさんと岡本さんのお二人のライブ演奏時にはライブペインティングをします。

うーん おれおれ でしゃばってるな。。 とは思いつつ
まあ個展という名目なのでなんとか頑張ろうかなって思っています。
トータルの時間は90分程度です。日曜日の夜に申し訳ないのですが、、

たくさんの方におこしいただけると嬉しいです。


ご予約
aoimonakacat@gmail.comまでお名前、人数をお知らせください。
確認次第折り返しのお返事お送りします。
2日中に返信ないよ などあれば、エラーかもしれませんのでご一報ください。



個展の当日までにできるだけたくさん描いて
いいものを展示したいなと思って日々instagramで更新しています。
よかったらのぞいてみてね。





Saturday, June 2, 2018

こまったひと

個展に向けて絵を描きまくってきました。いまもそうです。

紙に描いた絵の展示をするためにはやはり額が必要になってくる
必ずしもそうではないんだけど、まあとにかく
そして、いい額装をすればその絵もまた良さが増します。

いい額装をすればお金もかかるので
絵の枚数が増えれば増えるほど、、 
これはもう悪循環と言いたい。

まあこれ売れれば何も問題ない話なんだけど、絵を売るということを
ほぼして来なかったぼくのような者にとっては、すべていい額装をするのは
なかなか難しい問題です。

だけど、どれも大切な絵だから特定の絵だけ特別扱いするのもかわいそうだなあ とか

考えるともうね破産してしまう。。 わけはもちろんないけど、、うーむ。


昨日引っ越しの手伝いをしたTくんは海外での個展もしていたりして
まさしく売るために日々制作をしていたりする。
ぼくは好きだから描いてるだけで、
自分で気に入ったものなんかはできれば売りたくない。 

ここはほんとに大きな違いだ。

とにかく絵って描いてるときは楽しいけど
今後は展示することも考えて取り組まないといけないのかな とか
思うとなんか売れるかな とかかんがえちゃったり するのかな。

邪心の強い絵というのもいいのかな。


でなんなんだよ あんた という感じなんですが、
描きまくってたまってきたのはいいけど、
展示方法をどうするか うーんお手上げだ という心の叫びを
こんな公にしています。 くだらなくてすいません。

でもほんとに困るよ。
たくさん見て欲しいけどもね・・