Wednesday, July 25, 2018

更新状況

https://www.instagram.com/aoimonaka/

ブログなかなか書けずにいますが、インスタグラムは日々絵と文字書いています。

Tuesday, July 17, 2018

過ぎ去った あおいもなか 個展 Love Letter の事







個展が終わってからもうすぐ3週間が過ぎようとしています。
展示が始まるまでの準備に追われたそれまでと比べると、
恐ろしく何もしていないというか
何をしていたのかを、あまり思い出すことができない日々を過ごしている。

(と書いたところで、そうだ、そういえば、ライブが2本あった。)

えっと、とにかく
まずは銀座まで足を運んでくださった方々へ、あらためて
本当にありがとうございました。
たくさんの差し入れや、お花など、お送りくださった方もいて、
終わったあともそのたくさんの名残りが家にたたずんでいます。

今回はおおよそ絵画とぬいぐるみを合わせて100点ほどの
作品を展示しました。
ぬいぐるみは確か4〜5年前に作ったものが多くて
絵は最近描いたものが多かった。 

この1年くらいで、初めてzineを作ったりしたからか、
文章を以前より意識的に書くようにもなったので、次の機会は
そういう文字もまた一緒に展示できたらいいなと思っています。

             
個展は6・23から30までの1週間で、
初日は搬入と設営を。
レンタカーを借りて、家にある作品を積み込み、12時に画廊へ。
頼りになる友達と画廊のみなさんが協力してくれて
なんとか17時の開場ギリギリに開けることができました。

まだ梅雨の真ん中だったので、外は大雨でしたが、それでも閉じるまでの
2時間の間にいらしてくれた方もだいぶいて、本当に感謝の気持ちでいっぱい。

終わってからは
渋谷でライブをいていた阿部芙蓉美ちゃんを観に。 
ふゆみちゃん、なんと花を送ってくれたのです・・ 
ライブは半分くらいしか見れなかったのだけど、お礼もできたし、
展示の初日に彼女のライブを見れたのはなんか嬉しかった。


翌日は
個展のオープニングイベントを夜から
開催しました。 
今回開催にあたりお世話になったtotoさんhttps://twitter.com/totonote と
ギタリストの岡本さんhttps://twitter.com/gakc_gakushi
二人をライブゲストに迎えて僕はワイゼンボーンなどの楽器の演奏と
ライブペイントをしました。 

totoさんと岡本さんとは後日打ち上げを、画廊近くの中華料理屋で行うことができて
より、仲良くなれたと思う。
二人とも、発するリズムや音楽と同じように優しい人柄で、
育った環境の話とか、共感できる話が多く、
とにかくたのしかったです。
そして今回の個展のきっかけとなった
三軒茶屋のグレープフルーツムーンで再度、お会いできる事になりました。
7・26(木)
http://grapefruit-moon.com/2018/07/26/kaminari-works-presents-kotobanomori-2/

ぼくはライブの転換中にスライドギターなどを演奏させてもらいます。
ご予約 aoimonakacat@gmail.comまでお名前、人数をご連絡ください。


それからちょうど、僕の取材を申し込んでくれたPeople Sessionのごとうらんさんがこのイベントにも来てくださって、少しレポートを書いてくれました。
ごとうらんさん ありがとうございました。
https://www.people-session.tokyo/listing/18_06_28/





ライブが終わってからは、来てくれたお客さんや、友人たちとお酒を飲んで話したり
していた(みたいなの)ですが、なんという事か、飲みすぎてしまったらしく
記憶があまりない。
後日お礼の連絡をした際に、自分が何を話したのか、聞いたのか 
そんなことを知ることになりました。
なにか約束などして、忘れていることなど、なければ、、いいのですが、、 

イベント来てくれたみなさん ありがとう。。また話せるときがあればお話したいです。


日付変わって月曜日から最後の土曜日までは、
だいたいお昼すぎから最後まで画廊にいて、来てくれた方と話をしたりする日々でした。
(何もすることがなくって暇にならないようにと
ギターを置いていたんだけど、結局ゆっくり演奏する時間はほぼなかった。)

普段はだまってひとりで絵を描く日常なので、とつぜん多くの人と
毎日会話することになって、自分は少し元気な人間になったなと感じた1週間でもありました。誰かと毎日声を出して会話をすることは、人を元気にするようです。


話は少し変わりますが、今回
個展の直前になって少し時間の余裕が出来たために 販売物を急遽準備しました。
Rock n Rollという絵と文章の冊子、Tシャツ。売り切れていたバッグの補充など。

当初は展示している絵があれば、それでいいかな くらいに考えていたのですが、
買って行ってくれる方もたくさんいたので、
準備できてよかったです。
通販の用意もありますのでまたお知らせします!



展示期間中に絵を見てくれたいろいろな方たちと会話をする中で、
これからの自分の絵のこと、いろいろと考えるきっかけになりました。
まだまだいろいろ考えなければいけない事は多くあるんだけど、
でかい絵を描く。でかい絵を描いて外国に展示しに行く。
これが次の目標になった。
これだけ書くと、ものすごくばかみたいだし、実際そうなんだと思うけど、、
まあそういう事です。頑張ろうと思う。


それと、花の絵が多くの方に好評だったから
1日1枚くらいは描いてみようかなと思って
取り組んでみたのだけど、もうとにかく飽きちゃうので
毎日違う花言葉と花があるというのを教えてもらって、それを描くことにしました。
インスタグラムでいまのところ、日々更新中です。
https://www.instagram.com/aoimonaka/ 


元来、異常な飽き性で、満足しやすいたちなので
飽きるとすぐにやめて次の興味に移ってしまうんだけど、
きっとそれはあんまりよくないような気がする。 
そう思って、始めたんだけど
毎日同じような花を描くことはなんとなく修行に似たものを感じています。
だけど、自分で飽きないようになんとか工夫しなくてはいけない!という
取り組みが、もしかしたら次の新しいものを産むのかもしれないな 
何日か続けてみてふと、そんな風に感じるようになってきました。 

そういう事を考えるようになったのも今回展示をできた収穫なのかもしれません。 


うーん、ここまで自分で書いてきて
もう人生も半分終わってしまった自分が相変わらず
やったことないことばかりやってみて、こうだったああだった と振り返る。 
正直こんなでいいのかな という想い すごくあります。

だからそろそろ大きな成果みたいなものがあるといいなとも思うんだけど、、
じゃあ成果ってなんだろ。

ひとまず、自分の肩書きを画家にしてもいいんじゃないの?
と何人かに言ってもらったことはひとつの成果なのだろうか 

よくわかりません とにかく今年やりたかった個展ができてよかった。
来てくれたみなさん、来れなかったけど、気にしてくれたみなさん 
本当にありがとうございます。

応援しています
ってたくさん言われたので、そういう人によかった と思ってもらえるよに
これからもがんばろうと思います。 ありがとう おわります! 

展示の時の写真がぜんぜん見当たらないので、
展示風景などまたみつかったら載せてみようとおもう。





近い予定

7/26(木) 

ライブ転換中にBGM演奏します 三軒茶屋グレープフルーツムーン 
http://grapefruit-moon.com/2018/07/26/kaminari-works-presents-kotobanomori-2/

来たい という方は aoimonakacat@gmail.comまでお名前、人数をご連絡ください。 



8/25(土)

シンガーソングライターの森真美さんのライブで絵を描かせてもらえることになりました。 このことについてはまたあらためて。

まみさんのブログ
https://blog.goo.ne.jp/echo-mami

☆morI mamI Live 2018『kind of...』
日時:2018/8/25 Saturday 
Open18:00 Start18:30
会場:GRAPES KITASANDO
music charge¥4,000
(1drink&1snack¥1,000別途)
出演:Vo&Ap morI mamI 
         gt 馬谷勇
         Guest live paint あおいもなか
御予約は電話受付のみ
03-6447-0160
 

























Monday, July 9, 2018

無題

東京はなんともないのに、少し離れた場所はひどい災害で大変な思いを
している方がたくさんいて大丈夫かなと、心が痛む。
だからがんばらないといけないなとおもう。

Monday, June 18, 2018

テレビとラジオをつけず、インターネットも見ないと
自分とまわりの環境しかわからないので、(あたりまえだけど)
関西で今朝おおきな地震があったと知って驚いた。

ツイッターで友人の何人かは無事である様子を発信していたので
よかったけど、関西でお世話になっているみなさん無事でしょうか。

 

Friday, June 15, 2018

ちかづいてきた

いよいよ個展が始まるまであと1週間というところまでやってきました。

展示の仕方など、頼りになるテラ(Tくん)に相談したりしているけど
当日設置してみないことには と まだまだ気が抜けません。

50号というすこし大きめの絵を描いてみて
大きな絵を描く楽しさを思い出しました。

バンドのジャケットの絵を描き始めた頃は
なぜか大きい絵ばかり描いていたからなんだか不思議な気もするけど、
筆の運びとかなんとかそういうことを意識しはじめると(決してそんな大層なものではないんだけど)大きい絵の難しさを感じたりする。

逆に小さい絵に戻るとあまり細かいことが気にならなくなったり。

絵を描いていたら
もうすこし大きい国に行きたいなと思うようになった。




Tuesday, June 12, 2018

紹介記事のこと


美術の窓、月間GALLERYという美術雑誌でそれぞれ
あおいもなかを取り上げてもらいました。

と言ってもそんな大層な話ではなく

美術の窓 は毎年春に新人特集みたいなことをするらしく
そこでいくつかの銀座のギャラリーからひとりづつ今年の推薦新人作家 という人を
募るのだそうです。

ぼくの個展が決まって数日後、たまたま画廊を訪れた際に

「新人特集っていうのがあって、あなたを推薦しようと思うのですが、
いかがかしら」 とオーナーの竹内さんに
言ってもらい、「はい!それは喜んで!」と。。 

しかし新人と言っても、、ぼく若くないんですけど、、

いやしかし、美術の世界はすばらしいところでして、
今回45才まで新人で扱ってくれるのだとか。


80才から突然すごい絵を描き始めるおじいさんとかいますし、、
音楽の楽器演奏と違って、ある程度 絵というのは誰にでも表現できるものですよね。
ぼくもまともに描き始めたのは40とかからですし、新人がんばろう。

しかし、tobaccojuiceのときもそうだった。
期待の新人として大きく取り上げてもらったな・・(遠い目)
ずっと期待の新人 そろそろやめたいよな うむ、、 
今度こそは! 


盛り上げておいてなんですが、その号の美術の窓 
いろいろな分野から美術の新人がとにかくものすごい数とりあげられています。
なので、ここにおおげさに書くようなことでもないんだけど、、

ただね、推薦してくださった竹内さんには
本当に感謝しています。誰かに褒められたり、認めてもらえるというのは
いつどんな時でも嬉しく勇気みたいなものをもらえるから。

こんなに素敵な推薦文をいただきました。
_________________

あおいの絵には、観るものに物語を想起させる魅力がある。 色鉛筆や絵の具、ジェッソなどの画材を多用して描かれる世界には優しくやわらかな風が吹いている。 まず物語が生まれ、絵が添えられて世界が広がる。 ミュージシャンでもある彼の感性の実りに期待したい。
美術の窓より抜粋
__________________


それからもうひとつ
月間ギャラリーという雑誌。
こちらについてはいつ出ているのかちょっと分かりませんが
個展の紹介をしてくださる ということで
電話で簡単なインタビューを受けさせてもらいました。


どんな風に描き始めるのか とか
自分が絵で表現したいことは何か。 
意識してはいるつもりでも、改めて誰かに聞かれて話すと
そうだったんだな とか
誰かはこんな風に感じてくれるんだ と再確認できたり。
それは作品制作していく中でも そうだな、よし! 
と自身が噛み締められる とても貴重な瞬間でもありました。

美術の世界は全くわからないのでなんとも言えませんが、
きちんとした専門誌に、載せてもらえるというのは
どんなに小さくてもとても大きな励みになりました。

率直にいえば、もっと評価されたい だからまたがんばろうと思う。

個展は今月23(土)〜30(土)まで銀座煉瓦画廊にてです。

詳しくは












あおいもなか個展「Love Letter」

個展のことを書かないといけないと思ったまま
日々すぎてしまい、このままでは終わってしまいそうな気がしたので、
きょうこそ!
というわけで

久しぶりに個展を行います。のお知らせです。


あおいもなか(おおくぼひでたか)個展 「Love Letter」

6/23(土)〜6/30(土) 銀座煉瓦画廊
(オープニングイベント時以外の入場料等は発生いたしません。)



◯開場時間について 
 
初日の23日は設営の都合、17時に開場します。
翌日からはすべて11時からの開場となります。

◯閉館時間について 

19時までとなりますが、24(日)、30(土)は17時までとなりますので
ご注意ください。

◯イベント 
「あおいもなかの世界」と題して
オープニングライブイベントを24(日)夜19時より行います。
詳しくはこちらのリンクからご覧いただけます。
楽器演奏と絵を描いたりします。




個展が決まってからチラシを作ったりしなければ!
と準備をしている中で、自分のコメントのようなものを書いてみました。

しかしながら作るハガキサイズのものには文字情報量が多すぎてしまい
あえなく却下 となったまま今にいたっていますが個展のいきさつも
わかるかなと思いますので掘り起こしてきました。

うーむ 日付をみると4月でしたので妙な気分ではありますが、、
気持ちは変わらずですので、読んでみてください。



あおいもなか展

「Love Letter」

昨年の暮れに ブラジル料理を楽しむクリスマスパーティーで
ぬいぐるみを展示しませんか?というお誘いをいただく幸運に恵まれた。

長い事ダンボールの中に詰め込まれていたぼくが作った数多くの
どうぶつぬいぐるみたちは久しぶりの外の世界、そして
たくさんの来場者の視線を浴びるその環境を、心から楽しんでいるように見えた。

しかしパーティーが終わる頃になれば、彼らはまたすっかり元の顔つきに戻り
束の間の喜びを抱え、
再びぼくの手によってダンボールの中に押し込められることとなった。

その時にふと、ああ、今年はこの人たちを展示できる機会を
もう少し設けなければいけない。

できるなら個展をやりたいなと強く思った。

それから数ヶ月がすぎたある日にライブハウスでスティールギターを弾くぼくに
銀座の画廊で展示をやりませんか?と声をかけてくれる人がいた。
それはほんとうに突然の降って湧いたような話だった。

少しこわい話かもしれないけれど、それはぼくの思いと
長い間閉じ込められた段ボールから久しぶりに
外の世界を味わってしまった彼らの怨念みたいなものが
合わさって出来上がったなんだかよくわからない「妙な物体」
が引き寄せた幸運のタイミングであったのではないかと思っている。

過去に描いてきた、作ってきた作品はもちろんですが、
今現在の自分の作品をできるだけ多く残したい。
これまでに自分が過ごして来た忘れがたい時間を描けるだけ描きたい
今、本当にそれだけを思って筆を取り、毎日を過ごしている。

そして来たる6月に描き上がった作品、ぬいぐるみ、その他たくさんのぼくの興味のかたまりと共に展示したい。
展示のタイトルをLove letterとしたのは
ぼくのそういった正直な気持ちをできるだけそのまま伝えたいという
ごくごく小さな思いからです。

できるだけたくさんの方に
一度、会場まで足を運んでいただけたらと願って止みません
銀座煉瓦画廊にて心よりお待ちしております。

この妙な物体が消えてしまう前に。
2018年4月 あおいもなか

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あおいもなか(おおくぼひでたか)個展 「Love Letter」
6/23(土)〜6/30(土) 銀座煉瓦画廊
(オープニングイベント時以外の入場料等は発生いたしません。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



文章の中で出てくる
声をかけてくれる人 というのが今回オープニングライブイベントでも
参加くださるtotoさん(suika)という女性詩人。https://twitter.com/totonote

かつてぼくがtobaccojuiceというバンドで音楽活動をしている時期に
何度かご一緒させていただくことがあってお世話になっていたんだけど、
今回本当にたまたま、数年振りに出会って、彼女の企画により
個展開催の機会に恵まれました。

totoさんと、もうひとり岡本さんというこれまた凄腕ギタリストの方がいて
ふたりの音楽空間はほんとにすばらしいです。
24(日)のオープニングイベント、
ぜひたくさんの方に来ていただけたら嬉しいなと思います。


今回は
絵、ぬいぐるみをそれぞれ40点ほど計80点 その他にも期間中は
グッズの販売や、ペットの絵描きます なども予定しています。
在廊予定についてはtwitter等でお知らせいたしますが、
期間中なるべくいるようにしたいと思っていますので、お会いできたときは
よかったら声をかけてください。

ぼくも時々展示を見に行ってご本人がいると
あ いた と思いつつ 声をかけるのが畏れ多くて
逃げるということ、よくあるんですが、
逆の立場になると、声をかけていただけるととても嬉しいです。
なのでどうかぜひお気軽に。



  照りつける太陽の元、歩くその先でおれを迎えるのは 死刑台  Down in the willow garden 











ひとりごと

最後のあがきで1枚大きめの絵を描いて個展に向けて描くのは終わりにしようと思っている。
しかし絵がうまくなりたいなっていうのと同時に
朝キャンバスの前に立つと、あーこれ勝手に描き上がってないかなっていうのとで
ばかみたいな気持ちになる。

大きな絵を描くときは気づくと呼吸が止まっているので
きをつけないといけない。
あと、やっぱり体力がないとダメだな と実感する。

しばらくさぼっていたランニングをそろそろ始めなければいけない。

個展のこともきちんと書いてお知らせしなきゃ (とずっと言っているんだけど、絵をかきはじめると ほんとにもうなにもできなくなってしまうのです。)


6・23(土)からです 銀座煉瓦画廊にて あおいもなか個展 「love letter」