2014年10月28日火曜日

ねこのモナコ

今日で猫のもなこが死んでしまってからちょうど丸1年が過ぎた。

もなこがいなくなってからだけの事を考えると本当にあっという間の1年だったけど
1年振りに写真を眺めてみるとうちには猫が3人もいたんだな、、
という気にもなった。

もちろん、もなこの事を忘れるようなことはあるはずもないんだけど
もなこがいなくなってしまった事に慣れたことは確かだ。


病気になってしまってすこしづつ痩せていくもなこは
見ているだけで精一杯だったので写真に残す気にもなれず
最後の頃の写真はあんまりないんだけど、
それでもしばらくその頃のもなこの写真やビデオは見ることができなかったのが
1年過ぎて半分はなつかしい気持ちでやっと見れるようになったみたいです。
ビデオはまだ見ていないけどそろそろ見れるかな。

もなこは乳腺に腫瘍ができてしまって
それが原因であっけなく死んでしまったわけだけど、
また他の猫がそんなことになった時、今度はどうすればいいのか
という事をほんとは今のうちに決めておいたほうがいいと思うんだけど
まだよく分からないでいる。

腫瘍をとって、その後元気で過ごす猫もたしかにいるようだけど
もなこの場合は
手術をして以降はなんだかずっと病院通いだったし、
入院もこわかっただろう、
ぼくの膝の上でおしっこをしたり、よく悲しそうに鳴いたりもした。
退院して帰宅したもなこが
テーブルの下に隠れてぼくがもなこ!と名前を呼ぶと
そのぼくの目の前で涙をながしたのが忘れられないのだ。




もちろん痛いというのはあるにせよ、悲しいとか怖い
そういった涙でなくって薬とかそういうのの影響だとは思うんだけど、
そこまでしても、その後のもなこを長生きさせてあげることができなかった


そんな怖い思いをまた他の猫にさせていいのだろうか 
という思いがよぎるのです。
そういったこともあって
猫のごはんを手作りに変えて、体調のチェックも
前よりはするようになったわけだけど。
やっぱりもなこにもぼくが茹でた鶏肉をもっとたくさんたべさせて喜ぶ顔が見たかったな





なっちゃんはほんとにもなこの事が好きで
最後のころもずっといっしょに寝てた。もなこもかなり弱っていて
こちらも心配だったけど、猫同士のことだからあえて放っておいたんだけど
苦しくなかったのかな。。


元気なときも、もちろんいっしょだ



3人揃ってとれたのはけっこう珍しかった。











ちょうど去年の今頃の時間に札幌から帰ってくるともなこは畳の上で
のびをしているように寝た体勢で死んでいた。
もう少し生きててくれるかなって思っていたんだけど
間に合わなくて悲しくて悲しくて泣いた。 
けど一緒にいたほうがよかったのかどうかは猫じゃないから
わからない。

死んでからずっともなこのことを
見て、一体になりたいというか、この存在を刻み込みたいなっていう思いで
もなこの姿をスケッチブックにひたすら
描き続けた。
描き終えてもなこと一緒に埋葬しようかと思ったんだけど、
迷ってそのまましまっておくことにして1年が過ぎた。


先週もなこを埋葬した土からチューリップの目が出てずいぶん大きくなって
きた。きょうに間に合って花が開かないかなって毎日見ていたけど
さすがにそんなドラマは起きなかったな。。
きょうはもなこを思ってビールを飲む

もなこへ
コロとなっちゃんはふたり元気にごはんたべて毎日過ごしてます。


2014年10月8日水曜日

ギター

久しぶりの更新です 

タバコジュースのレコーディングをしていまして、
ダビングしてるところを写真にとってもらいました。すごくいいスタジオです
リズム録音あと少しで終わりです