2016年5月18日水曜日

ローリングストーンズ の 夢からさめて


山羊の頭のスープ3曲目に収録されているキースが歌うバラード
 coming down again  邦題は夢からさめて 

ヘロイン中毒でかなりまずい頃の曲

美しいピアノとベースの絡みあいから
シンバルが弾ける瞬間がたまらなく気持ちいい
繰り返し聞いているうちにすっかりハマってしまって
人生で聞いて来た回数よりもここ最近で聞いた回数が上回ったような気が。
そのくらいずっときいてます最近
シンプルだからなんかクセになる名曲 。





歌詞
http://www.azlyrics.com/lyrics/rollingstones/comingdownagain.html


 https://youtu.be/UG7WIrHtLUQ


またやってきたのか
ものすごくだるくて仕方ない

教えてくれよ
隠すことなど何も無い

彼女は生き延びるのに必死
おれは捕まったんだ だまされたのさ
驚きもしない彼女

クスリがきれた
仲間もいない
ああ、また落ちて行くだけ

うっかり誰かのパイに手をつけた
いつだってその味は格別さ
彼女の顔色はとたんに悪くなり
おれに当たり散らす 
空腹なだけさ 特別わるいことじゃないだろ 


クスリがきれて
仲間も誰ひとりいやしない
 地べたに突っ伏したまま
どうにもならず
落ちてゆくだけ

 






2016年4月28日木曜日

ローリングストーンズの無情の世界


youtubeでいろんなかっこいい曲がタダで聞けてしまうという
ありがたい時代ですが、
ピッチが遅かったり、早かったりするものも
当然のように上がっていたりするんですね。 
これは罰みたいなものであげてる人がいるってことなのかな。

何も知らないでそれを聞いているような人がいるかもしれないんだなと思うと
かわいそうな気もするけど
そこから生まれる新たな誤解っていうのが
次の文化になったりしますね時には。

と、この曲を検索していたときにテンポの早いのがあったので
そんな風に思っていたんだけど、
この間しゃべっていたOさんが
youtubeで知って良かったからamazonでアルバム買ったら

youtubeのほうが良かったなんて事もあったよ ははは 

って言っていた。

最初に聞いた音の悪さがその曲には合っていたという事でした。
かつてタワーレコードで視聴機で聞いて買ってみたら
家より視聴機のヘッドフォンで聞いたときのほうがよかった とか
そういう事たまにありましたそういえば。


ぼくは最近はCDやレコードよりは
画集などの本を買うことが多いけど、やはり最初はネットの画像から
っていう事が多い。
ネット画像のほうが良かった っていう事はいまのところまだないけど
そういうこともそのうちあるのかも





ストーンズの無情の世界 っていう曲の歌詞を探ってみました。

これもサビはロック界の有名な歌詞のひとつなので
おおよそ内容は分かっていたつもりだったのですが

ド頭のコーラス箇所で
こんな事を大げさに歌ってたのか 
ばかじゃないか? と(ミックさまごめんなさい)
思ってしまった。 は は は

構成上そうなったとしか思えないくらい
違和感があるんだけど、
これは上に書いたように

意味を知らずに聞いていたのが現実を知ってこうしていま違和感となっているんですね

最初からそういうもんだと思っていれば
別にどうって事もないのかもしれないけど。

youtubeでずっと聞いてたような今時の子が
大人になって、
あの懐かしい曲、レコードで持っておこうなんて思って
買ってみたら
テンポが違って良くないな 

なんて思うような事があったらそれはほんとに不幸だなと思う・


前置きとは関係ないけど 無情の世界です・
うーんと正直いうとあんまり上手にできなかったなあ っと思っています

歌詞
http://www.azlyrics.com/lyrics/rollingstones/youcantalwaysgetwhatyouwant.html


https://youtu.be/OagFIQMs1tw

***************************************



 you can't always get what you want / rolling stones


パーティー会場で今日、彼女を見かけたよ

コネを探しに来ているんだろ
片手にはワイングラスを持ち

チャラチャラした男を従えてるのさ

いつも欲しいものが手に入るとは限らない
いつも欲しいものが手に入るとは限らない
でもいつかやってみたらモノにできるかも しれないな


不正行為ばかりが目に付く近頃
デモに行って声をあげたのさ
「不満だらけだ なんとかしろよ
さもないとこの怒り ヒューズがぶっ飛ぶくらいにぶちまけることになるんだぜ」

いつも望めば叶う訳じゃない 

いつも望めば叶う訳じゃない 
でもたまには行動に起こしてみるのもいいだろう
良い方に変わっているかもしれないぜ

処方薬をもらいに
チェルシーのドラッグストアに行って
列に並んで待っているとジミーってやつがいて

そしたらそいつ、相当やばそうな感じだったんで
ソーダ水でも飲もうぜってことにしたんだ
おれの好きな奴 チェリーレッドのソーダ水 
そこで
ジミーに1曲歌ってやったんだけど
そいつは一言 「つまんない」って
だからおれは言ってやったんだ

いつも望めば叶う訳じゃない 
いつも望めば叶う訳じゃない  でもいつか、いつか 
手にしているかもしれないぜ

パーティー会場で今日、彼女を見かけたよ
片手に持ったグラスの中には搾り取られた男の血
男を手玉にとるのは慣れたもの
彼女の血塗られた手を見れば分かること 

いつも欲しいものが手に入るわけじゃない
でもチャンスが来たらやってみるんだ
手にしているかもしれないぜ 




 





2016年4月23日土曜日

ローリングストーンズのメモリーモーテル 再度

なぜか、よく分かんないけど
映像と共にずっと残ってるような記憶って時々ありますよね
メモリーモーテルを聞いたある日の鮮明な記憶っていうがあって、
もう大学生の時の事だけど

2つ上のかっこいい人が
「ヒデ、ストーンズのバラード何が一番好き?」って言うので

「ワイルドホーセズ じゃないっすかやっぱ」
って答えたら

「おれメモリーモーテルが一番好きなんだけどどう?」


ああ、、これもいいすよね!   

って


当時バイトしていたカフェバーの仕事 早番が終わると
夜22時でそれからよくその人の家に行って朝まで
遊んでた。


前回メモリーモーテルの歌詞が保存できてなくて
消えちゃったんですが、

またすごく好きな人がいたのを知ったので(その人もふたつ上のかっこいい人だった)
 これはやっぱりやらなきゃダメだな っていう事で
再度トライしてせっかくだから絵も新しく
 
 この曲の問題は
サビのとこが 英語で聞くとなんとなくうーん こんな感じなのかなあ
って感じることが出来るような気がするんだけど、
それを日本語に置き換えるとどう表現していいのかよくわからなくて
これが作者の意図と通じているのかなって
ちょっと分かりません。

それからこの 曲に出て来る
テキサス サンアントニオのバラ っていうフレーズがあるんだけど
カントリーの名曲で
サンアントニオローズ っていうのがあって
Bob Wills っていうフィドルと歌をやる人の曲です。

もしかしたらその辺から引用したのかな
というのも
テキサスのストーンズのライブで
bob wills is still the king
https://www.youtube.com/watch?v=SwEOZtJm8pU

 っていうカバーをやってたから。
 こういう所がストーンズのかっこよさだと思うし
その土地でお互い理解しあえるお客とバンドっていう関係もすてきだなと
思ったりします。
テキサスで歌うメモリーモーテルなんかも聞いてみたかったけど。


そういったわけで

memory motel /rolling stones 

曲は前回も貼ったので
今回はアコースティックのやつがあったのでそれを。

stripped っていうアルバム用に録ったものみたいだけど
この曲も録っていたんですね 
 そのアルバムの数曲は
東京のスタジオで録音したっていうのを昔読んで
ふええーーっと思ったんだけど、
これもそうなのかな 



 詞
http://www.azlyrics.com/lyrics/rollingstones/memorymotel.html
 曲
https://youtu.be/5mc84ilU_CE

 *************************************





ハンナの
瞳は栗色で、鼻は少し上を向いている


海辺に建つメモリーモーテルで過ごした夜のこと
見上げた空は息をのむよな星々に溢れ
打ち返す波
ずぶ濡れになった彼女の髪も
きらきらしてた



栗色の瞳、歯もすこし曲がってる ハンナ
おれのギターを手にして
歌い始めると
その声はぐさりとおれの脳まで突き刺さり
まさしく虜にされたのさ

これはよくある一夜の記憶
別によくある一夜の事なのに
それがどうにもおれの頭を支配する


やつは自分ってものを持っていて
よく分かってるんだ
ちょっと他にいないタイプの女
うまく立ち回るのさ 
とてもうまくね



緑と青に塗られたハンナの
ピックアップトラックは
ペラペラに擦れたタイヤを履いている

やつが1、2マイルほど進めたあたりで
どこに向かってんだって聞くと
「ボストンよ 仕事に戻らなきゃ わたしバーで歌ってるのよね」 
おいおい おれは今日バトンルージュに飛ばないといけないんだぜ 


永遠に続くひでえ道、神経衰弱
サンアントニオのバラが咲くテキサスを過ぎた頃
おれはもはや餓死寸前のボロ切れみたいだったのさ  

これはよくある一夜の話
毎夜のことさ
いつもの通りすがりの女
それがどうにもおれの頭を支配する


やつは自分ってものを持っていて
よく分かってるんだ
ちょっと他にいないタイプの女
うまく立ち回るのさ 
とてもうまくね


15の州を超えて距離はとっくに1万マイルを過ぎた7日目

意識は朦朧、視界は闇へと化し始め
愛した女たちの記憶もひとりまたひとり
おれの元から消えてたよ       


酒を浴び、ベッドに倒れこむ 
22階のホテルにひとり ふと涙が出てくるのさ
ところでさっきから聞こえてくるこのばか騒ぎは一体なんだ
ああそうか奴らの声か
パーティー狂いのお仲間か
やつらがじきにドアを蹴破りやってくる
おれはまだメモリーモーテルの想いに浸ってるっていうのにな










2016年4月19日火曜日

キャロルキング きみのともだち

地震で家に帰れない人がまだいて 
車のなかで、過ごすしかなくて自分が好きな
アイドルの曲がラジオから流れてきた曲に
救われた っていう話を聞きました。

正直、最初はアイドルの曲かよ(ごめんなさい) なんて思ってしまったんだけど、
人それぞれ大事な物があるんだよな って
そんな事を考えていたら
もしかしたらバンドの音楽を聞いてくれてた人や
この日々書いているブログを読んでくれてる人が中にはいるのかもしれない
と思うようになって心の引っかかりがありました。



日本でこういうことが起こったときに自分は無力だとか
聞いたりするけど
 世界では
ひどい事件や災害がたくさん溢れている。
それは当たり前だけど、どれも楽しい話ではなく

だから5年前の震災の時も自分や音楽は無力だとか
どうだとか、あったけどいや
むしろ生業にしている事、もっと大事にしないといけないんじゃないか
と思っていて。
そんなに都合よくいろんな状況にフィットする仕事なんてない 
そういうの今も変わらずで・

なので
自分の中でちゃんと考えていれば
それでいいじゃないか とは思うんですけど、
もしかしたら何か力になれることもあんのかな って
おこがましいけど、ぼんやり考えていました。
 東北のときも
当然あって、タバコジュースのCDが流されてしまったとかそういうの教えてくれたりとかあったんです。


そんな日が少し続いて
こういう思いはどうすりゃいいんだろなって思って
あ、そうか 対訳か
キャロルキング の曲でも
日本語にしてみようかなと考えました。
 こういう時は自分の言葉で 自分も歌えたらなって思うっすね


キャロルキングの歌詞はとてもストレートなので

そのまま解釈して書くと派手っていうか
なんかタイタニックみたいな気持ちになってしまうので
(変な言い方だけど・・)
この曲は自分だったらこんな感じかなってことにしました。
それから
以前取り上げたジェイムズテイラーも歌っているしってことで
男言葉です
 
けどこの曲の良さって、こういう心のままを
シンプルな演奏と言葉で歌ってるとこなんだろな と改めて思いました。
派手なオーケストラとかそんなのあったらそれこそタイタニック・・


この曲が入っているタペストリーっていうアルバムは

英語もよくわかんないけど、ずっと一緒に歌ってきたので
カタカナでだいたい覚えていたりするような
多分人生で最も聞いてきたアルバムであり
思い出も多く、
大学のいちばん仲の良かった友だちが卒業して東京から福岡に帰るときに
この曲の英語詞を書いて手紙を渡したようなことを思い出したりしました。
ちょっと恥ずかしいです いやとても。





歌詞
 http://www.azlyrics.com/lyrics/caroleking/youvegotafriend.html
 曲
https://www.youtube.com/watch?v=UlDI4g5ab1g



 ******************


困ったとか元気が出ない
いたわりなんかが必要になったり、それから
なんにもうまくいかなかったりで
夜はきっと、ひとりだと暗くなるばかりかもしれない

そんな時ちょっとの間、
目を閉じてこっちのことを思い出してみて
そっちに行くよ
ちょっとは楽しく過ごせるかもしれない


冬、春、夏、秋 いつでもいいから
言ってくれれば
またそっちまで行くから
友だちだしさ

見上げた空が
どんよりと灰色の重たい雲で埋め尽くされて
冷たい風も吹き始め・・


だとしても大丈夫だよ
たまにはでかい声でも出して
おれの名前でも呼んでみて
玄関をたたく音が聞こえるかもしれないよ


困ったら
言ってくれれば
いつでもそっちいくよ
友だちだしさ


責め立ててくる人
無視してくる人、心まで奪おうとする人
そういうひどい人達って必ずいるよ
だけど心配して気にしてる仲間もいるから
だからなんとかがんばって


で、そんなときはいつでもいいから連絡をしてみてよ
どこにいてもね そっちへいく用意はあるよ


いつだって構わない
困ったときに
少しでも何かこっちのこと思い出して
連絡くれたらうれしいよ
なんといってもおれの友だちなんだから










2016年4月14日木曜日

メモリーモーテル ローリングストーンズ




ローリングストーンズのブラックアンドブルーっていうアルバムに入っている
メモリーモーテルという曲があります。

バラードの名曲系なんだけど、アンジーやワイルドホーセズなんかに比べると
そんなに名前の上がってこない曲です。
なんでかなって思うけど、音の感じとかあんまりストーンズらしくなく
時代のせいもあってちょっとAOR風なところを感じるからなのかも。

まあとにかく好きな1曲なので
日本語にしてみたのですが、
またセーブできていなくて消えてしまいました。

がーん
しかしまたやり直すのはもういやだ 絵も描いたんだけどな くそ 
というわけで今回は絵だけで・・

甘い曲調で女の人を回想しつつも、最後の締め方がただのラブソングで
終わらないところがかっこいいなって
 これはキースの歌詞なんじゃないのかな と
思うんだけど、どうなんだろ 
デュエットしてるし、共作ってこともあるのかな
まあとにかくメモリーモーテルでした。

memory motel /rolling stones
 曲(歌詞つき)
https://www.youtube.com/watch?v=bE96fz6BWqk 
















2016年4月1日金曜日

ベンハーパーの バーンワンダウン

 この夏ベンハーパーがフジロックにやってくるようです。
もう何年も前にバイトという名の下で入場したフジで見たベンハーパーは
最高でした。

当時ぼくらももしかしたら出演できるかもなんてのもあったり、
その時のバイトがほんとにつらかったので(当初すっごい楽だという話だった)
そのときに見たライブはどれもすばらしかったけど、
特にブルーズのライブはなんか労働者のため っていう意識があったのかどうか
心に染み入ったものです。

ベンハーパーは単独口演でも2回くらい見ていて最近のミュージシャンの中では
ファンといえる数少ない人でもありますが、やっぱり初期の作品が好きです。


はて、この曲の 歌詞なんですが、
これはつまりマリワナについての歌です。
ただし、 吸うとか 煙 ではなく 燃やす とか 炎 と歌っているので
 そこはストレートにいくのは避けました。

アメリカでもだいぶ合法化されている州も増えているようですが、
日本は(そもそもアメリカのマッカーサーが禁止した とかって話が出て来ますが)
重い罪に問われるので 大地のめぐみだろうがなんだろうがダメです。

しかし これを訳しているときに
なんかレバ刺しのこと思い出してしまいました。食べたい レバ刺し



アメリカの銃規制
こちらから見てるとそんなもの絶対ダメだろ と
思うんだけど、例えばメジャーリーグやNBAを見ていると
ボールとか、バスケに関しては選手が客席に飛んで来たりもする。

前にそれで頭を打って運ばれたお客さんもいました。

だけど、それでもやめないのは
それがそうあるべきだし、危ないと思うなら離れていれば
いいじゃないか
各自の責任で楽しくやっていこう っていう配慮があるからでは
ないでしょうか。

日本のプロ野球も客が離れてだいぶそういうスタンスになっては来てるけど
なんか責任の回避のほうがいろいろな場面で大事になってきているのが
増えてるな って思います。


アメリカの場合は特に民族も多いし、
ひとつの考えでくくるのが困難になってくるっていうのもあるんだろうけど
規制というものの考え。
じゃあ銃もいいじゃねえかよ 
となるとこれはなかなか難しい問題なのかもしれません。

銃は離れていても打たれるよね・・


****


えっとベンハーパーって、実のお母さんと
デュエットで愛の歌を歌ったり、演奏も丁寧なのできちんとした人です(たぶん)。
なので、この曲はみんなハイになろうぜ っていうパーティーソングではなく
紳士的なイメージで聞いています。 

そういえば久しぶりのこのライブを見て思い出したけど
ガーベラという曲は当初こんな感じの演奏にしたいなっと思って
ジャンベを入れようとしてなとか思い出しました

曲 ベンハーパーのライブより 
ハーブについて語ったりもしてます
  https://youtu.be/nEe9P1QXTwU?list=PL9B9E28E4A26EC9B0

歌詞
http://www.azlyrics.com/lyrics/benharper/burnonedown.html



burn one down / ben harper

この1本燃しておこう

こっちにも回してくれよ
深く、ゆっくり燃しつくそう
照らしてくれよ解放されるまで

わるいがこの炎が気に入らないようなら
ただ距離を置いてくれないか
こいつに浸りたいだけなんだ
この1本を燃し尽くすまで

自分の責任でやってるだけさ
周りに危害を加えることはない
迷惑ももちろんだ

きみたちにとってもそうだ
周りに迷惑をかけることなく
自身の責任で動いているなら
なんの問題もない

わるいがこの炎が気に入らないようなら
ただ距離を置いてくれないか
こいつに浸りたいのさ
この1本を燃し尽くすまで

ハーブは大地に生まれた恵み
 地上に育つすばらしい恵み、誰が作ったものでもない

 何か言う前にまずは試してみるといい
もたらされるのは
災いなんかじゃなく恩恵なんだから

それでももしこの炎が気に入らないようなら
ただ距離を置いてくれないか
この炎に浸りたいのさ
この1本燃し尽くすまで



めらめらー

2016年3月29日火曜日

ビートルズの フォーノーワン

ビートルズ というより
作者はこの曲の場合ポールだそうですが、
for no oneという曲です。


特に思い入れもなく(全体的にポールに対してそうなんですが・・)
聞いていた曲でしたが、
たまたまリッキーリージョンズのカバーする for no oneを聞いて
なんていい曲なんだろ と気づきました ポールさますみません。
そんなわけで歌詞を。


恋愛の歌、でも今まであまりなかった情景描写で
どんなニュアンスなんだろ と考えて
うん、これは結局自分に言い聞かせてるんだよな 
さっさと忘れてしまえよ と そんな風に思ったので
少し冷たい言い回しくらいが
ちょうどいいのかなっと

曲調はメジャーで
テンポもスロウではなく、間奏ホルンのソロなんかは
爽やかなティータイム(ぽくないですか) 
まさかこんなこと歌っているとは思わなかったけど、
こういう曲調で
冷静にグサグサいく感じ好きです。


この曲の良さに気づいたということで曲のリンクは
リッキーリージョンズのほうを貼っておきます。

例によって文字通りの訳ではありませんので
あしからずです。





英語詞

http://www.azlyrics.com/lyrics/beatles/fornoone.html

リッキーリージョンズ
https://youtu.be/lbvtHBv1R2U



for no one / the beatles
夜明けを迎え 苦しい心 

もはや彼女が君を気にもかけていない今なお
彼女を引きずってる君がいる

彼女のほうはどうか
目を覚まし、鏡に向かう
いつも通りの日常、普段通りの時間が過ぎる
もう君のことは頭に無い
 
彼女の瞳 君には何も見いだせない
彼女の流す涙はもはや、きみとは無縁であって 
 終わった話なのだ 続けばよかったのかもしれないけれど


彼女を想う 忘れられない君
しかし彼女は言う もう終わった恋なのだと

受け止められず
やり直せる とさえ思う君だが


彼女の瞳にうつるものが見えるかい
涙の訳は君への想いとは無縁の賜物
 終わった話なんだよ

君の元を去る彼女はこう言うのさ
そんな人いたよね 今なにをしているのかしら 別にどうでもいいんだけど
彼女にはとっくに終わった話

夜明け たまらない思いに苦しむ君
彼女への思い、それだけが
あたまをいっぱいにしてしまう
彼女を忘れることなんて出来ない君

彼女の瞳の奥が見えないか
涙の訳は君への想いとは無縁の賜物うまくいけばよかったのだろうけど










2016年3月27日日曜日

簡単ぬいぐるみ つくりました


 ぬいぐるみワークショップのレポートです。
今回は久しぶりの新代田ポポにて。
http://www.fever-popo.com/popo/ 
終わってからお店のブリトーを頂いたのですが、それすごく美味しかったです。




えっと
前回から簡単ぬいぐるみということで
立体から縫い合わせの平面になっていますが、
今回はさらに
型を縫った状態からの開始でしたので
考えたり、細かい施し時間も多く取れたかなあと思っています。

今回はご参加人数が
お二人で、ぼくを合わせても3人だったので
やりづらいかなあ と心配していました。

当日ごめんなさい と謝ってからスタートしましたが、
いつもと違って向かいあっていろいろしゃべりながら出来たので
家でやっているみたいでなんか楽しかった です。

人数も少ないし、やりづらかったら申し訳ないなと
始まる前にお詫びのチョコレートを買いに行くと
道ばたで近所に住む友だちに偶然会ったりして
これから歯医者に行くのだという。

あとでふらっと遊びに来てくれてしゃべって帰って行ったりもして
うーん ほんと家っぽかった ちょっと緩すぎたかも・・



では開始です。
今回は体と頭のパーツに綿を詰めるところから。
おなかぽっこりです






次は

 と思ったら、今回写真をぜんぜん撮れてなくって
(最近忘れ気味です)
完成しちゃいました・・



 手前ふたつがご参加くださったお二人の作品です。


右の目が黄色いやつ、髪型が誰かに似てるような

そうです 

あの悪名高きトランプ氏(支持者さますみません)  
どことなく目つきも似てるような・・
 アメリカでは最近あの髪型を犬にやらせるのが流行ってるそうです。



左のピンクの目の猫も写真だとちょっとわかりづらいかもですが、
腹ふくれてほんとに猫らしい
ポーズもさいこうで、
どっちもすごいかわいいですよね 









どっちも欲しくなってしまうようなねこたちで,

ご参加ありがとうございました!!







来月末に同じくこちらの新代田ポポでおもしろイベントに
参加させてもらうことになりました。

 ねことかいじゅうがなんたら 。。

また詳しくはお知らせいたしますので
ぜひぜひ遊びに来てください。


しかし少人数のワークショップいろいろ世間話できたり
楽しかったなあ 
たくさん来てくれたほうがもちろんいいのですが、、 はは

個人開催も行っていますのでよかったらご利用ください。
  http://monacos.info/workshop




2016年3月18日金曜日

ジミヘンのリトルウイング

読んで分かる解釈文を心がけていますが、
ジミヘンとかの人たちには通用しないですね。。 
そんなことはやるだけ野暮ってことで
何だこりゃ って感じかもしれません。
どうとでも取れると思いますが、愛には違いないかな。

youtubeを見てみると、ジミヘンの音源はきちんと管理されているのか
あんまりあがってないようです。
探せばどこかで聞けると思いますが、そうさせたくないという事だと思うので
曲のリンクはないですが、とても美しい曲と演奏なので
聞いたことがなかったら買ったりなんだと聞いてみてもいいとおもいます。



オリジナルの歌詞
http://www.azlyrics.com/lyrics/jimihendrix/littlewing.html



little wing / jimi hendrix
雲を歩く彼女は
ぶっとんだ思想をもって 自由自在

ちょうちょ シマウマ 月のビームが飛び交って  
あたまの中はおとぎの世界で満たされてる

どこまでもどこまでも風に乗っていく

おれの悲しみなら 遥か遠く彼方からやってくる彼女が
解放するのさ
なんの心配もないのよ 大丈夫 
なんでも叶えてあげるから と彼女はいう

つぎはどこへつれていってくれるんだい

  

2016年3月16日水曜日

ジェイムズテイラーの fire and rain

相変わらずロックの歌詞です。

この曲の歌詞には少し注釈が必要なので最初にあげておきます。

スザーンヌ 追い込まれていたんだろう
と解釈している箇所があります。
原文は
susanne, the plans they made put an end to you

その計画がきみを死においやった と訳せるのかと思いますが、

いきなりそうなると
なんのことか分からないので
そんなときはぼくの解釈文では読んで意味が伝わるように
意味を飛躍させています。
(時に説明すぎたり、本意ではないかなという気もしていますが、、)
なのでちょっと違う書き方をしてみましたが、
その計画 ってなんだ?って思ったので書いておくことにしました。

fire and rain wikipediaによると
ジェイムズテイラーが歌うスザーンヌという女性
二人は幼なじみだったそうですが、自殺でなくなってしまいました。
彼女の不幸を知ることになったのは半年を過ぎた時だったそうです。

というのも
ジェイムズテイラーはロンドンのアップルレコードと契約をかわしていたため
向こうで仕事中だった、
家にいた友人たちは彼に悲報を知らせるのは仕事に差し支えるのではないか
との判断によりという事です。
最終的にはアップルレコードとも問題があったようで契約も破棄に。

どういう事情なのかはよく分かりませんが、
もし死を選ぶ前にロンドンでなく彼女の近くにいれたら
という思いもあったのかなその辺りを the plans と想像しながら聞いています。

後半にflying machines という単語が出て来ます、これは
ジェイムズテイラーがかつて名手ダニークーチマーらと組んでいたバンド名だそうですが
うまく行かなかったみたい。
そこは バンド と訳してあります。



それからついでなのでもう少しトリビアみたいなやつを

taylor swift とjames taylorのデュエットていうのがライブでありました。
おんなじ名前だ と思ったら
彼女の両親がジェイムズさんのファンだそうで、テイラーと名付けたそうです。

先日あげたシェリルクロウとジェイムズさんもこの曲で
共演されていたんだけど、
シェリルさんっててシェリル スザーンヌ クロウだそうです・


キャロルキングとも仲良くしていて
君の友だちという曲をカバーしていたりしますが、
そこに出て来る 呼んだ時には必ず行くよ みたいな
歌詞があるんですが、それにちなんで 友だちがいない みたいな歌詞をのせた
とどこかで読んだ記憶があるので
そこはキャロルキングの歌詞にちなんだ書き方をしてみました。
ちなみにこの曲のピアノ演奏はキャロルキングだそうです。


歌詞を知らずに聞いているもので
この曲好きだなっていうのを選ぶとラブソングだったり
結構重いな みたいなことが続きました。
ゆったりメロウな曲ってやっぱり愛が多いのかな。
すこし切ない絵っていう表現に興味が向かっているというのも理由のひとつ
なのですが、
なんか自分が暗くなってきたので、
もうちょっと元気なの探そうかなと思ってます。 




fire and rain  james taylor

オリジナルの歌詞
http://www.azlyrics.com/lyrics/jamestaylor/fireandrain145777.html


https://youtu.be/7ALnh3w32VE

*******************************

昨日の朝、きみがこの世を去ったって聞いたんだ 
スザーンヌ 追い込まれていたんだろう

今朝外をふらついて、
だれに向けてだか、よくわからないけど
この曲を書いたんだ

永遠の楽園みたいな毎日
呼んでも来てはくれない友だち、孤独
良いときもあれば悪いときもあったけど
よく考えてた
きみにはそのうちまた会いたいな って

神さま 
どうかこのおれを見捨てないでくれないか 
必死にやるよだから どうか守ってはくれないか
ヤクで体がうずくんだ、おれの行く末も長くはないのか


ハイになって恍惚
頼れる者のいない孤独
良いときもあれば悪いときもあったけど
いつもきみのことは思ってた
また会いたい って思ってたんだ


陽の光には背を向けて楽な道ばかりを選んできた
だけど、冷たい風に吹かれてみてやっとわかったんだ

何時間も長電話をしたことがあったな
夢みたいな理想やバンドのこれからの事
でも、それももはや全部おわった 過去の事


良いときもあれば悪いときもあった
永遠の楽園みたいな毎日
呼んでも来てはくれない友だち、孤独
いつもきみのこと思ってた
また会いたい って思ってたんだ

もう一回会いたい 

いまこんな感じになってなんだかんだいろいろあるけど、
思うことは
もう一回きみに会えたらなってさ


 












今回はちょっと人数が少ないかもしれません 
ご参加おまちしていますのでよかったらぜひです。

*****************************
3/26(土) 新代田にてぬいぐるみワークショップ 行います
ぜひご参加ください。おまちしております!!
詳しくは↓
http://okubohidetaka.blogspot.jp/2016/03/blog-post_65.html








2016年3月14日月曜日

シェリルクロウの no one say it would be easy

シェリルクロウの歌詞解釈文です




最初、女性の言葉を使うので
なんかイメージ違うなって言葉とか考えていたのですが、
自分が女性になったつもりで丁寧に書くと、昼メロみたいです。
男の人が女性に歌詞書く時って

わたし〜なのよ〜 さみしいの〜 

とかの言葉使い普段使わないのに よく書けるな と思いました。
ま 仕事だし、プロだから当たり前なんだけど。


最後のばかやろう のくだりは
本文にはありません
勝手につけました だれも怒らないでください。すいませんでした。


no one say it would be easy /sheryl crow

オリジナルの歌詞




******************

私たちが抱える明らかな問題点

あなたのお父さん、メルセデスベンツで乗りつけて

「たまたま近所まで来たもんだから」っていう

でもお父さんさっき大家さんに家賃渡してた
 
「面倒がいっこ減ったわけだ」ってあなた


わたしが作った夕食
あんたキッチンドアのとこで捨てた

「お前も大変だろ、な、今日は外で食おうぜ」だって

(chorus)
すんなりやってけるよとは だれも言なかったけど
大変だよって言う人だっていなかった
みんなある程度予想はしてたかもしれないけど
ここまでひどくなるとも思わなかったでしょ


あの人未だにシャツをたたむとかもダメ
で、そのこと言えばわたしは嫌なやつ 

だけどね、ここでふたりでやってく
わたしにはそれ以外、思いつかないのね

(chorus)
すんなりやってけるとは、だれも言わなかったけど
こんなにつらい思いするとまで言う人もいなかったな
ある程度予想はしてたかもしれないけど
私たちここまでになるとは誰も思わなかっただろね 

あの人が私に見せる笑顔
あの人に見えてるのって誰なんだろ 私なのかな って
たまに思ったりもする

(chorus)
すんなりやってけるとは、だれも言わなかったけど
こんなにつらい思いするとまで言う人もいなかったな
ある程度予想はしてたかもしれないけど
私たちここまでになるとは誰も思わなかっただろね 

彼はけっこう遠いよ 

わたしの飯くえよ ばかやろう 















*****************************
3/26(土) 新代田にてぬいぐるみワークショップ 行います
ぜひご参加ください。おまちしております!!
詳しくは↓
http://okubohidetaka.blogspot.jp/2016/03/blog-post_65.html



2016年3月12日土曜日

ビートルズのインマイライフ

震災から5年がすぎました。
忘れられない日の記憶はその日が来なくても地震もくるし
思い出したりします。
みんなそうだと思うけど。

音楽が必要なのか とか電気がどうとか
当時はバンド活動もギリギリではあったけど、
まだあったから、そういう事でもいろいろな意見があったりしたし、
イライラしていることも多くて、飲んで人に絡んだりした事も。

自分がやる必要はないけど
音楽が何かの役に立つのかと言われば、役に立つというか
無しには生きられないな 

それであの時自分が欲していたのは
ストレートで、優しい歌でした。
いちばんしっくり来たのがジョンレノンの歌で。
地震で家がものすごく揺れた時もビートルズを聞いていたんだけど。

また外国の曲の訳をやっていて、
ちょうど震災の日が来たのもあったので、
なんとなく、そんな感じの曲をやろうと思って

イン・マイ・ライフ という曲を訳してみました。
震災のときには幸運にも友人知人はみな無事であったようですが、
ここ数年で突然死んじゃった人や、まあ猫も死んだ。

別にぼくが改めて家族とか奥さんとか猫に言いたいとかじゃなくって
みんな最後に守れるのは家族や恋人、犬猫、親友 そんなものじゃないのか
と思うわけです。



ところで、訳といいつつ 毎回かなり跳訳になってるので
そのうち誰かにおこられそうな気がしてきたので今後はカバーってことにしときます。 
いやカバーだとかっこいい感じなので わたしはこう受け取ったってことで 
解釈文てことにしておきます

ではイン・マイ・ライフです 

オリジナルの歌詞
http://www.azlyrics.com/lyrics/beatles/inmylife.html


https://youtu.be/lN4BqEvb18M



記憶に残るいくつかの場所
今ではすっかり変わってしまったところや
相変わらずいまいちなとこ

離れていった人や
残ってる人

そこで過ごした昔の恋人や友だちとの出来事
どれもはっきり思い出せるんだ

元気でやってるやつらもいるし、死んでしまった人もいる
そういうの全部が大切だ

だけど
それすらも、今のこの思いに比べたら
なんてこともない
比べようもないくらいにきみが大切だ


そりゃ大事な思い出はいつまでも鮮明で
立ち止まってあんな事、こんな事 って浸るときだってあるだろう
でもそれよりももっと大事なのはきみなんだ

大切な思い出を時には振り返りもするだろう
でもそれよりもっと大切なのはきみのこと

今日ぼくが生きる意味はきみにあるんだよ






先日ビートルズのプロデューサーとして有名なジョージマーティンが
なくなったとの報道がありました。
90才だったそうです。

インマイライフで弾かれるすばらしい鍵盤のソロは
ジョージマーティンの演奏でした。










*****************************
3/26(土) 新代田にてぬいぐるみワークショップ 行います
ぜひご参加ください。おまちしております!!
詳しくは↓
http://okubohidetaka.blogspot.jp/2016/03/blog-post_65.html




2016年3月9日水曜日

ミーアンドボビーマッギー






たぶんほんとに感動したので
何度か書いてるかもしれないけど
むかし、友だちが住んでいたのでアメリカに遊びに行ったときの事
毎日カフェにたむろしていて、ある日ジャニスジョプリンの
ミーアンドボビーマッギーがかかりました。

客のほとんどが若い大学生くらいだったと思うけど、
その人たちがひとり、ふたりとそ の曲を少しづつ口ずさみ始めて
終わる頃には大合唱になってた。

アメリカの映画館でロッキーを見たっていう高校の時の国語の先生によると
「ロッキーが倒れると客が本気で怒ってゴミとかをスクリーンに投げはじめるんだ
 で、最後勝つとみんな立ち上がって拍手喝采してな。
 いやあ 面白かったぞ。」 

って授業中に聞いたんだけど、ああこういう事なのかな って

政治のこととかさ ま いろいろあるけど、
そういう生活とか文化 やっぱりアメリカっていいよな っていくつになっても
惹かれるとこであります。




それで、そのボビーマッギーって曲なんだけど
ジャニスの曲だとずっと思ってましたが、オリジナルは男の歌手で
クリス・クリトファーソンっていうカントリーシンガーの方なんだとか。
うーん 全然知りませんでした。すいません。

グレイトフルデッドがこの曲をカバーしてたから
ずっとジャニスのカバーかと。


最初はジャニスの感じでやってみたんだけど
クリスさんの曲やデッドの演奏を聞いてると、この曲はジャニスのカバーよりも
もっと風に吹かれてるような歌なのかなって思ったので
そちらの雰囲気に合わせてみました。


あと
サビの部分がもうロックの名言みたいな
有名すぎる歌詞だからあえて訳すのも恥ずかしいくらいだったんだけど
クリスさんの意図とは裏腹に(というと失礼かもしれないけど)
一大名セリフとなってしまったような気がします。
身軽になった気持ちがただ、そう言わせたのかなって。
なのでなるべくそんな感じを考えてみました。


ジャニスのほうは歌詞が少し違うとこもあって、
もっと恋愛、ラブソング的でして うーんなんかちょっと重い・・ かな

いや、もちろんジャニスが歌わなかったら
この曲はただのカントリーソングで埋もれて終わっていたのかもしれないし
ジャニスのバージョン最高なんだけど。

有名な曲だから、いろんな訳詞がありました。
気になる方は他の訳もぜひ見てみてください。

そして
これを書いてるときに今知ったもうひとつ事実。
http://www.tapthepop.net/story/27548

ジャニスはこの作者であるクリスさんとしばらく付き合ってた
ちょっとびっくりしたので気になる方はリンク見てみてください。
記事にでてくるフェスティバルエクスプレスって映画は
随分前にぼくも見たけど、ぜんぜんそんな記憶はないな・・



ちなにみボビーマッギー ボビーって男じゃねえのか?
と思ってたら、女性にもつけられるそうですね。
ボブ だと 男だけだそうです。 知恵袋にのってました。

最近のNBA選手見てると クリス・ポール とか ポール・ジョージ とかいて
おいじゃあ ポール・ポールも いけるのか?
そもそもビートルズみたいな名前だな、 リンゴ・ジョージのほうがらしいのに とか

あ、、 脱線しました。

曲はジャニスではなくクリスさんでもなく
グレイトフルデッドの72年のある日のライブからはっときます
この曲をデッドがやるとほんとに意味が深くなりますね。
いい演奏です。

というわけで 


https://youtu.be/WSnTJjPBQio

オリジナルの歌詞
http://www.azlyrics.com/lyrics/kriskristofferson/meandbobbymcgee.html



me and bobby mcgee/ kris kristfferson  grateful dead  janis joplin etc

バトンルージュで金がつきてしまって駅まで向かってたんだけど
気分は落ちて、それはもうおれの色あせたジーンズみたいな そんな感じだったよ

それでも雨が降りだす前にボビーが車を捕まえてくれて
そいつに乗ってニューオーリンズまで向かったんだ

おれはきったない赤のバンダナで
くるんでたハーモニカを取り出して
ボビーが歌うブルーズに合わせて吹いたりしてた
フロントガラスのワイパーはスゥイングしてて
ボビーも手拍子したりして
ドライバーの知ってる曲はもう全部やりきったよ


自由だ 言ってみれば それはつまり失うものがないってことさ
守るようなものはなにもない 
なんにもないんだ なあ これこそが自由ってやつさ


彼女がブルーズを歌えばそれだけで楽しくなるよ
うん、それくらいで充分幸せだったんだ
おれたちみたいなのにはそれで充分で なあボビー


ケンタッキー炭坑からカリフォルニアへ
そんとき、おれたち完璧に分かり合えたよな
ボビーはどんな時でもおれの味方になってくれたし
寒い夜も彼女がいればへっちゃらだった


あの日サリーナだったかその辺で
おれたち別の道を行く事にした
ボビーは本当の愛ってやつを探していたし、おれはそんな彼女の
心の拠り所が見つかればいいよなって思ってたから


でもさ そうだな 
おれはあの時あの瞬間に戻れるのならもう全ての未来をなげうってもいい
ボビーを抱きしめたいって
いまはやっぱりそう思うんだ


自由 それは失うものがないってことか
ああそうだ たしかになにもない 
あるのはただ、ここから彼女がいなくったってことだけさ


いい感じだったんだ 彼女の歌うブルーズ
それを聞いてるだけでおれは充分だった 
そう おれたちもう充分幸せだったんだ そうじゃない?ボビー

ラララ ララ
ラララ ララ

これはおれとボビーマッギーの歌なのさ

ラララ ララ
ラララ ララ 







*****************************
3/26(土) 新代田にてぬいぐるみワークショップ 行います
ぜひご参加ください。おまちしております!!
詳しくは↓
http://okubohidetaka.blogspot.jp/2016/03/blog-post_65.html


















2016年3月4日金曜日

ワークショップのおしらせです 3・26(土)新代田ポポ


         簡単ぬいぐるみワークショップのお知らせです。




簡単ぬいぐるみのワークショップ
【日にち】2016/3/26(sat)  

【場所】新代田PoPo http://www.fever-popo.com/popo/

【時間】14:00から2時間程度 14時少し前にお集りください。

【ご参加費】3900円(材料費+ドリンク付)

【持ち物】 お手数ですが、ハサミをお願いします 普通のもので大丈夫です。
忘れてしまった時はこちらで用意のある物をご利用ください。

【作るもの】かんたんぬいぐるみを作ります。
横向きの猫、あたらしい猫、さる の3種類からお選びください。


【その他】お子様のご参加も歓迎しております。
その際、作業には必ず保護者さまの同席をお願いいたします。
刺繍針を使用される場合に折れてしまう場合があります。
3本目からは実費負担をお願いしてしまいますが、
ご了承いただけますと幸いです。


        ◎ご予約お申し込み方法
おおくぼメール
sugarmonaco@gmail.comまで
3・26(土)ワークショップと題して
 ・お名前・ 人数 ・作りたい種類 ・緊急の連絡先電話 

を明記してお送りください。
確認出来次第ご返信メール差しあげまして完了となります。
1日中に届かない場合ありましたら、スパムメールなど、
ご確認ください。   


●縫い合わせぬいぐるみについて

2枚生地の縫い合わせぬいぐるみを作成します。
前回2時間でも少しオーバーしてしまったので
もっといろいろ考えたり遊べる時間を増やしたほうがいいかな という訳で
ぼくのほうで生地を縫い合わせてから持参いたしますので
みなさんは綿をつめるところから開始となります。
縫い合わせから手縫いしたい! 
というご希望もちろん大歓迎です。(ぼくは楽です・・)
ご予約の際におことづけください。

●新しいねこについて

新しい猫は胴体と頭が別々になっていますので
当日お好きな向きに縫い付けてみてください。

  


●作業の簡単なながれ

綿を詰めます 
もしくは(縫い合わせから始めます)

顔や模様などを考えたりして実践したら完成!

途中もしくは終わってからお茶など。



●作れる種類と選び方

・3種類の動物(すべて全長は約20センチ)

ねこ横(みどり、茶、あお、しろ)
あたらしい猫(みどり、茶、あお、しろ
さる(みどり、茶、あお、しろ)


まずは
横向きの猫、あたらしい猫、さるの3種類からひとつお選びください。
作る動物が決まったら次は生地です。

・4種類の生地

みどりの生地(ニット)茶の生地(ニット)あおの生地(ニット)しろの生地(帆布 


例えば




 ・ねこ横(しろ)  ・ねこ横(あお) 

 ・新しいねこ(みどり)



・さる(しろ)



・ねこ横(あお)・さる(茶)




顔や模様などは
フェルト、はぎれ、刺繍糸、羊毛フェルトなどを使って
自由に創作していただけます。
フェルトはボンド、羊毛フェルトは刺すだけ など、
裁縫はあんまり自身がないけど という方、お子様などにも
楽しんで作っていただけるかと思います。

顔パーツなどはご自身でお好きに工作していただいたり
ぼくのほうでもカットしたものをご用意しています。

お一人の方も多くいらっしゃいますし、お子様連れの方も
歓迎です。
かわいい1体を作りにお集まりいただけると嬉しいです。



ご予約はメールにてお願いします。
ご質問ご不明などありましたら
ぼくのTwitter https://twitter.com/okubohidetaka
やsugarmonaco@gmail.comまで
ご連絡ください。


つくるぞ うおー











2016年2月29日月曜日

チャックベリーのネイディーン

ほぼ日課になりつつありますが
今回はチャックベリーの歌詞訳をやってみました。

というのも先日ローリングストーンズの
ロンウッドがホストをするラジオ形式の番組に
アリスクーパーが出てるのをちらっと見たんです

そのときにアリスクーパーがチャックベリーの歌詞はすげえぞ
天才だ みたいなことを確か言ってて
へえそうなのか と思っていたわけです・

記憶が確かなら 「特にNadineはすばらしい」 と。

そんなわけでその曲を。
しばらくヒットに恵まれなかったチャックが出所してばかりで
出したヒットだそうです
なので演奏することも多かったのか
ライブ映像もけっこうあがってるんだけど、
歌詞が微妙に言い回しとか変えたりしてました。

なのでオリジナルの歌詞とはすこし変わって訳してみたところもありますけど
相変わらず、妄想跳訳なのでお許しください。

チャックベリーの歌詞なんて読んだことなかったけど、
この人のライブは歌詞が分かるとかなり面白いんだなって思いました。
舞台芸ですね。




Nadine/Chuck Berry 

歌詞
http://www.lyricsmode.com/lyrics/c/chuck_berry/nadine.html


https://youtu.be/myPzYiTLvK0



市バスに乗りこんで、席に着く
外を見ると
おれのあの子 が通りをあるいてるのが見えた気がしたんで

あわてて運転手に叫んだんだ
おいごめん!ちょっとスピード落として!
おれやっぱ降りるわ
頼む ちょっと降ろしてよ


ネイディーン きみなんだろ?
きみなんだろ ネイディーン
いつも何をしてんだか、あれれどこかに消えちまった


と思ったらおっと見つけたよ
あの子、角を曲がって引き返してきたと思ったら
今度はコーヒー色のキャデラックに向かってく

おれは人ごみをかきわけて彼女のほうに行くと
選挙運動かっ てくらいの感じでさけびまくってたんだけど
ああ またしても見失っちまった

おーい ネイディーン きみなんだろ
いつもいたと思ったらどっかいっちゃうし、
それに誰かしら見た事ない男を連れてるようだけどな


ダウンタウンまでやってきて
辺りを見回すと
あの子、イエローキャブに乗って町のほうに向かってるじゃないか
あわてておれも1台タクシー止めたんだけど
すでに客は乗っていやがるんだ

仕方ないからそいつらの分も!って運転手に20ドル札投げて
言ったのさ
あのイエローキャブを追っかけてくれっ


彼女は風のようにぴゅーっと吹かれてどっかにいっちまう
運転手さん 急いでくれ 行け!もっと!ゴー!
ふわふわ風に吹かれてく消えちまう前に彼女を捕まえるんだ

めちゃくちゃな渋滞を抜けだして
タクシーの窓から身を乗り出し彼女に聞こえるように
さけぶのさ

おいネイディーン おまえなんだろ ちょっとネイディーンさん 
いっつもどこいっちゃうんだよ おい待ってくれ

ああ きょうもまたどっかにいっちまった








ワークショップの予定が決まりました。

次回は3・26(土)東京新代田でお昼すぎからの予定です。
詳しくはまたお知らせいたします。









 


2016年2月23日火曜日

ニューヨークの少年 サイモンとガーファンクル 

サイモンとガーファンクルの
明日に架ける橋 という 大名曲があります。
歌い手はアートガーファンクル、作者は相棒のポールサイモンだそうです。

どんなにいい曲を作っても
目の前で歌われた時(例えばコンサートなんかで)
心奪われてしまうのはやはり歌い手に対してではないでしょうか。

以前しばらく続けていたアートオブロックの時にも書きましたが、
ポールサイモンはこの曲が終わったときの
歓声を聞いて 「おれが作った曲なのにな」 と思っていたらしく
ろくでもない野郎ですね、、

まあ天才なので仕方ないんだけど、
何年か前には自身も2番を歌っているようなライブがあったけど
素直に歌うアートに対してなんかソウル風にアレンジして歌うポール。

はっきり言ってレコード通りそのまま変わらず歌う
アートが正しいんだよ とか思いつつ、
やっぱりおれの曲だぜアピールしないとダメだもんね 
がんばれ とも思ったりしました。


ニューヨークの少年 という歌があって、
これもいい曲なのですが、
歌詞の内容は
コンビの事を歌っているんだそうです。
詳しいことはご興味あったらもっと深くかいているサイトがあると思うので
省略しますが、レコーディング当時、仕事で映画の撮影に行ってしまうアート。
残るポール。
加えて、ポールも出演のため撮影は行われたはずが上映時にはすべて
監督にカットされてしまった という事実。。

恐ろしいですね、、 タバコジュースの曲でも1曲
ぼくのギターを勝手に差し替えられた事があるんですけど、
これについては長くなるからまたの機会にしますが、
まあストーンズなんかでもこれはキース参加してない とか
ビルワイマン弾いてない とかそういうたぐいの話です よく言えば ははは、、


それましたが、つまりそんなアートに向けて歌った曲だそうです。
そんな曲をコーラスさせるなんてやっぱりちょっと問題ありだわこの人。

っていうポールサイモンがぼくはすごく好きなんです。





The only living boy in new york /  Simon&Garfunkel

オリジナル英詞はこちら
http://www.azlyrics.com/lyrics/simongarfunkel/theonlylivingboyinnewyork.html

トム 飛行機、乗り遅れるなよな
まあ大丈夫だよね 成功を願ってはいるんだ

おまえがメキシコに降りたころ
おれはひとりニューヨークに残されているわけだけど

そっちの知らせなんかは別にいいよ
おれが知りたいことなんて天気がどうかってくらいなもので

ていうかさ、 今日もなんもやることないんだけどおれ 
ま、笑ってみたりくらいはするけどね

「だらららー らららら らー 
 あ〜 お〜れ だけ ここにぃ〜 いるんだよぉ〜」 っと
 
今ひとりになって
考えてみるとおれたちほとんどずっと一緒にやってきたんだな
ところが今は、

どうしてる?うまくいってんのかな、、 とか 
お互いさっぱりわかんないよな


よおトム しっかりやれよ
ここだけに留まりたくないっておまえの気持ち おれ、よくわかってるんだ
うまくやれよ 成功させろよな
ああ、、ららら、、、
ここまでおれを引っ張ってくれたみたいにばっちりキメてくれよな

おれのほうはと言えばひとりここニューヨークにいて
とくにやることもなく過ごすのさ  



















2016年2月19日金曜日

tiny dancer エルトンジョン

ロックの歌詞の和訳
またやってみました。
前回もそうなんだけど、かなり自己解釈が激しく
時には勝手に創作してしまってる箇所もあるから
作者の本意とは違うかもしれませんのであしからずです。

前にピーターバラカンさんのラジオで知るまで
全く知らなかったんですけど、英語の歌詞って基本的に
必ず韻をふんでいるそうです。
韻をふむのはラップだけだと思う方も多いと思うんだけど、
フォークもブルースもなんでもそうなるんですね。

ですので、日本語に訳すとなんだかよくわかんねえ 
っていう事になる事も多々あるので、(実際英語圏の人が聞いてもそう思う歌詞も多々あると思うけど)
直訳よりもう少し内容に突っ込んでみています。まあ自分の妄想で進めてますが・・



で、えーとエルトンジョンの曲です。

もうずいぶん前になるけど、
タバコジュースのドラムのこうすけくんに面白いよ と教えてもらったのが
alomost famousという映画で70年代のアメリカを舞台にしたロック映画なんだけど、
この中で使われているエルトンジョンのtiny dancerっていう曲が
この映画のハイライトっていう人もいるくらい印象的に使われています。

見た事がない人は先に映画を見てほしいけど
特にネタバレみたいな感じにはならないのでその場面を抜き出したものがあったのでくっつけておきます。歌詞を知ってみるとまたね泣けるんです 



ちなみにこの動画を見つけたときに
他にもサイモン&ガーファンクルのアメリカっていう曲が使われている
シーンもありました。




すっかり忘れていましたが
このアメリカっていう曲も前に一度訳をやってみたことがありました。
詞も曲とても好きな曲です。
よかったらこちらを
http://okubohidetaka.blogspot.jp/2012/09/blog-post_19.html#more

2曲とも映画に出て来るのはたまたまなんだけど、
どちらもハイウエイが出て来たり、なんかロードムービーの要素がある歌詞が
おれ好きだなあ っていう感じです。
名曲ですねーともに。今更ですが



Tiny Dancer/ Elton John  

原曲詩はこちら
http://www.azlyrics.com/lyrics/eltonjohn/tinydancer.html


ブルージーンズの似合う
L.Aから来た彼女は
バンドお抱えの仕立て屋なんだ

かわいい瞳で、いたずらっぽく微笑むきみは
いいのかい? バンドマンと一緒になるんだぜ

ビーチで舞う彼女を見ただろう?
まるでバレリーナだよな

そう彼女は今、おれの胸の中にいる
片時も離れずおれと共にいるきみはかわいいダンサー
おれの手の中に収まるようなちっちゃなかわいいダンサーなんだ

キリスト狂いたちが通りに出て来て
神のためにビラを撒く
振り返って見ると彼女が笑ってる
大通りもそんなにわるくはないね


公会堂ではピアノ弾きのあいつが曲をやっていて
彼女も知ってるその曲になると
一緒に歌詞を口ずさんで
ハミングしてる
そんな彼女を横目で眺めてる


ああ、だけどマジなんだな
きみ以外、誰もいないこの場所に横たわり
そしてこんな風にきみにゆっくりやさしく語りかけるのさ

抱きしめてくれないか
かわいいダンサー
ハイウエイのヘッドライトの数を数えながら
リネンのシーツでおれをくるんでくれないか
今日1日もいろいろあったよな

抱きしめてよ
おれのかわいいダンサー
ハイウエイを流れてくヘッドライトを
数える君の声を聞きながら
柔らかいシーツで眠らせて
きょうも一日がおわっていくよ






2016年2月18日木曜日

このあいだのワークショップとライブのこと

すこし時間が空いてしまいましたが、
2・7に行われたninohiraイベントの事を少し書きます。

次の日程が決まってから
ワークショップの事
更新したいなと思っていたのですが、ちょっと準備不足で、、
ですが来月にまた開催できたらなっと思っています。
そちらについてはまたTwitterやこちらでお知らせしますので
よかったらぜひ です。


●簡単ぬいぐるみワークショップのこと


今までのぬいぐるみよりも
もっと簡単に作れないものか?と
今回は初めて立体から平面に考えてみて、同じ形の切り抜きを縫い合わせるという
方法にしてみました。

結果、並縫いで1時間弱、装飾するのに同じく1時間くらいという
結果になりました。
縫い方には個人差もあるのですが、
感想を聞いてみるとやっぱり顔や、模様などなどいろいろ考えていると
アッという間に時間が過ぎてしまうみたいです。
ぼくも実際家で作るときはそうですし。

みなさんいろいろ楽しんでいただき
最後はまたおもしろい猫とサルたちができあがりました。


・ぬいぐるみ出来上がるまで

・・・・・・・・・・
生地を縫い合わせたら綿をつめていきます。
多めに用意しましたが、予想していたより綿がはいっていきます。
ぎゅうぎゅうに詰めたほうがかわいいのです。



目などの顔に使うパーツはぼくのほうでも
あらかじめカットして用意したりもしていますが、
みなさんも自由に切ったりして見ているとひとつひとつの表情がたのしいです。


赤い箱は台湾製の裁縫箱だそうです。 きれい



目力強いと評判だったサル。たしかに・・すごいわ










今回は装飾用にいつものフェルトや布生地の他に羊毛フェルトを
用意してみました。
目とかまゆ毛とかちょっとした細かい模様にいいかなって思ったのですが、
広範囲に渡って使ってくれた方がいまして、思わぬ効果でした。
かなり自由度もあがって楽しんでおられました。 




目と髭(みたいの)がついたり




っとこんな感じでみなさんのをおっかけている間にあっという間に
時間が来てしまいましてとりあえず完成しました!
並べてみました。

ちょっとピンぼけでごめんなさい
猫の集会と


サルの忘年会(なんとなく忘年会ぽくないですか よくわかんないけど。。)





ご参加くださったみなさん 本当にどうもありがとうございました。
とても楽しかったです!!!




●ライブのこと

ワークショップが少し押してしまったので
急いで片付けをして次のライブの準備に。

ライブのほうは
今回初めてやった曲など含めてどのくらいやったんだろう
ちゃんと計ってなかったんだけど、
休憩を挟んでまあまあたくさんやれたと思います。
それにほどよい緊張感を持って演奏できたのでぼくは
とても楽しかったです。どうだったでしょうか。

ライブ中に
としまさと二人で話すっていうことはほとんどないんだけど、
今回はなんかバレンタインの事(オチがないと言ってヤジが来ました すいません)
や、昔の恋人話も出てきたりして
ちょっと面白かったです。

これは前にも書いたけど、当日はライターブルースっていう曲の
演奏中に地震があったりしたのですが、
その時にそういえば、この曲をもう10年くらい前に新宿ロフトでリハーサルしていた時に警察官が飛び込んで来てあの人たちの前で演奏したな とか
そんな事を思い出したりもしました。

最近はほとんど演奏しなくなったけど
初期のタバコジュースの頃は毎回必ずライブで
やっていて、当時はお客さんもとんでる人が多かったから
ステージにへばりついて固まってる人や遠くをじっと 見つめてる人
そういう人たちを見るのも面白かった・
歌詞もすごく好きな曲で、いいよね。 



といった感じで駆け足ですが、
今月あたまのninohiraイベントを振り返ってみました。

それとninohiraの小山さんと代田さんには大変お世話になりました。
このおふたりはタバコジュースの紙に雑誌に印刷されたインタビューとしては
多分最初に取材していただいた方たちなのですが、
そのときのインタビューもとしまさとふたりだったんです。
なのでずーっとお世話になっていますがこれからもまた末永くよろしくお願いします。

それからお店を提供してくださった中目黒topeの若葉さんにも感謝。 
ごはんもお酒も美味しかったです。

ライブのほうはもう次の予定などは無いのですが、
ワークショップやその他何かイベントなどの際はまたぜひ足を運んでいただけたらと
思うばかりです。

寒いところお集まりいただきましたみなさま
本当にありがとうございました!!


2016年2月11日木曜日

ロックの歌詞 ストーンズ


聞いている曲のほとんどの歌詞は
分からないものが多いので、たまに気になると和訳したものを
読んだりしてへえとか思ったりしているんですが、
勉強の意味もあって、時間のあるときに
時々意訳して載せてみようと思っていますが、
誰かに向けてというより ごくごく個人的な趣味と実用で書いているので
まあ適当に流してください。


No Expectations   /The  Rolling Stones

オリジナルの歌詞はこちら
http://www.azlyrics.com/lyrics/rollingstones/noexpectations.html



**************************

駅まで連れていってくれよ
列車に乗せてほしいんだ
またここへ来ることはもうないみたいだ

かつて金に溢れたおれが
いまじゃどん底にいる
だけど、それでも
未だかつてこんな風に感じたことはなかった。

純粋なおまえの心は固く閉ざされ
薄汚い欲のかたまりになっちまった

おまえはおれを置いて去ってゆく
おれの安らぎさえもおまえは奪って行ってしまうんだな 

あの頃のおれたちは
まるで石にはじけて飛び散る水しぶきみたいに輝きあって
それはおれたちが生み出す音楽のように美しいものだった

そうそんな時もあったはずなのに
今はもうそれも無くなった

そう
だからおれを飛行場に連れて行ってくれないか
飛行機に乗せてくれ
ここに居ることはないって もう分かったよ















No Expectations   /The  Rolling Stones


*********************************


ブライアンジョーンズが弾いたとされる
この曲のスライドギターがほんとに美しく、歌詞に出て来る
まさしく 水しぶき のような瑞々しい音色が何度聞いても新鮮でとても好きな曲。

ブライアンが弾いているからという事で
歌詞もストーンズのメンバーに見放された彼を歌っているように
聞こえるとかいう話もあるようです。たしかに。。

男女の歌としてとらえる事もできるけど
仲間から取り残されてしまった男(ブライアン)の嘆きみたいに考えたほうが
より切ないのかな などと考えました。