2017年7月21日金曜日

マニラの思い出

セブパシフィックっていう時々格安の航空券を出す
飛行機会社があって、
今日Twitterのニュースで成田→マニラが9000円とかっていう
情報があった。

うーむ相変わらず安い。
あの時もそうだったそのくらいのチケットで飛んだんだ。

あれから1年半が過ぎたのか 早いな とふと思い出したので
マニラの思い出を少し。


マニラは缶もあったけどまだまだ瓶で飲むビールが勢力を占めていて
そういうところは、ほんとにうらやましい限りだった。。

ビールがおいしい季節になってきましたね。
最近はなるべく瓶で飲むように思ってるんだけど、でもちょっと高いよ!




マニラは ネコがいっぱいいてかわいかった。 
外にも店にもほんとどこにでもいるんだ、ねこ。






マニラ滞在中にギャラリーのオープニングパーティーがあって、
たくさんの若い人たちに会ったんだけど、
人がいなくなってきて
そろそろ帰ろうかなって時にトコトコと女の子が寄って来て
話しかけてくれた。とてもきれいな、かわいい女の子!

あなたの絵が好きだと言ってくれたので どれが好きですか? と聞くと
全部 という。

うわわわ・・ 
罰でも当たるんじゃないかと思いつつ、
ちょっと話しましょうと言って座ったんだけど、
彼女、英語がすっごい流暢でスピードも早いし、
ぼくは全然聞き取れなくって
ごめんなさい、英語は得意ではないんです と言った。
あの時の我らの空気・・
生きててあんなに悲しい思いをしたことはない。(そんなわけないけど)


日本で音楽をやっていた話になって
持って来ていたバンドのCDを見せるとジャケットの絵も素敵だと言ってくれたので
聞く? と言うと うん という。

ギャラリーの奥の部屋に行ってみたんだけど、CDを聞けるものがなかった。
 うーん 困ったな と思って、持っていたサンプルコピーのCDRを
渡すと彼女はとても喜んでくれて、連絡先を交換して別れた。

周りのみんなが She likes you と言って冷やかす
もちろん悪い気はしなかった。
するわけない。

へらへらしながら滞在していたスタジオに戻ると
彼女からメールが来た。
とても嬉しくなるようなメールで、家に帰ったらCDを聞いてみるわ というので
ぼくもつたない英語で返事を送った。

そしてそれが最後のメールになった。

そんなに音楽ダメだったのかな って時々思い返す。。


*********

 
そういえば、その滞在中にレストランの入り口で娼婦っぽい人が
イスに座っていたんだけど、(たぶんそこで客を捕まえているんだと思う)
きれいな人だったのでちらりと見ると目があってしまった。 


やあ みたいな 挨拶だけして
ぼくがそのままレストランに入って行くと
しばらくしてその女の人が店の中までツカツカと入って来て
ぼくを見つけるなり 

ぶわーっと文句を言い始めた。
F◯CK ふぁっく  と言われました。
 (この話も前に書いたかな 最近はいろんなこと、すぐ忘れちゃうよ)

あんな言葉、面と向かって初めて言われて結構ショックだった。
そもそもなぜ彼女がぼくにそんなに怒ってるのかも
全然分からなくって、
連れの人たちにどうして彼女はぼくに対してあんなに怒ってる?

と聞いても
彼らもよく分からないけど、ごめん としか言わなかった。 
 

なんだか妙な思い出ばかりだけど、まあ記憶なんてそういうものだよね。
でもすごく楽しかったよマニラ。
また行きたいな。

2017年7月20日木曜日

ていせい

ここ数日はワークショップの時に持って行くように
粘土に着色してみたりしていて、
今年はずっと色鉛筆を持っていたもので筆で色を塗るのがずいぶん久しぶりだった。
加えて、あろう事かギターばっかり弾いちゃって(なにやってんだ っていう話なんですが。)

でもインスタグラムでちょこちょこ載せているような曲が
だいぶ出来て来たので、(オープンチューニングは曲ができやすい!)
数曲聞けるようなものを作るぞ! となんとなく思ってます。
ギターとピアノのゆっくりなインストゥルメンタルがいいなと思っていて

友人のピアノを弾く女の子がなにせとてもきれいなピアノを弾くので
(もうギターなしでいいんじゃねえか? とか思っちゃうくらい。)
ぼくに嫌気がさして やーめた って言われなければ
いいの出来るかも。

年内には完成させたいけど、どうかな。。

ここ数年聞いているハワイの曲みたいな
風に吹かれ雨に降られているような
そういう雰囲気のものが作れたらいいんだけどな。
いちばんむずかしいね

 ::::::::
この段には
昨日もなこがしんだときのことを書いたんだけど
やっぱり訂正しよ と思ってけしました。

::::::::::::


帰る家 ってなんだろ 絵本のメモだと思うんだけど
ぜんぜん覚えてなくって
帰る家がなさそうなきみ。 
うちにくるかい?   


2017年7月19日水曜日

ねこぐっず

だんだんと近づいてきた
兵庫県シチニア食堂にてのワークショップですが、
あんまり関西に行けることもないので、
ねこのやつらを持って行こうと思っています。

ひとまず、これでしばらくは粘土作り終了です。
やっぱり絵本作ったり絵を描きながら
同時にやるのはなかなか難しいのがひとつ。

もうひとつは買ってくれる方には作る側の都合なんて
どうでもいい事だと分かっているんですが、
量産ものと同じような価格で作り続けるのはなかなかね
気持ちが続かなくなってしまいました。

今後はまた作ることがあっても、
値段高くなってしまいます(例えそれで売れなくても)
もし、ワークショップにいらっしゃる方でご興味あればこの機会にぜひ連れ帰ってね。

このねこたちのおかげでいろんなところに行けたし、
いろんな人に出会えたよ。

ぬいぐるみのワークショップはもうちょっとご予約うけたまわっています!

ひとまずご予約は終了させていただきました。
ほんとにほんとにありがとう・・
 

2017年7月18日火曜日

Begin again

このあいだ登録してみた
映画のサイトで気になって借りてみた
はじまりのうた という映画がとてもよかったです。音楽の映画。

(以下ネタバレないよ)

途中なんどか涙が出てエンドロールになっても
うえうえ と泣けてしまった。
ここが映画館でなくてよかったなと思ったけど、
いつかどこかで再演してくれたらいいなと思う映画でした。
この映画に限ったことではないけど、
最近はバンドの演奏しているシーンや、
真剣に音楽に向き合っている人の姿とかを見ると
なぜかなけてくる。

なんでだろ。

昔バンドをやっていた時はステージにあがると
少ないながらもお客さんがそれなりにいて
演奏すると喜んでくれるっていうのが
当たり前になっていたけど、
年を取ってからバンドをやるっていうのは
また昔とはちがった感覚を味わえるのかな と
最近よく感じています。

そしてあのせめぎ合いから生まれる興奮をまた感じられるのなら
そこにまた戻ってみたいな っていう気持ちになったりして。

今更そう思っても遅い っていう現実が涙もろくさせるのかなんなのか
よく分からないけど、今中学生の時以来
ギターに夢中になっていて、
それも今更遅すぎるけども・・
生きてて遅すぎるってことないよね。 

まあとにかく一度音楽の生活から離れて
よかった。こうしてまた再確認できたわけだから。



映画の中で好みの音楽を分かち合うシーンが出て来るんだけど、
最近よく思うんです。

すきな音楽を分かり合える人っていうのは
同じようなタイミング、テンポで生きてるから
うまくやっていけるのかな って。

例えば、会話。
お互いの話すリズムや相手の声のトーンなんかが
絡まりあって噛み合うと、
ぼくらはそこでまた気持ちよさを感じあえるわけだから。

だからもし、いつかどこかで、ほんとに分かち合えたと感じられる人に出会えるなら、
それはお互いにとっての宝物を見つけたのに
等しいと思う。
それは男でも女でも年寄りでも若くてもね。


そんなことを感じながら映画はおわっていきました。





よかった映画は1本につき1枚ちゃんと描こうと思ってるんだけど、
なかなか時間がとれないな 

などというのは言い訳です。





 ********


少し夜が涼しくなったので
リッキーリージョンズを久しぶりに聞く。
気温が上がってきたらまたしばらく聞けないもの
秋くらいまではとてもじゃないけどね。。
 


2017年7月15日土曜日

クリスポールとか、ポールジョージとか、、

バスケの話なんて書いても
ほとんどの方には何の興味もないと思うけど、トレードが始まって
西はえらいことになってきた。
シーズンの開始が、非常に楽しみである。

小学生の時に
ロードウォーリアーズ というプロレスラーの大ファンになって
中学生で
レッドウォーリアーズというロックバンドの大ファンになって
大人になって
ゴールデンステートウォーリアーズというバスケットボールチームの大ファンになりました。

なぜかゆかりのあるウォーリアーズですが、
ゴールデンステートウォーリアーズの
ポイントガードでありエースのカリー選手は
来季からの契約を、過去最高額と言われる5年200億円で更新したそうです。

出来るだけ長くあのプレイを見ていたいよ。

スケートボードに乗って怪我とか絶対できないだろうなしかし。。

2017年7月14日金曜日

no title

暑くて食欲もないから体が軽い。
久しぶりに量りに乗ったら
高校生のときくらいになっていた。

脳みそはずっと中学生です。





コカインと殺しの映画

昨日夜、ツタヤに行ってみた。

関係ないけど、夜のガラガラな時間に
ああいうレンタルビデオ屋に行くとなんかうきうきしますね。

そこに美人がひとりでいたら更に。
 (しかしさいきんは好きじゃない音楽が爆音でずっと流れててしんどい )

えっと昨日の話です。
カラッとした映画が見たいんだけど、
思い当たらなくて困っていたら
そういえば、家にハングオーバー(酔っぱらいのばか話)の3が
録画してあった と思い出した。
1は面白かった。2は覚えてない。


3は映画開始早々にキリンのあたまが吹っ飛んだので
とりあえずそこで停止ボタンを押したまま
ずっと見るタイミングがなかったんだけど、
昨日はなんかどうでもいいような
笑えるものが見たかったので
借りずに帰るかな、、 と家に戻る。


途中ポテトチップスを買い
家に戻ってドライトマトとベーコンののスパゲッティーを作りながら
缶ビールを開ける。

あーこりゃいいやっと
 ハングオーバーを再生したんだけど、
やっぱりちょっと違う・・
 どうでもいいようなばか話なんだけど、ちょっとばかすぎる・・ 

ということで家にあった他のものを探して
グッドフェローズをみた。
途中眠ってしまい 
朝、嫌なゆめをみて目が覚めた。

やっぱりもうちょっと
ロマンチックなやつにすればよかったのかもしれない。。
と思いながら起きてネコに餌をやった。


さいきんは他に
ヴァージンスーサイズとアニーホールをみました。

アニーホールは吹き替えで見たときは
ダメだったけど、字幕で見たら名言がいろいろ出て来て面白い
ラストの一説はほんとに人生における名言のひとつだと思う。

でもあれちゃんと英語で見聞き出来ないと、ほんとのおもしろさって
半分くらいなんだろうなとも思う。

ヴァージンスーサイズは主役の女の子がスパイダーマンの子だったけど
この映画の中ではすごく魅力的だった。
こうも違うものかなっていうくらい。

***

少し前に映画がすごく好きな友だちと会って
話をしてたら見た映画をメモしておけるような
そういうの出来るサイトがあるって聞いて
気になって調べてみたらいくつかあるんですね。

その友だちの子は600本だったかな確か、 今までに見てるらしいんだけど、
ものすごく見る人には便利なのかな・忘れちゃうもんね。

たくさんレビューを書いてる人たちが登録していて
借りるもの迷ったときに良さそうだからぼくもサイトにいっこ登録してみました。

例えば自分の好きな映画について
共感できるようなコメントが書いてあれば
その人を追って、自分の好きそうなものを見つけられる訳です。
もちろん新作から旧作まで。

自分の好きな映画と、好みがはまるような人って大事。
もちろんばらつきはあるけど、
ばっちり合う人ってなかなか見つからないから。

monaka きみはこれ好きそうだね なんてあったら
ツイッタやらメールやらインスタやらなにかで教えてほしいよ

2017年7月13日木曜日

Kiss The Past Good Bye

最近は外や道でほんとによく人に話しかけられる。
きょうはおばさんで、最終的にうちによってお茶でも飲んで行きなさい
ということになった。

まあ行かなかったけども・・

:::


むかし電話の簡単な工事のバイトをしていて
いろんな家に行くんだけど、
だいたいおばさんとか主婦の人はお茶を出してくれて、
適当な話をして 帰るんだけど、
たぶん前に書いたなこの話。 まあいいや

(過去記事は同じことかいてもいいように時々消してます)


中にはお昼ごはんとか出してくれる家もあって、
その家のお父さんとお母さんとぼくと3人で食べたりした。
断ればいいのに、ぼくもなんかそういう時はついつい甘えちゃうから。

うちの子と同じくらいでしょ ほっとけないのよね。
とお母さんは言ってました。


一度、行った家にはお母さんとその娘、がいて
取り付けの簡単な工事が終ると
例によってぼくは3人でテーブルを囲むことになって、
世間話をした。

彼女はいるの?結婚は?

とお母さんがいう。

うちの子どうかしら?


え??? びっくりした。

多分誰か客が来る度にそういう事してるんじゃないかなと
思うんだけど、
普通にかわいい女の子で
お母さんがむちゃくちゃ言ってるんだろうな と思って
話してみると、特に困った様子もなく話をする。
いわゆるこれはお見合いです。完全な。

お母さんはその儀式に従って
席を外す。

かわいいし、まあいっかと思って話をしていると
どこどこの店で働いてるというので
へえ、、じゃあ今度近くに寄ったら行ってみますよ とか
そんな話をした。

一体全体この家はどうなってるんだろう?
と疑問しか湧かなかったので、もちろんその店には行かなかったけど、
あれからお見合いは成功したのだろうか。。
新手の結婚詐欺かもしれない。だって変だよね どう考えても。



そのバイトは他の人もいろいろ面白い事が多分あったんだと思う。
お酒を出されたから飲んで来たと言って
おみやげに焼酎の一升瓶を抱えて帰って来た人もいた。


もちろん
そんな優しいいい家ばかりでなくって、
ほんとのゴミ屋敷(怖くて、恐ろしくて呼吸できない)
明らかにヤ◯ザの家、

ゲイのファッションデザイナーみたいな人の自宅とか(すっごいおしゃれな家、
当時ぼくはゲイの人に好かれたのでかわいいわね 
またいらっしゃいと名刺もらったりした。もちろんいかない)
とかいろいろ面白い家があった。
 あ、ジャズのレコードをめちゃくちゃ持ってるボロアパートの
おじさんの家は楽しかった。
1時間くらいいろいろなレコード、CDを聞かせてもらって
「まだ行かなくていいの?」「はい、いいんです」と楽しんだ。


よく思ったのは
家に行くとみんなテレビ見てる。
音楽を流してる家なんてほぼなかった。
それがなんだと言われればそうなんだけど、
なんかね、そんなものなのかな。もっと音楽聞けばいいのにといつも思っていた。

えっと何の話だっけ。


 忘れちゃったけど、つまり
最近はよく人に話しかけられるな って話から
ここまで書いてなんでこのバイトの話を書いたか忘れた。すいません・・


はて今日も走ってそのあとはTSUTAYAでまた映画借りてこようかな。


昨日新宿の映画館でとある人におすすめしてもらった映画を見てきました。
その人にはもう伝えたんだけど、ぼくは残念ながらはまらなくって、
映画館に行く前にいろいろあったりして 見る状況や環境のせいかもしれない、
あんまり集中してみれない瞬間もあったりして。

またビデオになったら見てみようと思ってます。
映画なんかは状況によっても結構変わりますよね。
隣の客がうっとおしい とかさ・・ 

映画が終って外に出ると缶ビールを買って
まっすぐ南口の景色がきれいな場所へ歩いた。

映画のことなんかを考えながらぼーっと
見ていた夜景、吹き抜ける風、気持ちよかった



きれいな夜景の足元にはホームレスの人とカップル
新宿ってそういうとこだよな といつもこの辺にくると思う。

そうだったむかしこの辺りでタバコジュースはリハーサルしてたんだ。
あの頃は無我夢中だったけど、メンバーも固定しなくて
何も見えずつらい時期でもあったなそういえば。

そうちょうどその、電話のバイトがなくなって古木材の塗装をし始めた頃
バイトを終えて新宿に向かい
オレンジ、なにもない、2号線 そんな曲をやってた。

当時はメイシーグレイとかルーツ辺りをよく聞いていたから
ソウルだけど、もっとヒップホップに憧れて
自分たちの新しい音楽を作りたくて必死だったよ。




2017年7月12日水曜日

アイロンのすすめ

このあいだ村上春樹さんのエッセイについてちょっと書いてたんだけど、
読み進めていくうちに教育のこととか書いてあって、
不運にもぼくもその後、教育について(まるでレベルの違うくだらない話だけど)
ぶつぶつ書いてしまっていたので、これはちょっと恥ずかしいなと
いま思っている。
なんか影響されたみたいじゃないですか、、

で、なぜこんなことここで今、書くかというと
現在ワークショップのための生地にアイロンがけをしていて
アイロンかけてる時って
すごく心が落ち着くんですよ 

ねじまき鳥か何かの主人公の男の人がたしか
よくアイロンかけてた気がするんだけど、
たしかにそうなんだよな って思いだして。
ただそんなことを書くとますますむらかみ組みたいだから。
もうやめときます。。

スチームにして しゅぱー ってなったりするのもいいですよ。

しかし暑い。。




























ワークショップもう少しお席ありますので
よかったらお越しくださいね おまちしています!!

http://okubohidetaka.blogspot.jp/2017/07/729.html



2017年7月11日火曜日

無題

写真がたまって重くなってきたので整理。
去年かな。
 なっちゃんところな 相変わらずげんき

エレキギター 重い

ひさしぶりにエレキギターにストラップをかけて
肩からぶらさげてみたら、すっごい重かった。

なんだ この重量感。

むかしギター(ベースとかも)ってなんであんな
紐とかベルトみたいので
ぶら下げてるんだろう 変だと思う
と言ってる子がいて、

そのときは、何を言おうとしているのかさっぱり分からなかったけど、
それを聞いて以来、時々ふと、そのことを思い出す。

ぼくなんかが好きなロックミュージシャンっていうのは
服装とか、楽器もクラシカルというか、
ストラップが例え花柄の布みたいなベルトでも
なんの違和感も感じなかったんだけど、
彼女はぼくよりも、ずいぶん若い子だったから
もっと今時のロックミュージシャンの姿をみていて、
そうするとデジタル化した音楽をやってるのに
なぜか、ギターは結局肩からベルトみたいのでぶらさげてる
変なの・・

ってことなんだと思う。
 
デビッドボウイもストラップには疑問を抱かなかったわけだけど、
常識とか感覚が少し違うだけで新しいものはいくらでも
まだまだ作られていくのかもしれない
その子はとても頭のいい子だった。
 
たしかに、ギターを首からかけるという常識は
レコードがMP3になっちゃった 
みたいな大転換が起きてもいいような気がするけど、
いやすでに何かストラップの代わりになってる現代的なものがあるのか?どうか・・
 
それにしてもエレキギターってこんなに重かったかな。



こけた


一昨年のたしか1月くらいに 突如、
オーリー(スケートボードでぴょんとジャンプする技)を
やっぱりやっておきたい!
と思い始めたら
止まらなくなって始めたスケートボード。

あんまり乗る時間もないけど
とりあえず少しでも飛べるようになって、そこ至るまでには
まあやっぱり思いっきりこけたりしました。

もう1年くらい前にぶつけたところも
時々なんだか痛いというか変な感じの時がある。

それでも楽しくて、やめようとは思わないんだけど、
ただそのうち手でも怪我したらえらいことなので
もう無茶はやめよう と思って
以来転んだりすることもなくなったんだけど、
昨日は久しぶりにおおごけして
体がいろいろ痛い。


ばかな話だと思われるでしょうが、転ぶと
思いっきり体をどこかに打ち付けることになるんだけど
その瞬間ちょっとだけ 気持ちよかったりします。
変なの・

けっこう思いっきり転んでしまったので
後ろからおじさんがやってきて ちょっと、大丈夫?? と心配してくれた。
ああいう時なぜ人は はい大丈夫です ありがとうございます と言ってしまうのか
いやー痛いっす とはあまり言えない

ネコが何かを失敗して毛繕いを始めるようなものなのかな。




***********

あるところで会った人に突然、
芸能関係ですか?と聞かれました。

なんでだろ 巻きたばこでも持ってそうなのかなやっぱり。。

2017年7月9日日曜日

駄文

なっちゃんは最近すっかり早朝4時起きになってしまった。
季節の変わり目になると、起きる時間が早くなる事が多いんだけど、
それでもせいぜい30分だった。

ところが今回は通常よりも1時間早いのだ。
ぼくも4時はしんどいので、おいおい勘弁してくれよ 
とまた寝るんだけど、
うえー うあー うええわー
っと
すっごいうるさいので、仕方ねえなやるよ、、 とかぶつぶつ言いながら
台所に向かってご飯をやってまた寝る。

これって二度寝だから完全ダメなやつです
次起きると6時半くらいになってて、
すっきりしないけど、とりあえず起きる。

もともとぼくが5時に起きるようになったのは、
ねこに5時に起こされて、二度寝になってしんどいからだったんだけど、
うーん、、4時はきついですよ なっちゃん、、

なので、なっちゃんが昼寝してるのを見つけると
すかさず行って、起こす
というのが最近の日常です。

そうすれば朝、もうちょっと寝てるだろう って思うんだけど、
それがどうにもうまくいかなくて、こんな顔されます。




全然関係ないけど、新常識を自分のなかで作って
今日から実践中。

当たり前ってことを世の中のみんながそれぞれ持っていたら
世界はどうなるんだろう。
めちゃくちゃなことになるから
教育があるんだろうけど、ねこやいぬや、ライオンもサルも
動物たちはみんな学校教育なんか受けてない。

でも爆弾を作ったり戦争にはならない。

そういえば、ペンギンって浮気をしないとされてるそうですが、
まれにするやつがいるんだそうです。
もちろんオス。

するとメスが寄ってたかってそいつを攻撃するっていうのを
たまたま何かのテレビで見ました。

うーんある意味それがほんとの教育か。
しかし学校ってほんとに退屈だったなとくに高校

とから言ってないでもう寝なきゃ
なっちゃんがあすもうるさい。




2017年7月8日土曜日

七夕の煙

おりひめとひこぼしって
相性がよすぎて楽しくてあそび過ぎちゃって 仕事しなくなっちゃって
一年に一回しか会えなくされたそうです
昨日インターネットで見て初めて理由を知りました。
七夕にモナコも一回くらい会いに来てくれないかな
なんて思ったりするのは理由がちがうのかも
って思ってしまった。


昨日夜、走っている途中で花火が上がった。
その場に腰をおろして見ていたら女性の二人組が 
来た。
ぼくがひとりでつまらなそうで気の毒だと思ったらしく
どうぞ と言って
持ってきていた缶ビールをくれました。
来年も同じ場所でまってます。。

花火が上がるたびにくだらねえなって思っていた迷いみたいなのが
消えていったのでなんとなく清々しい気持ちになり、
お礼を言ってまた走り始めると背中で連発花火があがった
いちばんいい所を見逃してしまった

しかし、おりひめとひこぼしは煙ったくて仕方なかっただろうな。




目指していたら大変だっただろう

ずっと気になっていた 村上春樹さんの「職業としての小説家」
を少しづつ読んでるんだけど、って話を昨日かいたんだけど、
もっと読み進めてたら
また他にも面白い感想をもったので
昨日かいた記事は消しました。

おもしろい というか がんばんないとな っておもうっすね


2017年7月5日水曜日

われわれのすむせかい


先日、エリックカールの展覧会に行きました。
以前にやっていた展覧会を見に行ってアンケートに答えたら
チケットをくれたんです。

いまから考えたらそういう場合、
行ってきて、よかったですよ と書くのが筋なんだろうけど、
そんなこと全く思いつかなかった、そして
もう終ってしまった。
ああ、、ごめんなさい。

また時間があったら感想とか書くかもしれません。
その日はすごく不思議なことが起こったから。




***************



成城学園前から砧公園に歩いて行く途中でゴジラがいた。


これが本物でこういう光景が普通だとしたらぼくらはどういう感じで
生きるんだろう? と想像する。

まあつまりゴジラの映画みたいな世界(ちゃんと見たことないんですが、、)
なんだけど、
もっと普通にこういうやつが、時々歩いてて人と共存してる世界。
ネコや犬が歩いてるのと同じように。
作っても作ってもスーパーマーケットはぶっ壊されていくから
みんな地下に店を作り始めて、外は自然豊かな大地がひろがる。
けど、地下に住むのは暗いから嫌なので、かといって壊されても困るから
家は建てず、だいたいがテント暮らしになる。

ゴジラが歩いてきたら
うおー来た でかいなあ といいつつ酒を飲んで盛り上がる 
写真の女性のように
「きゃーゴジラよ すてき!」と言って駆け寄って行ってふみつぶされたり・・

とかそんなことないか。どうなんだろう。

そもそもゴジラは何に対して怒って、物を壊すんだろ 
わりと好きなビルは壊さないようにそっと通りすぎたりしないのかな。 

うーん 映画見たほうがいいのかもしれない。










いつかわかりあえるさ。ぱおーん

 


ぬいぐるみのワークショップご予約もう少し大丈夫です!
ほんとにみなさんありがとうございます。
最近の生きる支えになってます(おおげさじゃなくほんとに。)

M
 
https://okubohidetaka.blogspot.jp/2017/07/729.html




2017年7月3日月曜日

きょうは飲んだ帰りに
somewhereとマットデイモンが火星に行く映画かりたよ これはどっちもいいだろきっとね




追記

いまこの記事を見て思い出した 昨日、映画借りたこと。
飲み過ぎ注意。

7/29(土)ねこのぬいぐるみワークショップ ご予約開始しました。


久しぶりのぬいぐるみワークショップのお知らせです。
 
 




作るもの】 猫ぬいぐるみ 

【日時】7/29 (土)17:00開始(2時間程度) 17時少し前にお集まりください。

【場所】
 宝塚市清荒神 シチニア食堂 http://sicinia.blogspot.jp/  tel 0797-20-0714


あたらしいこと

最近は吉祥寺にあまり行かなくなったので
すっかりおみかけしなくなったんだけど、
楳図さん漫画家の、

散歩してるとよくいらして、同じ日にこちらも散歩していると
吉祥寺内の違うところで二回  出会ったりすることもありました。

いつも散歩してるからきっと、いろいろ思いつく事とか
あるんだろうなと想像する。

確かに散歩したり、ジョギングすると頭の整理が出来たりするので
混乱したり悩むとその回避にも有効です。

昨日から突然暑いので
今日は走ると危ないので朝少し散歩してみたんだけど、やってみて面白かったのが、
お金を持たずにスーパーマーケットを物色する というもの。

すごく安いトマトや、アジ フライなんかを見て うわ いいな と思うんだけど
買えない。

ビールのコーナーに行ってああ今日は暑いし、ビールでも飲みながら帰るか
と思ってもできない。


ううおれはなにも出来ないんだな 時にどうしても叶わないことってあるんだよな
こういう事もそのひとつだ 
などと
おもいながら悲劇の主人公になる。

そして今度はお金を持ってスーパーに行くと
まあだいたい欲しいものが買えるという喜び。

こうして書いてみると何が面白いんだよ って言われそうですし、
その通りだと思う。


:::::

なかなか歩いてくれない犬(だってすごく暑いから)がいて

飼い主のおじさんが 「頼むよ 歩いてくれよ」
と言ってチーズ(みたいな棒っきれのおやつ)をたくさんあげていた。
犬はきゃんきゃんと喜んでたべていた。

もっと年取ったら犬を飼って散歩するのも悪くないのかな。
どうなんだろう・・






ひとりごと

エンドレスサマーはダメだった。 
2とまとめて借りようとおもったけど、やめておいてよかった。

昔の名作は時に、むずかしいです。

2017年6月30日金曜日

no title

恋するバルセロナ みた

おもしろかったよ

さいきんはいい映画にあたってる

2017年6月24日土曜日

ごーとくじ




*******

いつもお世話になっている高橋徹也さんが絵本が終ったみたいですねと
誘ってくれて遊びに出かけました。

高橋さんは人生初の昼ビールを堪能したいとのことで
ぼくのバイトが終ってから暗くなる前に下北沢の駅で待ち合わせをした。
ところが急きょ
高橋さんがいいところがあると教えてくれた。
その場所は豪徳寺。 

あら おれ昔住んでました というと
じゃあやめよう というんだけど、
もう何年も降りていないので、 いきましょう!と
小田急線に乗り込んだ。


豪徳寺は保育園から小学4年の2学期まで住んでいて
そういえば、むかし付き合った彼女もしばらく住んでいたことがあった。


小田急線の工事があってからは一度も降りたことがなかったし
前回行ってからは20年くらい過ぎている。
駅に降りてまずがっかりした。

なんだこの風情のない駅。 
そのまま改札を出て目の前にあった
同級生の家だったヤナセパン屋は熱烈チェーンのラーメン屋になっていた。

左に行くとあったモスバーガーでは子供の頃はよくテリヤキバーガーを買った。
そういえば
当時小学3、4年くらいだったか、
ひとりでモスバーガーを買いに行った夜の事、
モスバーガーはまだ開店したばっかりで働いてる人たちもすごくやる気があった。
(じゃなくてもずっとやる気はあったと思うけど)

店の中は盛り上げムード満載でキャンペーンか何かでくじ引きをやっていた。
ぼくはくじ運がとても悪いんだけど、
なぜかその時に限って2等、モスバーガーマグカップが当たってしまった。
 うわ、、

店員のテンションはマックスに上がり、

ベルを鳴らしたり おめでとう! と大騒ぎするたくさんの声。ベルは鳴り止まない。
うれしさよりも はずかしくて、
ひとりだし、そんなに大騒ぎしないでくれ と思いながら
マグカップとテリヤキバーガーセットを受け取った。 


話がそれた 

そんなモスも無くなっていて、商店街が並ぶ登り坂はおしゃれな店が並び
かつての豪徳寺の姿はどこにもなく、
しいていえば、昔の下北沢のような。そんな町になっていた。

通っていた剣道場もなくなっていて
かつて通ったその入り口の前にはおしゃれなコーヒースタンドがあった。 
斜め向かいにねこ風呂と呼ばれていたネコがいっぱいいた銭湯だけは
変わらずあったみたいだった。

そんな坂道を抜けてもう少し歩くと
豪徳寺。

まねきねこがものすごかった! 
ものすごすぎてこわかった!
すごい光景なんだけど、こわくて写真にとれなかった 


怖い と言うと高橋さんは ネコ好きなのに、、 とショックを受けていて
少し悪いことをしてしまった。

中をあるくとおばあちゃんたちが座っている
ベンチの横が空いていたのでそこに腰をおろし、
向かう道すがら高橋さんが買ってくれた缶ビールを開けた。

絵本ができたお祝いにと。小さな乾杯をしてくれた。


賞がとれればいいんだけどな、いいのは出来たと思うけど
うーむ、、なかなか難しそうだな。
 
その後下北に移動してから店に入り高橋さんは人生初の昼ビールをおれのような
ろくでなしと堪能した(はず)。

高橋さんのアルバムは順調に進んでいるようです。





2017年6月13日火曜日

2017年6月8日木曜日

カーラボノフ

近所の楽器屋の前で少し考え事をして立っていた。

いろんな事を考えてぼーっとしながら

店の外に並ぶギターを見る。

入門用かなにかのエレキギターが置いてあって値段は12000円
 これが20本あっても1本120000円のギターにはかなわないんだな。

とか思う。

気づいたら店の外に置かれたスピーカーから
いい音楽が流れていて
いまの季節に気持ちのいい女性シンガーの曲だった。

キャロルキングみたいな少し薄い声量に
アコースティックな演奏。
そのまま帰ろうかな とも思ったけど、
風に乗って外で聞こえてきた感じがすごくよかったので
少し進んでからやはり引き返して
お店に入った。

「あの、すいませんこの音楽は何ですか?」

店の主人はいつも入って行くと笑顔なんだけど、
買わないととたんに顔が変わる。

今日もそのパターンで、まあ 店だから仕方ない、
それに突然そんなこと言われて少しとまどったみたいだった。

主人は あー カーラ(にゃにゃにゃ)だよ と言った。

うまく聞き取れないで カーラ・・ とつぶやくぼくに
これ と言ってCDケースを見せてくれた。
70年後期〜80年代初期だとおもわれるジャケット

見せてもらってもいいですか?と手に取って眺めていると

「今でもいい声で歌ってるよ」

「そうですかありがとうございます。」 

弦でも買えばよかったかなとか思いつつ店をあとにした。
(でも、ラップスティールの弦ってあんまり売ってないです)


そのアルバムは77年に発表された カーラボノフという人のもので
タイトルもカーラボノフだった。

好んでよく聞く音楽の種類だったので

まるで聞いたこともない名前に まだまだいるんだないい人 
とすこし嬉しくなって今、聞いてます。


いい音楽に出会えると心がおちつく歌詞は寂しい歌が多いみたい。

愛してる あいしてるけど、またさよならするのよ 


youtubeでも聞けるからご興味あったら探してみてね。


 これを書きながら
改めて80年中頃までは音とジャケットで時代が分かったんだなあ とおもう。

もうすぐ2020年だけど、おれはなにやってんだろ。
よくわからなくなってきたな なんかいろんなことがよくわからないよ。


とか書いてたら猫がベランダに飛び出して
隣の家に行ってしまった。
おーい 










2017年6月3日土曜日

2017年5月29日月曜日

わたしのせかい


前にペンギンの飼い方の本を読んだけど

ペンギンってけっこう凶暴で臭いらしい。
 
通勤電車に乗ってこられると困るタイプだ。

むかしバンドのツアーで遠距離バスで大阪に行ったときのこと。
メンバーの◯◯◯◯が酒を飲んで酔っぱらって
大騒ぎで車内に乗り込んだ。

バスの中には屈強な大男が4〜5人いて
どう見ても彼らはプロレスラーのようだ。
酔っぱらいは気づかずにわめいていたので
レスラーにやられる前にぼくらで彼の首をしめてあげましたので
ゴングはならず、リングアウトする者もなく
バスは無事東京へ到着しました。














2017年5月24日水曜日

森道市場の2日間



 愛知県の海沿いで行われた森道市場という音楽フェスイベントに行ってきました。
行く事になった経緯はこちらを。http://okubohidetaka.blogspot.jp/2017/05/2017.html
 
行きは車に友達何人かと乗って高速道路を走った。
数年前に嫌になる程やってたそういう事も、時間が過ぎると
懐かしくて、サービスエリアに降りるとなんとなくウキウキしたりして、
こういう生活もやっぱり悪くないな などと思いつつ
長い静岡を過ぎるとあっという間に会場のある愛知県に。



天気予報によると現地は土曜日が大雨との事でしたが、ぼくらが到着した
午後には雨もあがり、14時から始まった吾妻さんのライブも無事見ることができた。

歌詞も曲も暗いわけじゃなくどっちかといえば
明るい にも関わらずこの人のライブを見ると
なんか涙が出てきて、それは自分のような人間に歌ってくれていると感じるからなのか。
この日のライブもすごくよかった。
もっと大勢の人が集まればいいのにな。



ライブが終るといよいよ本来の目的を達成すべく、
テントに戻る。

写真は二日目のものですが、
誘ってくれたシンボパンテントにて、こんな感じで販売をしていました。





陽が落ちてもお客さんの足はとどまることはなく。




幸運にも初日に持って行ったものの半分が売れてしまったので
明日はネコの絵を描こう かな などと考えて就寝。
夜は花火があがっていました。



 翌日おきて会場内を散歩していると
車に犬がつながれていました。 

笑い泣きってやつですかねこれ。



2日目は 「ネコの絵かきます」 

大部分の写真を撮り忘れてしまいましたが、
予想に反して随分多くの方が足を止めてくれました。 

「みなさんの飼い猫など 写真をぼくのほうで保存してから描きます
 10〜15分で お戻りくださればお渡しします。」

 といった感じです。

さすがにみなさん 出してくる写真がほんとにかわいい 
描いた画像が残っているものと一緒にすこしだけご紹介します。 

下書きなしの一発描きなので
異常な集中力でけっこう大変でしたが。。いいかんじだったとおもいます




































ねこ?




あ、最後人間がいました。
ぼくは中学くらいから
授業の暇な時間に先生の顔を描いては
友だちに似てるな! と笑われていたので
似顔絵って不得意ではないと思うんだけど、
満足してもらえるか分からないし、
第一、面と向かって 描くのはそれなりに抵抗があります、、
じっと見つめないといけないから。

なので基本的にやらないけど、彼女は
バンドの頃からお世話になっている子だったから6秒くらい見て
がんばって描いてみました。

似てるかどうかはしりません・・


このような感じでこの日は売ったり描いたりでばたついていましたが、
ネコグッズほぼ売り切れとなりまして、本当に感謝の気持ちだけを胸に
帰路へつきました。

またどこかで出来るといいな って思っています。




会場でご購入くださった方、会えた方、久しぶりに会えた方、
とてもうれしかったですありがとうございました。




 ***************

6月から東京吉祥寺のモモカレーというカレー屋で
グループ展示に 誘ってもらいました。

そのときはまたネコ雑貨すこし販売します。
ご興味ありましたらぜひ、詳細は追ってまたこちらでもお知らせします。



**********************






絵本順調にすすんでいる





2017年5月19日金曜日

犬も美しい


このあいだ 愛知県にいた犬 車の留守をまかされている。

 


留守番はまんざらでもなく楽しいらしい。





犬ってさ、首輪ってされていると落ち着くのかな

首輪に注目してみていると悲しそうに見える。






2017年5月17日水曜日

花が咲き、散る


花が咲き、ちょうがまう 

季節がかわりギターはうまくなったかい?

ホームページのようなもの

http://aoimonaka.portfoliobox.net/

以前まで使っていたtumblerの仕様が変わってしまったために
新しくホームページを作り直しました。
少しづつ更新していきます。

2017年5月12日金曜日

2017年4月30日日曜日

楽器がふえた たこ焼きやいた

ギターのチューニングを変えるのがめんどくさいから楽器がふえて
だんだん音楽室になりつつある最近。
ついにレギュラーチューニングの楽器は部屋からいなくなってしまった。



少し前に届いたギター。
この人の名前は
あおい にしようと思っていたけど、
オアフっていうもともとのすばらしい名前があるから
やっぱりこいつの名前はオアフ。ハワイのオアフ

やっぱりエレキギターは
アンプに通さないといけない。
ボリュームを絞れば、一応部屋でも鳴らせることが分かったので。  
VOXアンプを作業場に出す事にした。


当初フェンダーベースマンというアンプを出していたけど、
VOXアンプはリバーブがついているので
こちらに変更。

オアフもひざに寝かせてスライドバーを持って弾くギター。
1940年代に作られたというだけあって
アンプを通さなくてもけっこう鳴る。

ボリュームノブが邪魔なので
取ってしまったのと
ピックアップが手にあたって痛いので
テーピングがしてある。

ただひたすら一人で弾いてる。楽しくて仕方ない。




もうけっこう前のことだけど、
ワイゼンボーンとスパークリングワインをもって 
タバコジュースのとしまさの家に遊びにいって
一緒にスケートボードに乗ったりしてあそんだ。


今年の9月で吉祥寺のスターパインズカフェが
20周年。
タバコジュースやってよ とお店のみんなが言ってくれた。

高橋さんのライブでコウスケに会ったときも
としまさともその話をした。

みんな今もバンドを愛してたよ、でも
それぞれの生き方っていうものがあり愛し方というものがあるから
むずかしい話なんだとおもう。
 
新居になってから家に行くのは初めてで、
としまさとまともにゆっくり飲むのも何年ぶりか。
たぶん昔吉祥寺に住んでいた頃以来くらいだから
もう10年ぶりくらいかもしれない。
 バンドの頃は打ち上げとか、ミーティングとかなんとなく飲んでたけども。

 この日はむかしのように
ただ、ただ 酒を飲んでしゃべった。



とにかくたくさん飲んで最後はたこ焼きを食べた。

何を話したのかはあんまり覚えてないけど、
時計を見るともうすぐ終電だったので帰るよというと
じゃあ1曲弾いていきなよ というので(ふつうにおかしい話だけどね)
一緒に何曲か録音して
それを聞きながら飲む。

ここがいまいちだったからもういっかいやろう 
 と言って
録音する。

聞きながらいいねえ とか言いながらまた飲む。

最後は居眠りしながら録音していたので
あんまり覚えていないけど、
面白かった。

そろそろ寝ようかと時計を見ると
始発の時間だったから
電車に乗った。




ベビースターのたこ焼き けっこうよかった
 もんじゃ みたいでね。


2017年3月28日火曜日

もなこギター



ラブリーもなこがついに日本に上陸した模様。
まもなく。

2017年3月24日金曜日

高橋徹也さん






少し前の事になりますが、
ミュージシャンの高橋徹也さんの物販用CD-R用に付随する
ポストカード、イラストデザインのお話をいただきました。

ほんとにいつもぼくの描いたものを
たくさん使っていただいていて、感謝の気持ちでいっぱいで、、
うまいこと言えないけど、とにかく、 高橋さんありがとうございます!

それで、そのCDRを持って遠征へ出た高橋さんが東京に戻ってくると
おみやげがあるからとお誘いいただき
いつもの吉祥寺のモモカレーで久しぶりごはんを食べてきました。
その時に
山下清の本をいただいてしまったんだけど、
本人の文章とイラスト本。

何年か前にタバコジュースのお客さんに山下清のポストカードを
もらって以来、好きな人だったのですごく嬉しかった。

印刷のあがったポストカードも
 一緒にいただいた。

描きかけた絵の画像を見て高橋さんがこれにしましょう と決めてくれた
1枚もあります。

ポストカードの用な形になって
同じ机の上に戻ってくるとは何か不思議な気もしますが、
うれしい。


来月の7日には同じく吉祥寺のスターパインズカフェにて
曽我部さんとのツーマンライブがあるようです。
これもたのしみ
 http://ameblo.jp/tetsuyatakahashi/ 

 **********

ここ最近は
外出先で飲むことが多く、帰宅して眠るのが深夜であったり、
眠ってしまって終電を逃して朝まで過ごしたり。
(あんたいくつだよ っていう話なんだけど)

もう2年か3年くらい続けて来た
夜10時に寝て朝5時に起きる生活からかけ離れた事を
繰り返していた。

夜も遅くまで起きて仕事をしていたりして、
気づいたら心と体のバランスがめちゃくちゃになっていたようで
睡眠が浅く、食も細くなり
ただやせていく みたいな時をいま過ごしています。 

これは陰うつなロックスターみたいな おれをかまってくれ 的な
つぶやきではない。
でもなかなかやばいなっていう状況になってきたので
よくねよう!

またよくわかんないおわりですいません



2017年3月6日月曜日

こげつかないおなべ


フライパンがもういよいよダメになってきた。
あのテフロン加工ってやつを使ってるんだけど
また買わなきゃなってどんなのがいいのかなって探してみたら
テフロン加工って発ガン性物質があるとかないとか。

詳しい事も知らないで書くとよくないけど
熱を加えた時点で溶け出すとか安全に決まってんだろ
とかね そういう記事をいくつか見たり
あと単純にすぐダメになって買い替える消耗品を使うというのは
あまり好きな行為ではないので
鉄のフライパンを買ってみようかなって思っています。

火を使い始めた頃の原始人ってこげつかない鍋ねえかな とか思ってたのかな。
火を使い始めて何百年経ったのか知らないけど
原始人よ われわれはいまだそういう悩みを抱え、生きているよ。


























2017年2月17日金曜日

プラバンのワークショップ  立川にて


先日は東京立川のシンボパンというパン屋さんのテーブルをお借りして
プラバンで作るアクセサリー というものやってみました。

そもそもこちらのお店のショーケースにあるパンの
値札みたいなものを
1年ほど前に
プラバンで作ってみたことがあって、
 そのときに
あ、もしかしたらプラバン面白いかも と思って
今回はその意味もあってシンボさんのお店で開催させていただきました。


初めてのプラバンだったので
どのくらい作れるかな っという思いもありましたが、
この日はご参加もお二人だったという事もありなかなかスムーズで
 ピアスのパーツやブローチなど完成しました。 


 図案からお好きなものを選んで
トレースしたら
好きな色で塗ってみます。
(今回はお二人とも色鉛筆でした。)







えー、、今回もまた写真を撮り忘れてしまいましたが、、
この後トースターで焼いて、樹脂を塗って 
といった作業の後完成しまして、
自分でいうのもなんだけど、なかなか面白かったです。

それに加えてご参加お二人だったのでゆっくり話をしながら
出来たりもしたので
ダイソーで買える便利グッズなども教えてもらったりしてしまいました。感謝・・・

お二人でワークショップのあとに買い物に行かれていたりしたようで
そういうのがあるとなんか嬉しいですとても。
まあとにかく女性はフットワークが軽いというか、男同士ではなかなか
そういう事って難しいと思うんですが、いいっすね。


次回はまだ予定がないのですが、
またの開催の時にはぜひ! おまちしております。

**********


粘土で作った猫の置物(箸置き)をシンボパンにて
ただいま販売中です。期間限定でおかせていただいているので
(2月いっぱいくらいまで。)
お近くの際にはぜひお店に立ち寄って 実物をぜひ見てほしいなって
思っています。
とってもキュートですよ 

粘土もとても楽しいのでワークショップで作れたらと思うのですが、
書き写したり といった作業がなかなか難しいため
悩むところです。




この日は 
ワークショップが終わってから日頃お世話になっている
高橋徹也さんが立川まで打ち合わせでお越し下さいました。
立川は町田っぽい っていう話を聞いて あーたしかに。

これはかなり限定された 話なので申し訳ないんですけど、
東京と神奈川の間くらいに
町田っていうとこがあって、ぼくが通っていた高校が割に近所だったので
よく遊びに行ってたんです。

あの頃、町田のけっこう年上の女性に本気で恋をしたなあ 
高校生だから相手にしてくんなかったけど 

などといった
どうでもいい話で今回のワークショップ情報は終わりにします。

ありがとうございました。


2017年1月29日日曜日

しばいぬ

今住んでるところに越してきた時、近所に犬がいた。10年くらい前のこと。

そいつは柴犬でとにかく番犬としては最高の部類に入る犬で
ぼくがその家の前を通り過ぎるとそいつの視界から消えるまで
まあ それはものすごい声で吠え続ける。
誰が通っても同じようにバカみたいに吠える。

当時はバンド活動も頻繁だったから
真夜中に通ることもあったし、明け方飲んでかえってくることもあった。
だけどどんな時であろうと
とにかく狂ったようにまた吠える。

飼い主もたまったものではない。
うるさい! と窓から声がする。
しかし犬は悪いわけではない。だって番犬なんだから。
もちろんおれだって悪くない。 と思う。 

ぼくはあんまり犬に吠えられたりすることがなかったので最初は
それなりに悲しかったけど、あまりにも毎回吠えるので
いい加減におまえはおぼえろよ ばかやろう と

だんだん腹が立ってきて
何度かわざと長い時間その家の前に立ってやったことがある。
当然吠える ざまあみろ 疲れるだろ と思いながら
おれに吠えるからこういう目にあうんだ などと
思っていた日もあった。

ある日の真夜中のこと 
ぼくは原付バイクで帰ってくるとその家の前で思いっきり転倒した。

道は真っ暗で かつ、たまたま工事中だったらしい
道路にでかい穴が空いていたのだ。 

ものすごい音でこけたものだから
犬は当然出てきてものすごい声でまた鳴きわめきはじめる。
ぼくも足から血がでていて痛くて動けないから
倒れたバイクのエンジンはうなりをあげたままだ。


家の人もたまらず出てきて
あんた何やってんですか!? と言うがこっちだって相当つらい、痛い。
「こけただけっすよ! それよりねおたくのわんちゃんがね うるさいんっすよ!」 

以来、ぼくはだんだんその道を通るのを避けるようになっていった。


::::::

今日久しぶりにその道を 通ったら
あの柴犬 まだいた。

あ、あいつだ。
 少し太ってるな。 そしてこちらを見ても吠えることなく
つぶらな瞳はうるうるしている。

 なんだよ 吠えろよ 元気でいろよ ばかやろう と思いつつ家路につくのであった。







2017年1月5日木曜日

ハンコワークショップのこと



 
もうだいぶ過ぎた事ですが、2016年末に立川シンボパンにて
ハンコのワークショップを行いました。
この日はいつも持って行って写真など撮っているipadを忘れてしまったため
 お店のシンボさんにiphoneをお借りして数枚だけ写真とりました。

なのであまり多くないですが、
この日の事、少しお伝えします。

 今年は酉年という事で
年賀状用に鶏といつもの事ながらな猫と、たくさんご用意しました。

写真は、みなさんすでに転写して彫って 試し押ししているところでしたので
途中経過などは無くて申し訳ないのですが、こんな感じで進行中です・




今回はいくつかのハンコのパターンを組み合わせて作る図案も多く準備しました。
体と羽とか。




目と口も別々とか。 いろいろな組み合わせを使って作れる楽しさもあったかな
って思います。



色の組み合わせになやむよ・・


自分で好きな絵を描いて彫って押すのもまたたのし  です。



今回撮れなかったけど、おやつ休憩にはお店で焼いた猫のクッキーを出してもらいました。



以上 異常に簡単なリポートで心が痛みますが、年末のハンコワークショップの事でした。
ご参加くださったみなさん本当にありがとうございました!!
年賀状押したりできたでしょうか。



::::

結局昨年はワークショップも数える程度しか開催できなかったので
今年はもう少し出来るようにがんばりたいな と思っています。
ご都合つきましたらぜひご参加ください!


というわけで今年最初のワークショップは最近ずっと作っている
プラバンと樹脂のブローチもしくはアクセサリー
みたいな事やろうと思っています。
なかなか面白いと思うのでみんなでかわいいやつをつくりましょう。




 詳しくはまたお知らせいたしますが、
場所はプラバンをやるきっかけになった立川シンボパンにて
2月上旬〜中旬あたりの週末を予定しています。

 2017年もよろしくお願いいたします。