2017年7月21日金曜日

マニラの思い出

セブパシフィックっていう時々格安の航空券を出す
飛行機会社があって、
今日Twitterのニュースで成田→マニラが9000円とかっていう
情報があった。

うーむ相変わらず安い。
あの時もそうだったそのくらいのチケットで飛んだんだ。

あれから1年半が過ぎたのか 早いな とふと思い出したので
マニラの思い出を少し。


マニラは缶もあったけどまだまだ瓶で飲むビールが勢力を占めていて
そういうところは、ほんとにうらやましい限りだった。。

ビールがおいしい季節になってきましたね。
最近はなるべく瓶で飲むように思ってるんだけど、でもちょっと高いよ!




マニラは ネコがいっぱいいてかわいかった。 
外にも店にもほんとどこにでもいるんだ、ねこ。






マニラ滞在中にギャラリーのオープニングパーティーがあって、
たくさんの若い人たちに会ったんだけど、
人がいなくなってきて
そろそろ帰ろうかなって時にトコトコと女の子が寄って来て
話しかけてくれた。とてもきれいな、かわいい女の子!

あなたの絵が好きだと言ってくれたので どれが好きですか? と聞くと
全部 という。

うわわわ・・ 
罰でも当たるんじゃないかと思いつつ、
ちょっと話しましょうと言って座ったんだけど、
彼女、英語がすっごい流暢でスピードも早いし、
ぼくは全然聞き取れなくって
ごめんなさい、英語は得意ではないんです と言った。
あの時の我らの空気・・
生きててあんなに悲しい思いをしたことはない。(そんなわけないけど)


日本で音楽をやっていた話になって
持って来ていたバンドのCDを見せるとジャケットの絵も素敵だと言ってくれたので
聞く? と言うと うん という。

ギャラリーの奥の部屋に行ってみたんだけど、CDを聞けるものがなかった。
 うーん 困ったな と思って、持っていたサンプルコピーのCDRを
渡すと彼女はとても喜んでくれて、連絡先を交換して別れた。

周りのみんなが She likes you と言って冷やかす
もちろん悪い気はしなかった。
するわけない。

へらへらしながら滞在していたスタジオに戻ると
彼女からメールが来た。
とても嬉しくなるようなメールで、家に帰ったらCDを聞いてみるわ というので
ぼくもつたない英語で返事を送った。

そしてそれが最後のメールになった。

そんなに音楽ダメだったのかな って時々思い返す。。


*********

 
そういえば、その滞在中にレストランの入り口で娼婦っぽい人が
イスに座っていたんだけど、(たぶんそこで客を捕まえているんだと思う)
きれいな人だったのでちらりと見ると目があってしまった。 


やあ みたいな 挨拶だけして
ぼくがそのままレストランに入って行くと
しばらくしてその女の人が店の中までツカツカと入って来て
ぼくを見つけるなり 

ぶわーっと文句を言い始めた。
F◯CK ふぁっく  と言われました。
 (この話も前に書いたかな 最近はいろんなこと、すぐ忘れちゃうよ)

あんな言葉、面と向かって初めて言われて結構ショックだった。
そもそもなぜ彼女がぼくにそんなに怒ってるのかも
全然分からなくって、
連れの人たちにどうして彼女はぼくに対してあんなに怒ってる?

と聞いても
彼らもよく分からないけど、ごめん としか言わなかった。 
 

なんだか妙な思い出ばかりだけど、まあ記憶なんてそういうものだよね。
でもすごく楽しかったよマニラ。
また行きたいな。

2017年7月20日木曜日

ていせい

ここ数日はワークショップの時に持って行くように
粘土に着色してみたりしていて、
今年はずっと色鉛筆を持っていたもので筆で色を塗るのがずいぶん久しぶりだった。
加えて、あろう事かギターばっかり弾いちゃって(なにやってんだ っていう話なんですが。)

でもインスタグラムでちょこちょこ載せているような曲が
だいぶ出来て来たので、(オープンチューニングは曲ができやすい!)
数曲聞けるようなものを作るぞ! となんとなく思ってます。
ギターとピアノのゆっくりなインストゥルメンタルがいいなと思っていて

友人のピアノを弾く女の子がなにせとてもきれいなピアノを弾くので
(もうギターなしでいいんじゃねえか? とか思っちゃうくらい。)
ぼくに嫌気がさして やーめた って言われなければ
いいの出来るかも。

年内には完成させたいけど、どうかな。。

ここ数年聞いているハワイの曲みたいな
風に吹かれ雨に降られているような
そういう雰囲気のものが作れたらいいんだけどな。
いちばんむずかしいね

 ::::::::
この段には
昨日もなこがしんだときのことを書いたんだけど
やっぱり訂正しよ と思ってけしました。

::::::::::::


帰る家 ってなんだろ 絵本のメモだと思うんだけど
ぜんぜん覚えてなくって
帰る家がなさそうなきみ。 
うちにくるかい?   


2017年7月19日水曜日

ねこぐっず

だんだんと近づいてきた
兵庫県シチニア食堂にてのワークショップですが、
あんまり関西に行けることもないので、
ねこのやつらを持って行こうと思っています。

ひとまず、これでしばらくは粘土作り終了です。
やっぱり絵本作ったり絵を描きながら
同時にやるのはなかなか難しいのがひとつ。

もうひとつは買ってくれる方には作る側の都合なんて
どうでもいい事だと分かっているんですが、
量産ものと同じような価格で作り続けるのはなかなかね
気持ちが続かなくなってしまいました。

今後はまた作ることがあっても、
値段高くなってしまいます(例えそれで売れなくても)
もし、ワークショップにいらっしゃる方でご興味あればこの機会にぜひ連れ帰ってね。

このねこたちのおかげでいろんなところに行けたし、
いろんな人に出会えたよ。

ぬいぐるみのワークショップはもうちょっとご予約うけたまわっています!

ひとまずご予約は終了させていただきました。
ほんとにほんとにありがとう・・
 

2017年7月18日火曜日

Begin again

このあいだ登録してみた
映画のサイトで気になって借りてみた
はじまりのうた という映画がとてもよかったです。音楽の映画。

(以下ネタバレないよ)

途中なんどか涙が出てエンドロールになっても
うえうえ と泣けてしまった。
ここが映画館でなくてよかったなと思ったけど、
いつかどこかで再演してくれたらいいなと思う映画でした。
この映画に限ったことではないけど、
最近はバンドの演奏しているシーンや、
真剣に音楽に向き合っている人の姿とかを見ると
なぜかなけてくる。

なんでだろ。

昔バンドをやっていた時はステージにあがると
少ないながらもお客さんがそれなりにいて
演奏すると喜んでくれるっていうのが
当たり前になっていたけど、
年を取ってからバンドをやるっていうのは
また昔とはちがった感覚を味わえるのかな と
最近よく感じています。

そしてあのせめぎ合いから生まれる興奮をまた感じられるのなら
そこにまた戻ってみたいな っていう気持ちになったりして。

今更そう思っても遅い っていう現実が涙もろくさせるのかなんなのか
よく分からないけど、今中学生の時以来
ギターに夢中になっていて、
それも今更遅すぎるけども・・
生きてて遅すぎるってことないよね。 

まあとにかく一度音楽の生活から離れて
よかった。こうしてまた再確認できたわけだから。



映画の中で好みの音楽を分かち合うシーンが出て来るんだけど、
最近よく思うんです。

すきな音楽を分かり合える人っていうのは
同じようなタイミング、テンポで生きてるから
うまくやっていけるのかな って。

例えば、会話。
お互いの話すリズムや相手の声のトーンなんかが
絡まりあって噛み合うと、
ぼくらはそこでまた気持ちよさを感じあえるわけだから。

だからもし、いつかどこかで、ほんとに分かち合えたと感じられる人に出会えるなら、
それはお互いにとっての宝物を見つけたのに
等しいと思う。
それは男でも女でも年寄りでも若くてもね。


そんなことを感じながら映画はおわっていきました。





よかった映画は1本につき1枚ちゃんと描こうと思ってるんだけど、
なかなか時間がとれないな 

などというのは言い訳です。





 ********


少し夜が涼しくなったので
リッキーリージョンズを久しぶりに聞く。
気温が上がってきたらまたしばらく聞けないもの
秋くらいまではとてもじゃないけどね。。
 


2017年7月15日土曜日

クリスポールとか、ポールジョージとか、、

バスケの話なんて書いても
ほとんどの方には何の興味もないと思うけど、トレードが始まって
西はえらいことになってきた。
シーズンの開始が、非常に楽しみである。

小学生の時に
ロードウォーリアーズ というプロレスラーの大ファンになって
中学生で
レッドウォーリアーズというロックバンドの大ファンになって
大人になって
ゴールデンステートウォーリアーズというバスケットボールチームの大ファンになりました。

なぜかゆかりのあるウォーリアーズですが、
ゴールデンステートウォーリアーズの
ポイントガードでありエースのカリー選手は
来季からの契約を、過去最高額と言われる5年200億円で更新したそうです。

出来るだけ長くあのプレイを見ていたいよ。

スケートボードに乗って怪我とか絶対できないだろうなしかし。。

2017年7月14日金曜日

no title

暑くて食欲もないから体が軽い。
久しぶりに量りに乗ったら
高校生のときくらいになっていた。

脳みそはずっと中学生です。





コカインと殺しの映画

昨日夜、ツタヤに行ってみた。

関係ないけど、夜のガラガラな時間に
ああいうレンタルビデオ屋に行くとなんかうきうきしますね。

そこに美人がひとりでいたら更に。
 (しかしさいきんは好きじゃない音楽が爆音でずっと流れててしんどい )

えっと昨日の話です。
カラッとした映画が見たいんだけど、
思い当たらなくて困っていたら
そういえば、家にハングオーバー(酔っぱらいのばか話)の3が
録画してあった と思い出した。
1は面白かった。2は覚えてない。


3は映画開始早々にキリンのあたまが吹っ飛んだので
とりあえずそこで停止ボタンを押したまま
ずっと見るタイミングがなかったんだけど、
昨日はなんかどうでもいいような
笑えるものが見たかったので
借りずに帰るかな、、 と家に戻る。


途中ポテトチップスを買い
家に戻ってドライトマトとベーコンののスパゲッティーを作りながら
缶ビールを開ける。

あーこりゃいいやっと
 ハングオーバーを再生したんだけど、
やっぱりちょっと違う・・
 どうでもいいようなばか話なんだけど、ちょっとばかすぎる・・ 

ということで家にあった他のものを探して
グッドフェローズをみた。
途中眠ってしまい 
朝、嫌なゆめをみて目が覚めた。

やっぱりもうちょっと
ロマンチックなやつにすればよかったのかもしれない。。
と思いながら起きてネコに餌をやった。


さいきんは他に
ヴァージンスーサイズとアニーホールをみました。

アニーホールは吹き替えで見たときは
ダメだったけど、字幕で見たら名言がいろいろ出て来て面白い
ラストの一説はほんとに人生における名言のひとつだと思う。

でもあれちゃんと英語で見聞き出来ないと、ほんとのおもしろさって
半分くらいなんだろうなとも思う。

ヴァージンスーサイズは主役の女の子がスパイダーマンの子だったけど
この映画の中ではすごく魅力的だった。
こうも違うものかなっていうくらい。

***

少し前に映画がすごく好きな友だちと会って
話をしてたら見た映画をメモしておけるような
そういうの出来るサイトがあるって聞いて
気になって調べてみたらいくつかあるんですね。

その友だちの子は600本だったかな確か、 今までに見てるらしいんだけど、
ものすごく見る人には便利なのかな・忘れちゃうもんね。

たくさんレビューを書いてる人たちが登録していて
借りるもの迷ったときに良さそうだからぼくもサイトにいっこ登録してみました。

例えば自分の好きな映画について
共感できるようなコメントが書いてあれば
その人を追って、自分の好きそうなものを見つけられる訳です。
もちろん新作から旧作まで。

自分の好きな映画と、好みがはまるような人って大事。
もちろんばらつきはあるけど、
ばっちり合う人ってなかなか見つからないから。

monaka きみはこれ好きそうだね なんてあったら
ツイッタやらメールやらインスタやらなにかで教えてほしいよ

2017年7月13日木曜日

Kiss The Past Good Bye

最近は外や道でほんとによく人に話しかけられる。
きょうはおばさんで、最終的にうちによってお茶でも飲んで行きなさい
ということになった。

まあ行かなかったけども・・

:::


むかし電話の簡単な工事のバイトをしていて
いろんな家に行くんだけど、
だいたいおばさんとか主婦の人はお茶を出してくれて、
適当な話をして 帰るんだけど、
たぶん前に書いたなこの話。 まあいいや

(過去記事は同じことかいてもいいように時々消してます)


中にはお昼ごはんとか出してくれる家もあって、
その家のお父さんとお母さんとぼくと3人で食べたりした。
断ればいいのに、ぼくもなんかそういう時はついつい甘えちゃうから。

うちの子と同じくらいでしょ ほっとけないのよね。
とお母さんは言ってました。


一度、行った家にはお母さんとその娘、がいて
取り付けの簡単な工事が終ると
例によってぼくは3人でテーブルを囲むことになって、
世間話をした。

彼女はいるの?結婚は?

とお母さんがいう。

うちの子どうかしら?


え??? びっくりした。

多分誰か客が来る度にそういう事してるんじゃないかなと
思うんだけど、
普通にかわいい女の子で
お母さんがむちゃくちゃ言ってるんだろうな と思って
話してみると、特に困った様子もなく話をする。
いわゆるこれはお見合いです。完全な。

お母さんはその儀式に従って
席を外す。

かわいいし、まあいっかと思って話をしていると
どこどこの店で働いてるというので
へえ、、じゃあ今度近くに寄ったら行ってみますよ とか
そんな話をした。

一体全体この家はどうなってるんだろう?
と疑問しか湧かなかったので、もちろんその店には行かなかったけど、
あれからお見合いは成功したのだろうか。。
新手の結婚詐欺かもしれない。だって変だよね どう考えても。



そのバイトは他の人もいろいろ面白い事が多分あったんだと思う。
お酒を出されたから飲んで来たと言って
おみやげに焼酎の一升瓶を抱えて帰って来た人もいた。


もちろん
そんな優しいいい家ばかりでなくって、
ほんとのゴミ屋敷(怖くて、恐ろしくて呼吸できない)
明らかにヤ◯ザの家、

ゲイのファッションデザイナーみたいな人の自宅とか(すっごいおしゃれな家、
当時ぼくはゲイの人に好かれたのでかわいいわね 
またいらっしゃいと名刺もらったりした。もちろんいかない)
とかいろいろ面白い家があった。
 あ、ジャズのレコードをめちゃくちゃ持ってるボロアパートの
おじさんの家は楽しかった。
1時間くらいいろいろなレコード、CDを聞かせてもらって
「まだ行かなくていいの?」「はい、いいんです」と楽しんだ。


よく思ったのは
家に行くとみんなテレビ見てる。
音楽を流してる家なんてほぼなかった。
それがなんだと言われればそうなんだけど、
なんかね、そんなものなのかな。もっと音楽聞けばいいのにといつも思っていた。

えっと何の話だっけ。


 忘れちゃったけど、つまり
最近はよく人に話しかけられるな って話から
ここまで書いてなんでこのバイトの話を書いたか忘れた。すいません・・


はて今日も走ってそのあとはTSUTAYAでまた映画借りてこようかな。


昨日新宿の映画館でとある人におすすめしてもらった映画を見てきました。
その人にはもう伝えたんだけど、ぼくは残念ながらはまらなくって、
映画館に行く前にいろいろあったりして 見る状況や環境のせいかもしれない、
あんまり集中してみれない瞬間もあったりして。

またビデオになったら見てみようと思ってます。
映画なんかは状況によっても結構変わりますよね。
隣の客がうっとおしい とかさ・・ 

映画が終って外に出ると缶ビールを買って
まっすぐ南口の景色がきれいな場所へ歩いた。

映画のことなんかを考えながらぼーっと
見ていた夜景、吹き抜ける風、気持ちよかった



きれいな夜景の足元にはホームレスの人とカップル
新宿ってそういうとこだよな といつもこの辺にくると思う。

そうだったむかしこの辺りでタバコジュースはリハーサルしてたんだ。
あの頃は無我夢中だったけど、メンバーも固定しなくて
何も見えずつらい時期でもあったなそういえば。

そうちょうどその、電話のバイトがなくなって古木材の塗装をし始めた頃
バイトを終えて新宿に向かい
オレンジ、なにもない、2号線 そんな曲をやってた。

当時はメイシーグレイとかルーツ辺りをよく聞いていたから
ソウルだけど、もっとヒップホップに憧れて
自分たちの新しい音楽を作りたくて必死だったよ。