Monday, June 18, 2018

テレビとラジオをつけず、インターネットも見ないと
自分とまわりの環境しかわからないので、(あたりまえだけど)
関西で今朝おおきな地震があったと知って驚いた。

ツイッターで友人の何人かは無事である様子を発信していたので
よかったけど、関西でお世話になっているみなさん無事でしょうか。

 

Friday, June 15, 2018

ちかづいてきた

いよいよ個展が始まるまであと1週間というところまでやってきました。

展示の仕方など、頼りになるテラ(Tくん)に相談したりしているけど
当日設置してみないことには と まだまだ気が抜けません。

50号というすこし大きめの絵を描いてみて
大きな絵を描く楽しさを思い出しました。

バンドのジャケットの絵を描き始めた頃は
なぜか大きい絵ばかり描いていたからなんだか不思議な気もするけど、
筆の運びとかなんとかそういうことを意識しはじめると(決してそんな大層なものではないんだけど)大きい絵の難しさを感じたりする。

逆に小さい絵に戻るとあまり細かいことが気にならなくなったり。

絵を描いていたら
もうすこし大きい国に行きたいなと思うようになった。




Tuesday, June 12, 2018

紹介記事のこと


美術の窓、月間GALLERYという美術雑誌でそれぞれ
あおいもなかを取り上げてもらいました。

と言ってもそんな大層な話ではなく

美術の窓 は毎年春に新人特集みたいなことをするらしく
そこでいくつかの銀座のギャラリーからひとりづつ今年の推薦新人作家 という人を
募るのだそうです。

ぼくの個展が決まって数日後、たまたま画廊を訪れた際に

「新人特集っていうのがあって、あなたを推薦しようと思うのですが、
いかがかしら」 とオーナーの竹内さんに
言ってもらい、「はい!それは喜んで!」と。。 

しかし新人と言っても、、ぼく若くないんですけど、、

いやしかし、美術の世界はすばらしいところでして、
今回45才まで新人で扱ってくれるのだとか。


80才から突然すごい絵を描き始めるおじいさんとかいますし、、
音楽の楽器演奏と違って、ある程度 絵というのは誰にでも表現できるものですよね。
ぼくもまともに描き始めたのは40とかからですし、新人がんばろう。

しかし、tobaccojuiceのときもそうだった。
期待の新人として大きく取り上げてもらったな・・(遠い目)
ずっと期待の新人 そろそろやめたいよな うむ、、 
今度こそは! 


盛り上げておいてなんですが、その号の美術の窓 
いろいろな分野から美術の新人がとにかくものすごい数とりあげられています。
なので、ここにおおげさに書くようなことでもないんだけど、、

ただね、推薦してくださった竹内さんには
本当に感謝しています。誰かに褒められたり、認めてもらえるというのは
いつどんな時でも嬉しく勇気みたいなものをもらえるから。

こんなに素敵な推薦文をいただきました。
_________________

あおいの絵には、観るものに物語を想起させる魅力がある。 色鉛筆や絵の具、ジェッソなどの画材を多用して描かれる世界には優しくやわらかな風が吹いている。 まず物語が生まれ、絵が添えられて世界が広がる。 ミュージシャンでもある彼の感性の実りに期待したい。
美術の窓より抜粋
__________________


それからもうひとつ
月間ギャラリーという雑誌。
こちらについてはいつ出ているのかちょっと分かりませんが
個展の紹介をしてくださる ということで
電話で簡単なインタビューを受けさせてもらいました。


どんな風に描き始めるのか とか
自分が絵で表現したいことは何か。 
意識してはいるつもりでも、改めて誰かに聞かれて話すと
そうだったんだな とか
誰かはこんな風に感じてくれるんだ と再確認できたり。
それは作品制作していく中でも そうだな、よし! 
と自身が噛み締められる とても貴重な瞬間でもありました。

美術の世界は全くわからないのでなんとも言えませんが、
きちんとした専門誌に、載せてもらえるというのは
どんなに小さくてもとても大きな励みになりました。

率直にいえば、もっと評価されたい だからまたがんばろうと思う。

個展は今月23(土)〜30(土)まで銀座煉瓦画廊にてです。

詳しくは












あおいもなか個展「Love Letter」

個展のことを書かないといけないと思ったまま
日々すぎてしまい、このままでは終わってしまいそうな気がしたので、
きょうこそ!
というわけで

久しぶりに個展を行います。のお知らせです。


あおいもなか(おおくぼひでたか)個展 「Love Letter」

6/23(土)〜6/30(土) 銀座煉瓦画廊
(オープニングイベント時以外の入場料等は発生いたしません。)



◯開場時間について 
 
初日の23日は設営の都合、17時に開場します。
翌日からはすべて11時からの開場となります。

◯閉館時間について 

19時までとなりますが、24(日)、30(土)は17時までとなりますので
ご注意ください。

◯イベント 
「あおいもなかの世界」と題して
オープニングライブイベントを24(日)夜19時より行います。
詳しくはこちらのリンクからご覧いただけます。
楽器演奏と絵を描いたりします。




個展が決まってからチラシを作ったりしなければ!
と準備をしている中で、自分のコメントのようなものを書いてみました。

しかしながら作るハガキサイズのものには文字情報量が多すぎてしまい
あえなく却下 となったまま今にいたっていますが個展のいきさつも
わかるかなと思いますので掘り起こしてきました。

うーむ 日付をみると4月でしたので妙な気分ではありますが、、
気持ちは変わらずですので、読んでみてください。



あおいもなか展

「Love Letter」

昨年の暮れに ブラジル料理を楽しむクリスマスパーティーで
ぬいぐるみを展示しませんか?というお誘いをいただく幸運に恵まれた。

長い事ダンボールの中に詰め込まれていたぼくが作った数多くの
どうぶつぬいぐるみたちは久しぶりの外の世界、そして
たくさんの来場者の視線を浴びるその環境を、心から楽しんでいるように見えた。

しかしパーティーが終わる頃になれば、彼らはまたすっかり元の顔つきに戻り
束の間の喜びを抱え、
再びぼくの手によってダンボールの中に押し込められることとなった。

その時にふと、ああ、今年はこの人たちを展示できる機会を
もう少し設けなければいけない。

できるなら個展をやりたいなと強く思った。

それから数ヶ月がすぎたある日にライブハウスでスティールギターを弾くぼくに
銀座の画廊で展示をやりませんか?と声をかけてくれる人がいた。
それはほんとうに突然の降って湧いたような話だった。

少しこわい話かもしれないけれど、それはぼくの思いと
長い間閉じ込められた段ボールから久しぶりに
外の世界を味わってしまった彼らの怨念みたいなものが
合わさって出来上がったなんだかよくわからない「妙な物体」
が引き寄せた幸運のタイミングであったのではないかと思っている。

過去に描いてきた、作ってきた作品はもちろんですが、
今現在の自分の作品をできるだけ多く残したい。
これまでに自分が過ごして来た忘れがたい時間を描けるだけ描きたい
今、本当にそれだけを思って筆を取り、毎日を過ごしている。

そして来たる6月に描き上がった作品、ぬいぐるみ、その他たくさんのぼくの興味のかたまりと共に展示したい。
展示のタイトルをLove letterとしたのは
ぼくのそういった正直な気持ちをできるだけそのまま伝えたいという
ごくごく小さな思いからです。

できるだけたくさんの方に
一度、会場まで足を運んでいただけたらと願って止みません
銀座煉瓦画廊にて心よりお待ちしております。

この妙な物体が消えてしまう前に。
2018年4月 あおいもなか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あおいもなか(おおくぼひでたか)個展 「Love Letter」
6/23(土)〜6/30(土) 銀座煉瓦画廊
(オープニングイベント時以外の入場料等は発生いたしません。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



文章の中で出てくる
声をかけてくれる人 というのが今回オープニングライブイベントでも
参加くださるtotoさん(suika)という女性詩人。https://twitter.com/totonote

かつてぼくがtobaccojuiceというバンドで音楽活動をしている時期に
何度かご一緒させていただくことがあってお世話になっていたんだけど、
今回本当にたまたま、数年振りに出会って、彼女の企画により
個展開催の機会に恵まれました。

totoさんと、もうひとり岡本さんというこれまた凄腕ギタリストの方がいて
ふたりの音楽空間はほんとにすばらしいです。
24(日)のオープニングイベント、
ぜひたくさんの方に来ていただけたら嬉しいなと思います。


今回は
絵、ぬいぐるみをそれぞれ40点ほど計80点 その他にも期間中は
グッズの販売や、ペットの絵描きます なども予定しています。
在廊予定についてはtwitter等でお知らせいたしますが、
期間中なるべくいるようにしたいと思っていますので、お会いできたときは
よかったら声をかけてください。

ぼくも時々展示を見に行ってご本人がいると
あ いた と思いつつ 声をかけるのが畏れ多くて
逃げるということ、よくあるんですが、
逆の立場になると、声をかけていただけるととても嬉しいです。
なのでどうかぜひお気軽に。



  照りつける太陽の元、歩くその先でおれを迎えるのは 死刑台  Down in the willow garden 











ひとりごと

最後のあがきで1枚大きめの絵を描いて個展に向けて描くのは終わりにしようと思っている。
しかし絵がうまくなりたいなっていうのと同時に
朝キャンバスの前に立つと、あーこれ勝手に描き上がってないかなっていうのとで
ばかみたいな気持ちになる。

大きな絵を描くときは気づくと呼吸が止まっているので
きをつけないといけない。
あと、やっぱり体力がないとダメだな と実感する。

しばらくさぼっていたランニングをそろそろ始めなければいけない。

個展のこともきちんと書いてお知らせしなきゃ (とずっと言っているんだけど、絵をかきはじめると ほんとにもうなにもできなくなってしまうのです。)


6・23(土)からです 銀座煉瓦画廊にて あおいもなか個展 「love letter」


Friday, June 8, 2018

絵をかいている

こんな調子で長期間、まいにちずっと絵を描いているようなことってあまりない
個展がおわってしまったら というか
始まってしまったら次にどこで展示できるんだろう と思うと
ずっと始まらないで欲しいようなきもする。そしたらずっと描いていられる。

しかし絵かいたから見てみてー!と言って都心にひとさまを呼ぶってなんか
すごい行為だな と思う。

こどもか?? なんなんだいったい。。

6・23(土)からです 銀座煉瓦画廊にて あおいもなか個展 「love letter」

Thursday, June 7, 2018

「あおいもなかの世界」


個展のオープニングライブイベントのお知らせです


6月24日(日) 「あおいもなかの世界」 出演 あおいもなか(tobaccojuice) toto(suika) 岡本学志 
料金2000円(ウェルカムドリンクあり) open 18:30 start 19:00

銀座煉瓦画廊


ずいぶん前から準備して来たつもりでしたが、きづけば
残り2週間くらいと近づいてきました あおいもなか個展 love letter
内容やいきさつについていろいろ書こうと思っていますが
先にイベントのお知らせです。
6・24(日)の19時から個展のオープニングライブイベントを
totoさん、岡本さんというミュージシャンをお迎えして開催いたします。
(すてきなタイトルはtotoさんが提案してくれました ありがとうございます)

なぜこのお二人なのかということはまた改めて、、
この日はぼくはいつものワイゼンボーンのソロライブ演奏をします。
そしてtotoさんと岡本さんのお二人のライブ演奏時にはライブペインティングをします。

うーん おれおれ でしゃばってるな。。 とは思いつつ
まあ個展という名目なのでなんとか頑張ろうかなって思っています。
トータルの時間は90分程度です。日曜日の夜に申し訳ないのですが、、

たくさんの方におこしいただけると嬉しいです。


ご予約
aoimonakacat@gmail.comまでお名前、人数をお知らせください。
確認次第折り返しのお返事お送りします。
2日中に返信ないよ などあれば、エラーかもしれませんのでご一報ください。



個展の当日までにできるだけたくさん描いて
いいものを展示したいなと思って日々instagramで更新しています。
よかったらのぞいてみてね。





Saturday, June 2, 2018

こまったひと

個展に向けて絵を描きまくってきました。いまもそうです。

紙に描いた絵の展示をするためにはやはり額が必要になってくる
必ずしもそうではないんだけど、まあとにかく
そして、いい額装をすればその絵もまた良さが増します。

いい額装をすればお金もかかるので
絵の枚数が増えれば増えるほど、、 
これはもう悪循環と言いたい。

まあこれ売れれば何も問題ない話なんだけど、絵を売るということを
ほぼして来なかったぼくのような者にとっては、すべていい額装をするのは
なかなか難しい問題です。

だけど、どれも大切な絵だから特定の絵だけ特別扱いするのもかわいそうだなあ とか

考えるともうね破産してしまう。。 わけはもちろんないけど、、うーむ。


昨日引っ越しの手伝いをしたTくんは海外での個展もしていたりして
まさしく売るために日々制作をしていたりする。
ぼくは好きだから描いてるだけで、
自分で気に入ったものなんかはできれば売りたくない。 

ここはほんとに大きな違いだ。

とにかく絵って描いてるときは楽しいけど
今後は展示することも考えて取り組まないといけないのかな とか
思うとなんか売れるかな とかかんがえちゃったり するのかな。

邪心の強い絵というのもいいのかな。


でなんなんだよ あんた という感じなんですが、
描きまくってたまってきたのはいいけど、
展示方法をどうするか うーんお手上げだ という心の叫びを
こんな公にしています。 くだらなくてすいません。

でもほんとに困るよ。
たくさん見て欲しいけどもね・・






引っ越しとかいろいろ

きょうは友達の引っ越しを手伝ってから個展の絵のための額縁を探しにいった。

友達の引っ越しを手伝うのは好きで、たしかに
重労働ではあるけど、なんか楽しくてあんまりきついな とか思わない。

なんだけど、ひさしぶりに重いものを持って階段やら何やらを
往復しているとあっという間に疲れ(というか体力のなさみたいなもの)がやってきた。

考えてみれば、以前に手伝った友達の引っ越しなんて10年以上前だと思う。
当時は重いものを持っても大丈夫だったけど、
今回は正直なところ 途中から、うー 重い、、となってしまった。

筋力の衰えを感じざるを得なかったのと、
もうひとつ、友達の家の荷物に比べて、自分の家には物が多すぎる ということ。

次(いつだかわからないけど)の自分の引っ越しのときに
なるべく簡単にすすめられるように
物をどんどん捨てるモードに切り替えなくてはいけない。

額のことは眠くてなってしまったのでまた次回にかくか。。 


6・23(土)〜6・30(土)銀座煉瓦画廊にて個展あります

Tuesday, May 29, 2018

notitle


5月がもう終わるな。
やみくもに絵を描き続けているんだけど、展示はいったいどういう風になるのか
まだあんまり決まっていないけど、
とにかくその時までにたくさん描いてみたい。

まいにち描いていたら
大きい絵を描く理由が初めてわかった。
いままでいろんな人に聞いてみていまいち納得できなかった部分が
理解できた。

6・23(土)から1週間 銀座で個展をします。











Friday, May 25, 2018

公園商店パークストア 吉祥寺ブックセンター

これ(絵)1枚描いたらブログ更新しよう と思っていたら
夜になっていて できなかった みたいなことばっかりですが、
描く前に更新すればいいんだ! というわけで

えとお知らせです。
吉祥寺パルコB2のパルコブックセンターで今日から公園商店パークストア
というイベントが開催されています。
http://www.libro.jp/blog/pbc-kichijoji/event/post_121.php 

吉祥寺にゆかりのある方々ということで
ぼくも参加させてもらったんですが、吉祥寺の周りに住んでから
もうずいぶん経つな。
ぬいぐるみの本が出版されたときには
一角設けていただいたりして大変お世話になったブックセンターですが、
なんでも、パルコの地下が映画館になるとか・・

今後どうなるのか気になるところです。
映画といえばそんなものここ数ヶ月で1本も見てない。。問題だ。。


そういえば、昨日更新したなかで
襖絵の番組のことを書いたんだけど、その中のひとりの人が
絵を描きながら「 絵描きが風呂に入らないのがわかった。服も着替えないし。
絵を描くのって楽しいな。」

みたいなことを言っておられました。

描き始めると止まらないのは多分お化粧をして途中でやめるわけには
いかないのと同じことなのかもしれません。女性じゃないから
わからないけど。(てきとう・・)

ただ絵を描くのってほんとにおもしろい。
楽器好きな人もずっと、ほんとにずっと弾いてるけども。。


ブローチやエコバッグなど、置いてもらっていますので
よかったら覗きに行ってみてくださいね。
吉祥寺パルコB2のパルコブックセンターで今日から6/10までです。






いろいろ

けっこう前なんだけど、京都の一休さんがいた寺の襖絵を
変えるとかで、漫画やアニメのクリエイターの人が書きおろす みたいな
ドキュメントテレビをやっていた。面白そうだったから録画しておいたものを
昨日と今日でやっと見れた。

近頃は描くばかりだったから
久しぶりに見る(インプットというやつか 日本語だとうまいいい回しが思いつかないな)という行為。 楽しかった。

いろいろな人がそれぞれの表現で
襖に絵を描く。

描く枚数に多少の違いはあるにせよ、3日で終わる人もいれば
数ヶ月かけて描く人もいる。
筆を使う人もいればマジックを使う人もいる。
絵って自由だ
出来上がって行くのを見ていたらなんとなく泣けてきた。

絵(音楽もそうだけど)ってほんとうにいろんな表現がある
ひとりひとりまるで違うし、うまい下手を通り越して
どういう場面でも自分の表現がきちんとできている人は強いなとおもう


来月いよいよ個展があります。
また改めてきちんとこちらでお知らせしますね




Thursday, May 24, 2018

うま

愛するあの子を刺し殺して
ドブ川に投げ捨てた 
血みどろになるまで彼女を殴り続けて
それは恐ろしい風景

というような歌がある。
古い民謡なんだけど、なんでそんな歌。歌い継がれるのかなと思う。

もちろん面白おかしく歌っているわけではないと思うけど
何かの戒めなのかもしれないし、なんなんだろう

絵も歌も流行を描けば
飛びつく若者が多いのかなと思う。だけど
流行りで終わってしまうようなものと、
消えてなくならないものに違いって一体なんなんだろう と思う。


そんなことを考えていたらもうすこし強い絵を描きたいなと思うようになった。

何が強いのかっていうのはむずかしい問題だけど、
よくよく考えて感じてみると
それは作者の意図がはっきりわかるもの であるのかもしれないなとおもう。
もっと描けばわかるのかな。




うまがやはり、すきだ









 





Thursday, May 17, 2018

散文

久しぶりにブログを更新する時間が少しできてきた。

気づけば2月くらいから常に次の予定に追われていて
いろんな人に会って、いろんなものをたくさん作って
販売していたような気がします。

通販も予定していたんだけど、そこまで手が回らず
ただただとにかくやって来る予定と対峙する。
そんな数ヶ月でした。

気づいたら寒い日々が去り、
暑くなって、ぼくにとってとても大事だった人もまたこの世から去ってしまった。

・・・

久しぶりに親戚のおじさんに会いに行くと、

「たか(ぼくのこと)でかくなったなあ」って。

去年くらいも会ってるんだけども、、 
そして

「たか、しんじゃったよ
人なんてあっという間だな」 と言って力なくおじさんは笑った。


なかなか終わること、終わらせることができない気持ちや、想いはあるにしても
その人がやめてしまえば一方的に終わりを突きつけられて終わる。
その瞬間はあっという間だ。

ただ、半分くらい生きて来て、まだ感じたことのないような事を
考えたり、抱えたりしている時間はとても長い、そういう事がまだいろいろあるんだね。
と思う。いついきなり終わるのだとしても。


6月の後半は久しぶりの個展が銀座で開かれます。
1ヶ月、集中して絵を描けるかな。どんな絵を描こうと思うんだろ。



焼き菓子のセット販売とペットの絵描きます


先週末、愛知県で毎年開催されている大きな野外イベント、
森道市場に出店して来ました。 森道市場の3日間
あいにく最終日の日曜日は大雨となってしまい、
近くのスペースに出店していたシンボさんとテントの下、強くなっていく雨を見ながら
何かこの続きをやれたらいいね と話していまして、

シンボパンは焼き菓子のセット販売をするという事でしたので、
ぼくは今回の出店で、ほぼ1日中、ペットの絵を描いていましたから、
期間を限定(5月いっぱいくらいを目処に)しまして
シンボさんの焼き菓子セット販売にペットの絵を組み合わせてみることになりました。


焼き菓子のみのご注文、ペットの絵のみのご注文も受け付けていますが
セットでご注文いただけると嬉しい限りです。

焼き菓子のセットはこちらからお選びください。






「ペットの絵描きます」

水彩紙ポストカードサイズ(透明パック封入)1500円。
プラバンブローチ約4~5cm(表面は樹脂でコーティング、裏ピン止め)4800円。 

画材は色鉛筆を使用します。 
お申込みの際はペットのお名前と画像1枚を添付してください。

複数ペットご希望の場合は単価×ご希望数 となります。
(2匹 1500円×2=3000円)
絵、ブローチの仕上がりについてはaoimonakaに一任いただきますのでご了承ください。

森道市場の3日間 ←こちらでもペットの絵、いくつかご覧いただけます。


モデル



ポストカード



プラバン





ご注文方法

お名前
受け渡し方法 配送(配送代頂戴いたします)or店頭受け渡し
配送希望の方はご住所
お電話番号
ご希望のお菓子セットの名前(お菓子のみのご注文も可能です)
ペット絵ご希望の場合(ペットのみのご注文も可能です)
・ペットのお名前
・ペットの絵仕上がりのご希望 ポストカード or   プラバンブローチ
・ペットのお写真

以上をご記入の上、シンボパンメールinfo@shinbopan.comまでお送りください。

お支払い方法 
・店頭 現金のみ 
・発送 口座振込のみ(追って振り込み先口座をご連絡いたします)

お振り込み確認後、発送準備が出来次第、お送りいたします。
ご注文おまちしております。






以下シンボパンより

こんにちは。
先週末出店していた 愛知県での森、道、市場3日目の日曜日ですが、
激しい雨が降り続け、お店の前が大洪水になってしまったため
午前中しか販売することができませんでした。
たのしみにしてくださっていた方に
お詫びの気持ちを込めて
お菓子と動物似顔絵のセット販売をしたいと思います。
以下、おおくぼさんからの一言と
詳細です。
お菓子と似顔絵のセットがおすすめですが
お菓子のみ、似顔絵のみの ご注文も大歓迎です。
たくさんのお問い合わせお待ちしております。



Wednesday, May 16, 2018

森道市場の3日間

記憶から消えてしまう前に森道市場の3日間のことです。

昨年シンボパンのシンボさんからこういうイベントがあるよと聞いたときに
なんとなく聞き覚えがあるなあ 愛知県のイベントか、、

と振り返るとバンドのライブオファーをその数年前にいただいた事があったイベントで
その時とは場所などいろいろな事が変わっていたけど
楽しそうなものであるのは同じでした。

そして 「今年からはまた外にでるぞ」 という気分でいたので
シンボさんと吉田くんという友人たちと車に乗って訪れました それが昨年の話。

いわゆる音楽フェスではあるけど、
雑貨のお店も数多く出ていて、訪れるお客さんが落ち着いて優しいムードだったから
今年もまた出店できたらいいな と思っていた春先に
お誘いをいただきましたので、今回は日を延ばして3日間の出店、
今回は友人の印刷屋さん会社のみんなと一緒に出店することにしました。

最終日はあいにくの雨がかなりひどく、風もつよかったため
早めに店じまいとなってしまいましたが、とても楽しい3日間を過ごすことができました。

今回はブローチやてぬぐいの販売、キャンドル転写プリントのワークショップ
それとペットの絵描き 
の3つの内容で、いろいろやりながらも、とにかく絵はたくさん描いた。

前回は猫を描きます(言われると犬や人も少しかきましたが)と銘打っていたのですが、
犬も同じくらい、いや猫以上にきっと多くいるので今回は
ペットを描きますへと変更しました。(それでも人も少しだけ描きましたが、、)


猫のみからペットに広げると犬だけにとどまらず鳥、トカゲ、フェレット、
プレイリードッグなどなどみなさん実にいろいろな生き物を飼っていまして、
描くのが非常にたのしかったです。
自分でいうのもなんですが、千本ノック状態で
苦手だった犬もかわいく描けるようになった ような。。気がしています。。 


ライブはやっぱりほとんど見ることができなかったんだけど、到着した金曜日の
UAくらいかな。わりとゆっくり見れたのは。
ステージを見ているより少し離れて海を眺めながら座っていると
後ろのほうから聞こえてくる音楽、それがとても贅沢で心地よかったです。


出店もいいけど、また野外でライブもやれたらなあ などと思ったりしてしまうのは
贅沢でしょうか、、 


さて、
今回も描かせてもらった何枚をここに。
猫は控えめにね、、



























販売物を買って行ってくれたみなさん、絵を描かせてくれたみなさん、ワークショップ参加してくれたみなさん、年に一度ここでしか会えない方も
みんなありがとう たのしかったです。

また来年もいけるといいなと思います。





Tuesday, May 8, 2018

7月のライブのこと

7月の山口くんとすちょりさんとの吉祥寺でのライブは席数が少なめです。
まだ先のことなので、予定もたてづらいかとは思いますが、
これそうでしたらぜひお早めにご予約お待ちしています。

aoimonakacat@gmail.com までお名前と人数を添えてご一報ください。
詳しいことはまた改めてお知らせします。
演奏はぼくが先に始めることになるとおもいます。

7月13日金 吉祥寺モモカレー ライブスタート20時〜 チャージ予約2500円 当日3000円 ともに別途要オーダー 出演 おおくぼあおいもなか スチョリくんとヤマグチくん

Thursday, April 26, 2018

ライブのお知らせです

4・27(金)に パンタスティック2018「プレミアムフライデーライブ」
というものがありまして、
場所は埼玉県大宮のコクーン2  コクーンひろばというところで
夕方17時よりライブ演奏をします。
このコクーン広場というのがものすごくだだっ広いところで
え、そんなとこでライブするの?
っていうくらいだだっぴろいところ。
どのくらいだだっぴろいかというと、
イベントの期間内にピコ太郎さん(パンチパーマの)が出演されるくらい
だだっぴろいところです。

なので一人で演奏を始めてから今までで、一番大きな音で
楽器を弾けるのかなと楽しみでもあるんですが、いつもの調子で
くだらない話をしていて場が持つのかな という・・ 


えっと、、
パンタスティック というのは現在開催中のパンイベントで、
各地の美味しいパンやさんが集って販売をするのだそうでして、
全国各地を巡回中のようです。
また、パンに絡んだ雑貨類も豊富に取り扱っているようで、
ぼくも
今回のために作成したいくつかのパン関連グッズをすでに始まっている広島から販売させてもらっています。
(現在広島は終了して、大宮で開催中です)


もしお越しいただけるようでしたら、ライブ会場などでも
グッズの販売ありますので、ぜひお越しください。

ライブは17時からと少し早めではありますが、、ぜひです


また同じイベント期間中にプラバンで作る動物とパンブローチの
ワークショップを開催します。

こちらは4・30(月)13時から16時まで いろどりマルシェという場所で行います。詳しくはまた追ってお知らせいたします! 

Monday, April 16, 2018

2月のこと

2月と3月にあったライブやワークショップのことについて
書かなければ、、 と思っているまま
時間はどんどんすぎてしまっている、まずい・・

というわけで
失われかけている記憶ですが、たどりたどってほんとに簡単ですが、、
まず2月の関西、振り返ってみようと思います。


2月
兵庫
シチニア食堂にて
ぬいぐるみワークショップを行いました。
みなさんありがとうございました。

今回もまた、たくさんの方に集まっていただきまして、
楽しく過ごすことができました。
出来上がってきた順にいくつかの作品を。




作り終わってからのごはんもみんなの楽しみのひとつです





つぎつぎと空いていくビールとともにパシャリ




シチニアの猫ニコ 3匹いるうち、こいつだけが唯一逃げない けど
一定の距離を保ち、警戒は決してわすれません。




おなじ目線でじーーっと見つめて います。




 翌日は
直前の開催決定のお知らせでしたが、
神戸三宮駅の近くにあるミュージックバー アンダーグラウンドにて
ワークショップ開催しました。

https://www.facebook.com/UndergroundGalleryMusicBar/

こちらのバーは最近関西方面ではたいへんお世話になっている
しぇりーちゃんのご紹介で知ったお店。(しぇりーちゃんありがとう)
カウンターバーで参加のみなさんと対面して行うというの初の試みでしたが、
想像を上回って、楽しかったです。
なにしろおひとりづつ対面できますのでみなさんの
不明なことなどがお伝えしやすかった。

写真、、ちょっとね ひどい処理ですが、我ながら。。 ごめんなさい。

まあこういった感じでバーテンダーのような気分を少し味わいつつ
みんなで作りました。
やはりバーなので、この日はお酒を飲みながらの ワークショップで楽しかった。



 集合してバシャリ!
みなさんありがとうございました!


ワークショップの間にかかる音楽も心地よくて
あっという間の時間を過ごし終わってから一杯飲んでお店をあとにしたんだけど、
次回はライブもできたらいいですね って話をしてもらったりして、
まだしばらく次の予定が立たないんだけど、
カウンターバーでライブなんかできたら楽しいだろなと思っています。

こちらのバーは飲み屋街に佇んでいましたので、なにやら気になる店がいろいろありました。そしてそういったところには必ず猫が徘徊していますね。



関西3日目は
にっSUNこと西田くんにお世話になったエルナージ音楽会vol.7
でした。三国にあるスペイン料理のお店で開催されるライブイベントです。
残念なことに写真が全くありません・・

が、今回もまた楽しく過ごさせていただきました。

ライブはなんかね、話がけっこうめちゃくちゃなことになっていって
収集つかないような状態になってしまったような気が、、
いまもずっとしているんだけど、でも楽しかったです すごく。

この日はわりとお酒もほどほどに早く寝た。

翌朝は西田くんとコーヒーでも飲みましょうか とファミレスに行って
2時間くらいはいたのかな・・
ぼくの約束事の時間まで余裕があったものだから
くだらない話につきあってもらってしまって。いつもありがとう西田くん。

しかしファミレスのドリンクバーって安いんだねびっくりしました。
しかもモーニングセットだと通常のドリンクバーシステム料金に
トーストまでついてきて・・

ただコーヒーはまずかったな あんなにまずかったっけ。。

相変わらず関西の乗り換えがわからない という ぼくの不安を
心配して三国という駅から西田くんは梅田あたりまで送ってくれた。
しばらくずっといたものだから
別れ際はなんか男同士にも関わらずなんだか妙に切ない気分になりました。

後日西田くんのブログでも同じようなことを書いてくれていて
ああ・・ と 。
彼が女性だったらぼくはそれを恋と呼んだかもしれませんね。ははは


彼と別れてから最初に書いた
例のパペット漫才を見るために移動。


パペット漫才ってご存知でしょうか
初めて聞いて初めて見たんですけど、やー とても面白かった。
噺家の方それぞれみなさんぬいぐるみやら人形みたいなものを
自作されていて、それを使いながら落語というかまあ面白い話をするわけです。
お師匠さまの話術はほんとにすごかったな。
シチニアで出会った笑福亭笑利くんも面白くて
また機会があれば見に行きたいなと思いました。

そして、今更ながらぬいぐるみってかわいいなって思いまして。
東京に戻ってからの自分のライブは積極的に
ステージにぬいぐるみを置いたりしています。
なんとなくね 差別化していたようなところが今までずっとあったんだけど、
この日そういうものがなくなりました。
自分のことってよくわからないことだらけ。未だに。 嫌になるけど。






落語を見て翌日はシチニアのいつものランチをいただいて東京に帰りました。
合計4日間(かな)少しゆっくりできた。

シチニア食堂はランチタイム ものすごく混んでいて、
ぼくはゆっくり食べれるように帰りの飛行機を遅めにしたんだけど、
それでもギリギリの食事となってしまうほど。
いつか食べれなくなる日が来るのかなと思うと嬉しいけど寂しくもあり。




空港までの道のりで乗り換えを急いでipadを落としてしまった。
画面がバリバリに割れてしまった。
しかしそれでもこの4日間はたのしい思い出となりました。
 


曙町セレナーデ

しばらくすぎてしまったけど、
今月の頭にあった高橋徹也さんとの待望の合同ライブ(ってすごく変な言い方だけど)
「曙町セレナーデ」
いつか実現したらいいなというぼくの思いが叶ってしまった幸せな日でした。

ひとりになって始めた音楽で高橋さんとご一緒できたことは
本当に嬉しかったし、誘っていただいた高橋さんと
その場に来ていただいて
優しく受け止めてくださったみなさん、ほんとありがとうございました。



当日は
45分づつのセットでぼくからスタート
7曲演奏しました。
5曲をワイゼンボーン、2曲をクラシックギターで。

1コカイン 2けいさつかんがお父さん 3バカな女に捧ぐブルーズ 4ほしあんず(クラシックギター) 5豪徳寺の薄気味悪い猫(クラシックギター) 6新しい世界 7DEAD CAT

曲名だけみると随分やさぐれて、立川ぽい印象が拭えませんが、
なぜか・・たまたまです。

演奏は気持ちよく演奏できて楽しかった。


高橋さんのライブについては書くのもおこごましいのであれですが、
さすがの一言 でした。。

本編が終わってからはセッションタイム。
事前に3曲の候補をいただいていて
できれば、全部やりたかったのだけど、
自分ができることを踏まえて2曲にしぼらせていただきました。

通常のエレキギターを使って、
普段あまり聞くことのないディレイを使った音像と、チョーキングを
絡めてみたいなと思っていたんだけど、
いつもよく見られているお客さんがどう感じたのかな 
新鮮に響いていればよかったけど。

それから、ぼくが弾いたスライドギターに合わせて
高橋さんが即興で書いてくれた詩の朗読曲
深夜のサービスエリア

スタジオで一度簡単に確認がてら合わせてみて、本番を迎えましたが、
高橋さんがどう出るかなとか意識しつつ、
見事に曲らしくまとまり楽しかったです。

帰りぎわに反省会やりましょうね ハードに 笑  という意味深な言葉を残して
おかえりになられた徹也さんでした。

それから、販売物について少し。
この日(4/7)は手紙の販売を行いました。
その名も4/7の手紙。

いくつかの文章と、音源のダウンロードコードカードなど
封入して限定数で作ってみたんだけど、
すべて購入いただくことができて、、ありがとう
ほんとうにありがとうございました。
(音源のダウンロードコードはそろそろ期限を終了させようかと思っています。
まだ使われていられない方はお早めにお願いします。)

初めての試みであったんだけど、
なんかね、ライブという場なので、
その日だけのものっていうものを作って販売したかったので
購入してくださった方たちの記念になっていればよかったなって思っています。

最近はなかな長めの文章を書く時間も取れなくなってきていて
だからこういう機会にまた書きたい。






さいごに当日の写真をすこし 何枚かは高橋さんのブログから拝借しました。

会場のシンボパンは
ぬいぐるみがよく似合ってました。 しんぼさんありがとういつも。









またいつか






お知らせ


次回のライブはパンタスティック2018というイベント
https://www.fashion-press.net/news/38655

で4・27(金)大宮コクーンシティー内スペースにて
プレミアムフライデー ライブというものを行います。

現在このイベント広島で開催中でして、いくつか販売物を
納品しています。
もしもお近くにお住まいのかたいらっしゃいましたら
広島パルコまで訪れてみてください。
パンのカードや、キッチンクロス、トートバッグなどご用意しています。


29(日)は同じ会場のどこかでワークショップも開催します。こちらは
パンのイベントのためプラ板を使ったパンブローチのワークショップです。
共に詳細がまだ把握できていませんので改めてお知らせします。

ライブについては無料でご覧いただけると思います。

*****

6月に絵とぬいぐるみの個展を予定しています
6・23〜30 場所は都内です。

こちらも後日の詳細お知らせとなりますが、、来てね!



猪熊さんの猫

渋谷で開催している猪熊弦一郎さんの猫展を見に行ってきた。

猫展と言われるとなんとなく足が遠のいていたのが
自分でもひねくれてるなと思うんだけど行ってみてよかった。

18日で終わるみたいなのであとちょっと。
意外にも日曜昼にも関わらず空いていてゆっくりみることができた。

展示は猫が中心なので、他のものがあまり見られないけど、いやしかし
ほんとに絵がうまい。

ものすごい量の絵を描かないとあの域には達することが
できないんだなと思う。

理解するために描くのか、描くから理解できるのか
よくわからないけど、
改めて、少しでも理解したい、
いつかあのくらい絵を描けるよになってみたいなと思ったりして
好きな絵をみるとなんか体が熱くなってきますが、そんな日曜日でした。

猫がすきじゃなくても楽しめるかもしれないけど、どうかな
家にもどって家の猫をみたらいままでより
1.7倍くらいかわいく見えました。
なぜなのかはよくわからない。でもそうおもいました。


******

自分の宣伝ですいません

6月に個展を予定しています
6・23〜30 場所は都内です。
わりと面積は広いので
猫の絵もたくさん展示しようとおもってます。

もう少ししたらお知らせできるかなっていう感じです。











Saturday, April 14, 2018

無題


1000×700程度のいつもに比べると少し大きめの紙に風景を描き始めてみた。

以前にマニラの展示に誘ってもらったときに、
展示するためにキャンバスに向かったんだけど、
さて何を描こうかなとしばらく迷走したことがあって、
今回も同じように迷った。

自分が絵を描く理由って、
そのときに思ったり、こんなことがありました とか
言葉で伝える代わりだったんだ そういえば と
改めて思い出して描きたいものがまたふつふつと湧いてきた。 

自分のとっての絵っていうのは
伝達手段なんだな って
無意識を意識できたので
メモを残すことにしました。

















Tuesday, April 3, 2018

いよいよ今週末 「曙町セレナーデ」

いよいよ今週末になりました。
高橋徹也さんとの立川シンボパンでのライブイベント「曙町セレナーデ」

嬉しいことに予定より
お席のスペースを広げられそうですので、
もう少しお客さん入れそうです。
よかったらぜひおこしください。ご連絡お待ちしていますね!(ご予約の案内は下記へ)

少し前に、とあるイベント会場でお会いした方と話をしていたときに、
ちょうどこのライブの話になりまして、
「曙町だとうちの近所だわ!」 というので
「えーそれはぜひ来てください !」

「行ってみたい、うちは横浜の・・」
「ヨコハマ・・・ あれっ・・・いやちがうんです。。立川というところで・・」
「えーー」
という残念な会話が交わされました。

お間違いなくです。我々は立川の曙町でお待ちしております。
最近はなかなか行けていないのですが、
今回の会場となるしんぼさんの作るパンはとてもおいしい。
持ち帰り用にも販売あるかもしれませんのでスタッフまで聞いてみてくださいね。
ほんとにおすすめですよ。


昨日は、
共演させていただく高橋徹也さんとスタジオに入って来ました。
まさしくこの日限りのセッションとなりそうな内容も用意してお待ちしています。

高橋さんのライブはこれまでにバンドセット、弾き語り共に
なんども見させていただいているのですが、
スタジオで楽器を持って対面させていただいたのは、初めてのことでした。
ふたりだけの中、面と向かって歌われると 
おお、、 高橋さんが歌っている。。 おれの目の前で!そんな心境でした。
一方ぼくは久しぶりのギターを手にしてみましたが、、うーん がんばります!

あまり書くと怒られちゃいそうなので
書きませんが、昨日のスタジオでは
高橋さんのかつてのバンド時代の曲まで聞けるという非常に貴重な体験を
させていただきました。 歌詞がすごくて、、 おれのくびを おれのあたまを〜 みたいな
悪魔っぽい歌で。。 はははは 
いつかやってくれることでしょう。
明日はどうかな、、

ぼくはといえば、
今回ライブペインティングのようなおおがかりな絵は描けませんが
なにかしら自分の演奏中には描いたりもしようと思っています。
今回もワイゼンボーンとクラシックギターの2本を使って演奏します。

それから新しいというか、ちょっと面白そうな販売物を考えました。
4/7だけの販売物です。

どんなものかというと、
えー 手紙です。文章を書いた手紙。
基本的には手紙なんだけど、その中にはカードや、ギターの音源も入ってる。
そんなようなものです。

なぜ手紙??

6月に個展を開催することになりまして、そのタイトルが
ラブレターなのです。
だからしばらくは恋の炎を燃やさないといけないのです。(いみわかりません)


もちろんトートバッグや、キッチンクロスなんかもあります。
よかったらそのあたりもチェックしてみてくれたら嬉しいです。

土曜日もうすぐ、たのしみだな。


4月7日(土) 立川 シンボパン
『曙町セレナーデ』
出演:高橋徹也/おおくぼあおいもなか
開場18:00 開演18:30
前売¥3,000 当日¥3,500(ドリンク込)

aoimonakacat@gmail.com
件名:4/7 ライブ予約
本文:氏名/連絡先/希望枚数
こちらを明記して送信願います。