2014年7月28日月曜日

2014年7月24日木曜日

ジンジャエール つくった

だいぶ暑さも入れ込んできましたね 入れ込んでっていう使い方は
あってるのかな あってないです まいいか

暑いときはやっぱりスパイスが効果的なのは
カレーを朝食べてみて分かったのだけど、作るのも大変だ。
それではジンジャエールならどうか?

ずいぶん前に入間に住む60ワッツの大川くんの所にあそびに行ったときに
行きつけのカフェバーso-soで作ったジンジャエールを飲ませてもらったんだけど
それが衝撃的においしくてしかも 「簡単なのよ」っていうことだったので
いつか自分でも作りたいなと思っていた。

材料を調べてみると
スパイス類はカレーに使うものだったし、
他の調味料も家にあるものであったのでさっそく作ってみることにした。
ハチミツだけがなくなっていたので
近所のセールになっていたハチミツを買ってきたけど
砂糖だけでも大丈夫みたいです。

ショウガは今は、新ショウガが出回っているけど
土ショウガのほうが辛みは更につよいそうです。 
水分は新ショウガのほうが出るし何と言ってもおろしやすい。


レシピはいろいろ載っているので
ご興味の方は調べてみてください。

7〜8杯くらい用です。

ショウガ120g すりおろし クローブ4個  鷹の爪1本  シナモン粉適量 
水200ml程度 三温糖100g   ハチミツ20g  レモン半分くらい 



上のものを(レモン除く)弱火で15分くらい煮て冷ましたのちに
ソーダ水で割ってレモンをぎゅっとしぼって終了

飲む  うまい。。。  


最初に煮たあとに味見をしてみると
茶色の飴の味がした。 名前分かんないけど和菓子っぽい甘い飴ありますよね
和菓子ダメなので
あらら これ大丈夫かな?ソーダで割ればジンジャエールになるのかな。。
と不安だったのだけどレモンを絞り忘れていたことに気づき
入れてみる。

和菓子みたいな味+レモンは最上で
ショウガのすりおろしは漉したりもするようですが、めんどくさいので
そのまま。 氷が溶けてきた頃に一緒に食べるとまた美味。

朝から血行良好で体内がすごく熱い。夏の暑さとも違うので元気になります。

とは言っても気になるのが砂糖の量。うーんけっこうなものだ。
作りながらびびって躊躇してしまうくらいの量で
実際少し減らしたんだけど、飲んでみるともっと甘みはあってもおいしそうだ。
毎日飲むのはちょっと心配かな。

ビールなんかもすごい砂糖をたくさん使っていてその甘みがないと
飲めたもんじゃないっていうもんね。夏場はとくにガブガブ飲んじゃうけども。


ところで砂糖など白いものはよくない とか
言われていますよね、うちもそういった訳で
三温糖ならまだいいか と使っているんだけど、
今回ジンジャエールを作るにあたって砂糖の量が気になったので
調べてみたところ、じつは一般的な上白糖(白い砂糖)やグラニュー糖と
対して変わらないということが分かった。
なんだそうだったのか。

ちなみに世界では砂糖 というとグラニュー糖を指すのだそうでして
上白糖を主に使っているのは日本だけなんだそうです。
そこにどういう意味があるのかは分からないので
砂糖については学び直す必要がありそう。

なにはともあれ
自家製ジンジャエールおすすめですよ。ラムなんかと割ってもうまそうだ。 










2014年7月20日日曜日

デッドフラワーズ

枯れてもその美しさ
生花っていうのは短い命かと思っていたけど
年を重ねた美しさを愛おしく思うようになったのは
重ねた年のせいか。
枯れて輝く実。
そしてその香りはまだ果てし無く美しい。




友だちで女の子とケンカすると花束を抱えて謝りにいくっていうのが
いるよ